HOME >観察記録>2013年4月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2013年4月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
4月の調査日数は25日間です。
 
4月に観察された野鳥は41種類でした。
残雪は例年より早く、消えてしまいました。しかし、寒い日が多く、雪のちらつく日も有りました。春を実感する日が無いまま、4月が終わってしまったようでした。
4月6日、メジロがリンゴにやって来ました。春の日差しを浴びて、美味しそうに食べていきました。
4月7日、ハイタカが狩りにやって来ました。スズメを狙っていましたが、狩りは失敗に終わりました。
4月7日、アカネズミが春を感じて、窓の下を小走りに歩き回っていました。授乳中のリスのお母さん、昼に戻ってきてたっぷり食事をしていきました。ハイタカが狩りにやって来ました。窓辺にいたヤマガラが犠牲になりました。エドヒガンにアトリが20羽やって来ました。
4月11日、コムクドリ♀が帰って来ました、昨年より10日早い到着です。
4月13日、オオアカゲラ駐車場西側でドラミング、重低音で森に響いていました。
4月14日、コムクドリのペアーがリンゴを食べていました、早速ヒヨドリがいちゃもんをつけに行きましたが、反対に睨み返され退散していきました。スジボソヤマキチョウが飛翔、ルリタテハが物置前の消石灰を舐めていました。アオジがやって来ました。ゴジュウカラが巣材(巣穴の入り口を狭くするための泥)をしきりに運んでいました。カタクリが開花しました。
4月20日、森林公園やすらぎの森でセンダイムシクイの声を聞きました。
4月22日、アズマヒキガエルが池に向かって藪から歩きだしているのが目撃されました。池では8匹のカエルが集まり、交尾行動が始まりました。スズメが巣材を運びました。続々と夏鳥たちも帰り始め、囀り、巣材運び等が目撃され、着実に繁殖期を迎えた4月でした。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1 アオゲラ 21
2 アオジ   4
3 アカゲラ 24
4 アトリ 13
5 アマツバメ     1
6 ウグイス     1
7 エナガ 13
8 オオアカゲラ   2
9 オオタカ     1
10 オオハクチョウ     1
11 カケス     1
12 カシラダカ     1
13 カルガモ   2
14 カワラヒワ 21
15 キジバト 24
16 キセキレイ   2
17 キビタキ     1
18 クロツグミ   6
19 コガラ 25
20 コゲラ 25
21 コサメビタキ     1
22 ゴジュウカラ 25
23 コムクドリ   15
24 シジュウカラ 25
25 シメ 25
26 ジョウビタキ     1
27 シロハラ     1
28 スズメ 25
29 センダイムシクイ     1
30 トビ 16
31 ノスリ   2
32 ハイタカ 8
33 ハクセキレイ     2
34 ハシブトガラス 25
35 ハシボソガラス   6
36 ヒガラ 24
37 ヒヨドリ 25
38 ムクドリ     1
39 メジロ 7
40 モズ   3
41 ヤマガラ 25
哺乳類
1 アカネズミ     1
2 ハタネズミ   6
3 リス 25


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.