HOME >観察記録>2012年8月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2012年8月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
8月の調査日数は27日間です。
 
8月に観察された野鳥は30種類でした。
8月は、ここ岩手においても高温少雨が続き、真夏日の記録を更新しました。非常に暑い夏を、感じさせられました。しかし、野鳥たちはこの暑さに愚痴ることもなく、着実に子育てをこなしているようです。この森で巣立った幼鳥たちが毎日のように、顔を見せてくれました。
8月3日、センダイムシクイが水浴び。
8月4日、モズの幼鳥が顔を出し、まだ幼い容貌のヤマガラがしきりに警戒音を発していた。
8月6日、オオタカが狩にやって来た。何を捕えたかは不明。
8月10日、ノスリが低空で旋回、着地せずに飛び去った。不思議と小鳥たちの警戒心は低かった。ヤブサメが水場で水浴びをする。
8月11日、センダイムシクイ、ヒヨドリの幼鳥が飛来。
8月12日、出産直後と思われる母リスがヒマワリを食べに現れる。キビタキの幼鳥、センダイムシクイが飛来。ノスリが飛来し、枝に止まるが、やはり、小鳥たちは警戒しない。
8月15日、メジロの幼鳥8羽で水浴び、メボソムシクイ水浴び。
8月19日、センダイムシクイ、ヤブサメ、オオルリ親子、オオルリ♂幼鳥、コサメビタキ幼鳥相次いで飛来。
8月23日、アオゲラ幼鳥初顔見せ、ヒヨドリ幼鳥が水浴び、水浴びの豪快さは親譲り。
8月27日、サンコウチョウの幼鳥、池の周りを飛び回る。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1
アオゲラ   7
2
アオサギ     1
3
アカゲラ 20
4
イカル   4
5
オオタカ   2
6
オオルリ   7
7
カワラヒワ 23
8
キジバト 27
9
キビタキ 17
10
コゲラ 26
11
コサメビタキ   5
12
ゴジュウカラ 17
13
サンコウチョウ     1
14
シジュウカラ 27
15
シメ 27
16
スズメ 27
17
センダイムシクイ 9
18
トビ 9
19
ノスリ   2
20
ハイタカ     1
21
ハクセキレイ   2
22 ハシブトガラス 27
23 ヒガラ   2
24 ヒヨドリ 20
25 ムクドリ     4
26 メジロ 23
27 メボソムシクイ     2
28 モズ     1
29 ヤブサメ 4
30 ヤマガラ 27
哺乳類
1 ヒメネズミ     1
2 リス
24


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.