HOME >観察記録>2012年9月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2012年9月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
9月の調査日数は26日間です。
 
9月に観察された野鳥は33種類でした。
ここ岩手においても、異常なほどの残暑が続き、真夏日の記録を更新しました、ようやく残暑が収束し、秋の気配を感じたのは9月20日を過ぎてからでした。
9月1日、リスたちが地面に落ちた青いオニグルミを拾うようになる。果肉を素早く剥がしては地面に埋める行動が、頻繁になりました。
9月2日、シジュウカラ用に設置してあった巣箱、良く見ると入口が塞がれてハチが出入り。ヒメスズメバチが占領してしまったようです。
9月3日、オオルリの若い♂が枝に止まる、風きり羽が青く(ブルーグレー)なっていましたが、成鳥になってもこの色(ブルーグレー)のほうが素敵だなと、思っているのは私だけでしょうか。
9月5日、キセキレイの幼鳥が池に現れ、虫を捕まえて食べ、しばらく和んで帰って行きました。
9月13日、今日も厳しい残暑、蒸し暑い、ミンミンゼミの鳴き声を聞き、これまであまり記憶に無い出来事でした。
9月17日、キビタキの親子?連れ添って水浴びに来ました。ウグイスが顔を出し、秋を感じて山から下りて来たのでしょうか?
9月20日、残暑の終わる、空気が入れ替わり秋の気配、やっと、平年の気温に戻りました。
9月21日、20羽のマガンの編隊が上空を北から西へ飛んでいきました。エゾビタキ、コサメビタキがクリの木でしきりに虫を捕っていました。
9月24日、ウグイス、ヤブサメが水浴びにやってきました。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1
アオゲラ 6
2
アカゲラ 26
3
イカル     2
4
ウグイス   3
5
エゾビタキ     3
6 エナガ 3
7
オオルリ 12
8 カケス     2
9 カワラヒワ     2
10 キジバト 22
11 キセキレイ 6
12
キビタキ 22
13
コゲラ 21
14
コサメビタキ     6
15
ゴジュウカラ 26
16
シジュウカラ 26
17
シメ 26
18
スズメ 25
19
センダイムシクイ     1
20
トビ 8
21
トラツグミ     1
22 ノスリ     2
23 ハイタカ     1
24 ハクセキレイ   5
25 ハシブトガラス 26
26 ヒガラ   2
27 ヒヨドリ 26
28 マガン     1
29 メジロ 16
30 メボソムシクイ     3
31 モズ   3
32 ヤブサメ 4
33 ヤマガラ 26
哺乳類
1 ホンドテン     1
2 リス
26


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.