HOME >観察記録>2012年10月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2012年10月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
10月の調査日数は26日間です。
 
10月に観察された野鳥は35種類でした。
10月は、平年並みの気温に戻り、先月の暑さに慣れた身体には例年以上に寒く感じました。13日には岩手山に初冠雪(平年並み、昨年より14日遅れ。)を観測しました。八幡平山頂付近から始まった紅葉も、月末には森林公園まで降りてきました。
10月3日、クロツグミ飛来、ヤマゴボウの実を啄ばんでいました。
10月5日、エゾゼミが鳴く。夏に殆ど鳴いていなかったのに、何故?
10月8日、リスがボリ(ナラタケ)を収穫。両手で軸を持ち傘を差している様子は、童話の挿絵のようでした。勿論しっかり味見をしていました。
10月10日朝、ハクチョウの声、上空を編隊飛行していました。キクイタダキがこの秋初登場、イチイの木でホバーリングしながら 虫を食べていました。
10月12日、アケビが美味しそうにパックリ割れました。早速メジロが味見にやって来ました。種を銜えた顔は、三つ目メジロでした。
10月14日、コガラ、アオジがやって来ました。クロツグミ♂がゆっくりと水浴びをしていました。ムギマキの若い♂が旅の途中に立ち寄って行きました。
10月15日、クロジ♂♀、アオジ♀が池のミゾソバの種を啄ばんでいました。
10月17日、ノゴマ♂、旅の途中に立ち寄り、水浴びをしていました。居心地が良かったのか、2日滞在していきました。
10月28日、何時も元気なリスたちも、大分冬毛に変わってきました。
10月31日、クロツグミ、マミチャジナイ、アカハラが水浴びにやって来ました。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1
アオゲラ   11
2
アオジ   7
3
アカゲラ 24
4
アカハラ     3
5
アトリ     2
6 イカル   6
7
ウグイス     3
8 エナガ 8
9 カケス 11
10 カワラヒワ 7
11 キクイタダキ     1
12
キジバト 25
13
キビタキ   6
14
クロジ   10
15
クロツグミ 14
16
コガラ   7
17
コゲラ 24
18
ゴジュウカラ 26
19
シジュウカラ 26
20
シメ 26
21
スズメ 26
22 センダイムシクイ     1
23 ツグミ     3
24 トビ 6
25 ノゴマ     2
26 ハクセキレイ     1
27 ハシブトガラス 26
28 ヒガラ 8
29 ヒヨドリ 36
30 ビンズイ     2
31 マミチャジナイ     1
32 メジロ 15
33 モズ     1
34 ヤマガラ 26
35 ミサゴ     1
36 コハクチョウ   2
37 ムギマキ     1
哺乳類
1 ハタネズミ     1
2 リス
26


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.