HOME >観察記録>2016年1月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2016年1月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
1月の調査日数は24日間です。
 

1月に観察された野鳥は23種類でした。
暖冬傾向は年末年始まで続き、雪の少ない穏やかな新年を迎えました。しかし、寒に入った途端に本来の冬がやって来ました。非常に強い寒気団が日本列島をすっぽり覆ってしまい、九州南部で大雪をもたらしたり、沖縄では急激な海水温低下で、魚が仮死状態で浮いてしまう珍事も起こりました。
森の中ではゴジュウカラが囀り始め、リスの追いかけっこが見られるようになりました。
1月10日、カエデに樹液のツララが出来ました。エナガの混群がやって来て、冬の森のご馳走を堪能していきました。
1月11日、ヤマガラが交尾をしていました、一寸早すぎるのでは?。
1月13日、朝、テンがリンゴを食べにやって来ました。食べ終わった後、木に登り辺りを見回していました。
1月17日、ゴジュウカラが囀りました。
1月20日、ミソサザイが囀りました。今年の暖かった冬のせいでしょうか、やや早めの春の行動です。
1月24日、ベニマシコがカラハナソウの実を啄んでいました。森の中からアオゲラのドラミングが聞こえてきました、今季初のドラミングです。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 17
2 アカゲラ 22
3 ウソ   2
4 エナガ 22
5 カケス 7
6 キクイタダキ   2
7 コゲラ 24
8 ゴジュウカラ 21
9 シジュウカラ 24
10 シメ 24
11 スズメ 24
12 ツグミ 14
13 トビ   3
14 ハイタカ     5
15 ハシブトガラス 24
16 ヒガラ   2
17 ヒヨドリ 24
18 ベニマシコ   6
19 ミソサザイ   3
20 モズ     2
21 ヤマガラ 24
22 ノハラツグミ     1
23 ケアシノスリ     1
哺乳類
1 アカネズミ     1
2 キツネ     1
3 ハタネズミ     1
4 ホンドテン     1
5 リス     23


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.