HOME >観察記録>2008年8月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2008年8月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
8月の調査日数は27日間です。
 
  8月に観察された野鳥は、27種類でした。
  幼鳥の姿が多くなりました。スズメ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、ハクセキレイなどの幼鳥が、親から餌を貰っていたり、自力で餌を探している羽の色がまだ薄い個体など、色々な成長段階が混じっています。
  シメの幼鳥が10羽以上見られます。やはり、親の給餌を受けているものから成鳥に近いものが混じっています。まだ巣の確認はしていませんが、そうやら毎年この森で繁殖しているようです。
  しばらく見えなかったイカルの声が聞こえたと思ったら、餌場にまだ嘴が黄色くならない幼鳥が現れました。
  この時期には珍しくウグイスやホトトギスの囀る声が聞こえました。
  月末に観察の窓近くにサンコウチョウの雌が姿を見せました。この夏はいつもの場所で声が聞こえませんでしたが、近くで繁殖していたのか通りすがりなのかは分かりません。
  年中通して賑やかなヒヨドリが、どういう訳か今年は静かで、時々1羽か2羽で水場に来てはそそくさと姿を消してしまいます。そういえば、メジロも、大好きなリンゴや夏ミカンを置いてもさっぱり寄ってこないで、水場に来てもすぐにスズメに追われてしまいます。
  この夏、常連のキビタキの声も例年よりも少ないような気がします。この森のシンボルバードのアカゲラも餌場で見ることが少なくなりました。
  最近、キジバトがヒマワリの種を食べることを覚えて、餌箱を占領しています。
  リスの家族は、子供たちが独立して、立派な夏毛になって単独行動しています。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1
アオゲラ
7
2
アカゲラ
27
3
イカル
13
4
ウグイス
   
2
5
エナガ
4
6
カワラヒワ
27
7
キジ    
0
8
キジバト
27
9
キセキレイ
7
10
キビタキ
22
11
コゲラ
26
12
シジュウカラ
27
13
サンコウチョウ    
2
14
シジュウカラ
27
15
シメ
27
16
スズメ
27
17
センダイムシクイ
1
18
トビ
13
19
ノスリ    
1
20
ハクセキレイ    
1
21
ハシブトガラス
26
22
ヒガラ
6
23
ヒヨドリ
26
24
ホトトギス
   
1
25
メジロ
16
26
モズ
11
27
ヤマガラ
26
哺乳類
1
リス
24


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同事業体”KOIWAI”が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.