HOME >観察記録>2019年3月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 

【2019年3月の観察記録】

記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
3月の調査日数は27日、観察された野鳥は34種類でした。

 

今月は三寒四温ではなく温温寒寒でした。福寿草が10日に開花しました(昨年より14日早い)が、後半の降雪で花が雪に埋もれました。ニワトコの芽が開きました。クルミやミズキの樹液が流れ、鳥たちの舐める様子が観察されました。
さえずりが賑やかになりました。カワラヒワが3か月半ぶりに観察されました。シメの嘴が鉛色に変わり始めました。ヒガラの巣材運び(獣毛)が下旬から観察されました。
ツグミとシロハラがほぼ毎日リンゴを採食しました。シロハラの観察日数は記録を更新中です。ハクチョウ達の北帰行は中旬までの観察で昨年より早く終わりました。
牛脂の給餌は23日で終了しましたが、下旬に雪や寒い日が続いたため、焼き肉用のキューブ牛脂を木の幹や落花生リースの松ぼっくりに塗りました。テンが牛脂やリンゴを食べに来ました。アカネズミが時々顔を出しました。リスのスギ皮運搬が中旬まで観察されました。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 21
2 アオサギ     1
3 アカゲラ 27
4 アトリ 25
5 ウソ   2
6 エナガ 21
7 オオタカ     1
8 オオハクチョウ   8
9 カケス     1
10 カシラダカ 11
11 カワラヒワ   13
12 キジ   3
13 キジバト 27
14 コゲラ 25
15 ゴジュウカラ 27
16 コハクチョウ     1
17 シジュウカラ 27
18 シメ 27
19 シロハラ 25
20 スズメ 27
21 ツグミ 26
22 トビ 15
23 ノスリ 10
24 ハイタカ 10
25 ハシブトガラス 27
26 ハシボソガラス   4
27 ヒガラ 18
28 ヒヨドリ 27
29 ベニマシコ   3
30 マガン     1
31 マヒワ   2
32 ミサゴ     1
33 ミソサザイ   2
34 ヤマガラ 27
哺乳類
1 アカネズミ 16
2 ハタネズミ     1
3 キツネ     1
4 ホンドテン   6
5 リス 25


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.