HOME >観察記録>2018年11月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 

【2018年11月の観察記録】

記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
11月の調査日数は26日間です。

 

初雪が21日でした。急にヒマワリの減りが増えました。
ツグミが2日、ミヤマホオジロが2日、アトリが15日、マヒワが18日に来ましたが、まだ定着していません。ミソサザイは12日からほぼ毎日現れるようになり、近くにねぐらがありそうです。メジロは5日以降は来なくなりました。
スズメが18日にやっと姿を見せ常連になりました。カワラヒワ、キジバトはまだ時々しか現れません。カケスが19日に群れで来ました。
リンゴはスズメバチが少なくなってから給餌を再開しました。リスが少しかじったり、持ち運んだりしています。ヒヨドリが少し啄みました。ツグミはまだ近寄りません。でも前日の残りが翌朝にはなくなっています。カラスかキツネが持ち帰りしているのでしょうか。
リスは冬毛に変わりモフモフ度がアップしました。スギ皮集めは日課です。麻縄やフェルトのシート材も解して運びました。巣も冬仕様に対策工事中です。
暖かい日にはトンボが池に姿を見せました。ヘビ(ジムグリ)が3日に現れました。ウスタビガが3日に羽化しました。冬までのひと時でした。
ハタネズミがこぼれたひまわりを食べに現れました。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 16
2 アカゲラ 23
3 アトリ   3
4 ウグイス     1
5 エナガ 19
6 オオタカ     1
7 オオハクチョウ 3
8 カケス 5
9 カシラダカ   2
10 カワラヒワ 10
11 キクイタダキ 6
12 キジバト 8
13 コガラ     1
14 コゲラ 24
15 ゴジュウカラ 20
16 シジュウカラ 26
17 シメ 25
18 スズメ   11
19 ツグミ 15
20 トビ   6
21 ハシブトガラス 26
22 ハシボソガラス   2
23 ヒガラ 9
24 ヒヨドリ 23
25 マヒワ   2
26 ミソサザイ   12
27 ミヤマホオジロ   1
28 メジロ   5
29 ヤマガラ 26
哺乳類
1 ハタネズミ     2
2 リス 25


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.