HOME >観察記録>2014年10月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2014年10月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
10月の調査日数は27日間です。
 

10月に観察された野鳥は34種類でした。
燃える秋10月、9月下旬に裏岩手連峰から始まった紅葉はゆっくり時間をかけて降りてきました。10月24日頃にはここ、滝沢森林公園の森は錦に染まり紅葉のピークを迎えました。今年は早霜もなく、大風もあまり吹かなかったせいか例年になく素晴らしい紅葉でした。
10月6日、台風18号は10月には珍しく日本列島を縦断して東北地方南部を通過して、三陸沖に抜けて行きました。台風は温帯低気圧に変わりましたが強い寒気を引き込み、岩手山に初冠雪をもたらしました。季節は着実に冬に向かっているようです。夏鳥たちは追い立てられる様に越冬地へ旅立ち、旅鳥たちは休息に訪れ、続々と冬鳥たちがやってくる、そんな季節の変わり目の10月でした。
10月8日、池にイタチが現れました。
10月12日、マミチャジナイ、越冬地への旅の途中でしょうかしばらく滞在していました。クロツグミの幼鳥、アオジが旅立ちのタイミングを計っているのか、ヨウシュヤマゴボウの熟れた実を啄んでいました。アトリ♀が1羽で現れました、季節は初冬に変わったようです。
10月17日、マミチャジナイ、シロハラが水場でくつろいでいました。
10月19日、リスがアケビを試食。マミチャジナイ、アカハラが水場に現れました。キビタキ♀、越冬するつもりなのかかなりメタボ、29日を最後に見なくなったので無事南へ旅立ったようです。
10月31日、ツグミが3羽冬を道連れに訪れました。アカハラが水場で、そろそろ帰り時かな、そんな表情で水浴びをしていました。

 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 20
2 アオジ   8
3 アカゲラ 26
4 アカハラ   6
5 アトリ   9
6 エゾムシクイ     1
7 エナガ 7
8 オオタカ   3
9 カケス 6
10 カワラヒワ   4
11 キジバト 25
12 キビタキ 11
13 クロツグミ     6
14 コガラ     1
15 コゲラ 21
16 ゴジュウカラ 27
17 シジュウカラ 27
18 シメ 27
19 シロハラ     1
20 スズメ 27
21 ツグミ     1
22 ノジコ     1
23 ノスリ   3
24 ハイタカ   2
25 ハシブトガラス 27
26 ハシボソガラス   4
27 ヒガラ 7
28 ヒヨドリ 26
29 マミチャジナイ 8
30 メジロ 25
31 モズ   5
32 ヤマガラ 27
33 ムギマキ     1
34 ケアシノスリ     1
哺乳類
1 ヒメネズミ   5
2 リス 27
3 イタチ     1


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.