HOME >観察記録>2017年3月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2017年3月の観察記録】

記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
3月の調査日数は27日間です。

 

3月に観察された野鳥は28種類でした。
3月、季節は春を迎えましたが、森はまだまだ冬の様相です。春分を過ぎた頃にはだいぶ雪も消え始め、日中の日差しは真上から降り注ぐようになりました。アオゲラの大きなドラミングが森の中でこだまし、小鳥達の囀りも日に日に大きくなってきました。シジュウカラやヤマガラが巣箱をのぞいて住まいのチェックをしています。ゴジュウカラが雪解けでぬかるんだ泥を忙しく運んでいました。キジバトの交尾も確認しました。季節が大きく変わり始めた3月でした。
3月4日、常連のツグミがリンゴを食べにやって来ました。そろそろ北に帰る準備なのでしょうか、岩手のリンゴを堪能している様子でした。
3月6日、ハイタカに追われたキジバトが観察窓に激突、地面にたたき落されました。即立ち上がり、意識が混濁しながらも森の中に飛び去って行きました。大丈夫だったのでしょうか。この日、キジバトの初鳴きが記録されました。
3月8日、カボチャを出してみました、早速ヒヨドリがついばみ始めましたが、あまり好みではなさそうでした。ハイタカに追われたヒヨドリが観察窓に激突、残念ながら即死状態でした。
3月10日、キジバトの交尾を確認しました。
3月15日、テンがやって来ました、冬毛の綺麗な個体でした。
3月16日、キツネがやって来てネズミ狩りを披露しました。高い垂直ジャンプから、いきなり雪の中にダイブ、華麗な動きに拍手がわきました。
3月20日、フクジュソウがほころび始めました。
3月26日、6輪が咲き開花宣言となりました。3/30 日中の気温が10℃になり、満開になりました。昨年より3日ほど遅い開花でした。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 25
2 アカゲラ 27
3 アトリ     6
4 ウソ   4
5 エナガ   13
6 オオハクチョウ 18
7 カケス   6
8 カシラダカ     2
9 カワラヒワ   9
10 キクイタダキ   7
11 キジバト 24
12 コガラ 8
13 コゲラ 26
14 ゴジュウカラ 25
15 シジュウカラ 27
16 シメ 27
17 スズメ 27
18 ツグミ   10
19 ツミ   3
20 トビ 7
21 ノスリ 6
22 ハイタカ 9
23 ハシブトガラス 27
24 ハシボソガラス   3
25 ヒガラ 7
26 ヒヨドリ 27
27 マヒワ   2
28 ヤマガラ 27
哺乳類
1 アカネズミ 4
2 キツネ   2
3 ホンドテン     1
4 リス 27


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.