HOME >観察記録>2018年10月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 

【2018年10月の観察記録】

記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
10月の調査日数は26日間です。

 

秋の渡りが始まりました。
北から:マガンが3日〜13日、オオハクチョウが20日に上空を通過しました。カシラダカを13日に初認しました。
南へ:オオルリ5日、コサメビタキ5日、キビタキは7日に終認。メボソムシクイが8日〜19日、ルリビタキが18日、アオジが21日に観察されました。
コガラやヒガラも観察されるようになりました。アオゲラの壁つつきがまた始まりました。
カワラヒワが19日に約40日ぶりに来訪、スズメは21日だけ現れ、どちらも田畑からまだ戻らないようです。
頂き物…栗はリスとネズミが喜びました。アケビはメジロが味見して、残りはリスが持っていきました。ヒマワリの種子付き花殻はリスやカラ類やシメなどが食べました。
リンゴを今年は早めに16日から出したところ。スズメバチが集まりリンゴを食べてしまいました。トラップで100匹ほど捕獲しましたが、リンゴの給餌はハチが静かになってからとします。
リスが冬毛に変わりはじめました。スギ皮を集め、巣の冬支度をはじめました。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 17
2 アオジ     3
3 アカゲラ 18
4 ウグイス   2
5 エナガ 17
6 オオタカ     2
7 オオハクチョウ     1
8 オオルリ     1
9 カケス 9
10 カシラダカ   4
11 カワラヒワ   4
12 キクイタダキ     2
13 キジバト 22
14 キビタキ     5
15 コガラ   3
16 コゲラ 22
17 コサメビタキ     2
18 ゴジュウカラ 20
19 シジュウカラ 26
20 シメ 25
21 スズメ     1
22 トビ   3
23 ハシブトガラス 25
24 ハシボソガラス   4
25 ハチクマ     1
26 ヒガラ 14
27 ヒヨドリ 22
28 ホオジロ     1
29 マガン   4
30 メジロ 15
31 メボソムシクイ   4
32 ヤマガラ 26
33 ルリビタキ     1
哺乳類
1 リス 26
2 ヤマカガシ     1


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.