HOME >観察記録>2015年5月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2015年5月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
5月の調査日数は27日間です。
 

5月に観察された野鳥は35種類でした。
皐月、1年の中で一番快適な季節です。新緑の樹海に浮かんだ残雪の岩手山、新緑の森に溢れる夏鳥たちの囀り、乾いた空気に抜けるような紺碧の空、定番の5月に今年は異変がありました。4月下旬から始まった高温少雨は月いっぱい続きました。全国的にも真夏日が何日も観測されて、観測史上を塗り替えたとニュースで伝えられました。ここ滝沢でも例にもれず、5月の気温は盛岡地方気象台が観測を始めて一番の高温になったと発表されました。
季節は初夏を飛び越えていきなり夏を迎えてしまったようでした。植物、虫達もこのスピードに乗り遅れまいと必死でした。小鳥たちもこのスピードに急かされて、いつもより早く営巣を始めたようでした。夏鳥達も長旅の疲れを癒す間もなく、巣材を運んでいました。
5月1日、ハシブトガラスがハイタカの様に滑空してきて、チョロチョロ歩き回っていたハタネズミに襲い掛かりました。狩りは見事成功。獲物を銜えて飛び去っていきました。
5月3日、シジュウカラが盛んにコケを集めていました。エナガのペアーが軒下のクモの巣を集めていました、巣作りも佳境を迎えているようでした。
5月8日、上空をサンショウクイが鳴きながら飛んでいました。夕方、ニホンミツバチが分蜂を始めました。
5月11日、テンがリンゴを食べに現れました。体に冬毛が残っていましたが、顔は夏毛に変わっていました。エゾムシクイが水浴びをしていました。ウスバシロチョウが初飛翔。
5月13日、ツツドリの鳴き声を聞きました。
5月15日、カッコウ初鳴き。
5月22日、ネイチャーセンターの駐車場でトラフトンボを発見しました。
5月24日、快晴の五月晴れ、エナガファミリーが日向ぼっこに現れました。5羽の幼鳥が確認できました。
5月27日、ホトトギス初鳴き。
5月29日、ネイチャーセンター近くの森の中からサンコウチョウの鳴き声を聞きました。
5月30日、朝母リスが今年生まれの子リスを連れてきました。子リスは午後には一人で現れヒマワリを食べていました。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 17
2 アオジ   1
3 アカゲラ 25
4 アカハラ     3
5 イカル   9
6 ウグイス     1
7 エゾムシクイ 5
8 エナガ     11
9 カッコウ     1
10 カワラヒワ     27
11 キジバト 27
12 キビタキ 26
13 クロツグミ     10
14 コゲラ   18
15 コサメビタキ   5
16 ゴジュウカラ 1
17 コムクドリ     22
18 コルリ 1
19 サンコウチョウ   1
20 サンショウクイ 6
21 シジュウカラ 27
22 シメ 12
23 スズメ 27
24 センダイムシクイ 9
25 ツツドリ 4
26 ハクセキレイ   9
27 ハシブトガラス 27
28 ハシボソガラス 1
29 ヒガラ 15
30 ヒヨドリ     27
31 ビンズイ 2
32 ホトトギス   1
33 メジロ     10
34 ヤブサメ 15
35 ヤマガラ     27
哺乳類
1 アカネズミ     1
2 ハタネズミ     1
3 ホンドテン     1
4 リス 27


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.