HOME >観察記録>2018年7月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 

【2018年7月の観察記録】

記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
7月の調査日数は28日間です。

 

今月は暑い日が続き、セミの声が朝から聞こえるようになり鳥の声が聞こえなくなりました。ニイニイゼミ、ヒグラシが2日に鳴きはじめました。
鳥たちの子育て時期も終盤になりましたが、今月も幼鳥が来ました(キセキレイ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、スズメ、オオルリ、キビタキ、アオゲラなど)。子供が親に餌をねだる様子も見られました。
サンコウチョウの幼鳥が観察されました。近くで繁殖していたようです。
また、シジュウカラの巣材(犬・猫の毛)集めが14日まで続きました。
鳥の虫干しが見られました。ダニ等の除去のためとのことですが、倒れているような姿にはびっくりします。
毎日観察されていたリスが、28日から観察されなくなりました。給餌しているクルミも余っていて、少し心配です。
涼しい時間にきているのでしょうか。
昆虫が活発になりました。オオムラサキがセンター周辺に現れ、事務所の帽子に止まりました。トンボも水場などで観察されるようになりました。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 6
2 アカゲラ 17
3 イカル     1
4 ウグイス 11
5 エナガ 4
6 オオルリ     4
7 カッコウ     6
8 カワラヒワ 26
9 キジバト 22
10 キセキレイ   5
11 キビタキ 24
12 クロツグミ   2
13 コゲラ 22
14 ゴジュウカラ 19
15 サンコウチョウ 7
16 シジュウカラ 26
17 スズメ 26
18 ツミ     1
19 トビ     2
20 ノスリ     1
21 ハシブトガラス 23
22 ハシボソガラス 10
23 ヒガラ   3
24 ヒヨドリ 21
25 ホトトギス     1
26 メジロ 18
27 ヤブサメ     1
28 ヤマガラ 26
哺乳類
1 リス 24


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.