HOME >観察記録>4月  
 
 
施設の概要
交通アクセス
ネイチャーセンターだより
定例自然観察会
観察記録
イベントカレンダー
フォトギャラリー
 
お問い合わせ先 ネイチャーセンター
 

 
 
 
【2007年7月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
7月の調査日数は26日間です。
 
7月に観察された野鳥は、27種類でした。
森の中にたくさんの虫や木の実があって、食べ物に不自由しないためか、餌場に来る鳥が極端に少なくなりました。
ウグイス、カッコウ、ホトトギスなど、春を告げていた鳥達の声も聞こえなくなりました。
シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ達が巣立った雛を連れてきて、餌をやっている姿を見せてくれますが、例年になくシメの親子がまだ来ていません。
いつも騒々しいヒヨドリも、森の中で静かに?騒いでいますが、餌場には近づいてきません。キビタキは一時の激しさが消え、のんびりゆったり鳴いています。
モズの雛が餌場の一角に陣取ってバッタや青虫・芋虫を食べていました。最初はスズメと対等に争っていましたが、だんだん成長して、スズメに一目置かれるようになり、この場を去りました。
ハクセキレイが駐車場のカシワの下に、キセキレイが池の岸辺に時々来ては忙しくどこかに行ってしまいます。
コムクドリは、アオダイショウに巣を襲われて以来ほとんど来なくなってしまいました。近くに営巣したムクドリも子育てが終ったのか、いつの間にか姿が見えなくなりました。
先月に続いてサンコウチョウの声が聞こえます。昼間にも聞こえることから、どうやら近くに営巣しているようです。
池にカルガモが1羽来て、しばらく居ましたが、餌が無いのを確認したのか、飛び立っていきました。
今年はセミの当たり年のようで、エゾゼミやアブラゼミの合唱に、野鳥の声がかき消されています。
例年通り、オオムラサキがカシワの大木の梢を周りながら勇壮な滑空を見せています。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1
アオゲラ
3
2
アカゲラ
17
3
カッコウ
6
4
カルガモ
1
5
カワラヒワ
26
6
キジバト
26
7
キセキレイ
4
8
キビタキ
24
9
コゲラ
22
10
ゴジュウカラ
1
11
コムクドリ
   
2
12
サンコウチョウ
2
13
シジュウカラ
25
14
シメ
5
15
スズメ
26
16
トビ
12
17
ハクセキレイ
 
8
18
ハシブトガラス
26
19
ハシボソガラス
1
20
ヒガラ
2
21
ヒヨドリ
25
22
ホトトギス
   
1
23
ムクドリ
2
24
メジロ
8
25
モズ  
2
26
ヤブサメ
2
27
ヤマガラ
26
哺乳類
1
リス
24


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧株式会社が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.