HOME >観察記録>8月  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
【2006年9月の観察記録】
記録は、森林公園の野鳥観察の森で観察されたものです。
野鳥は、鳴き声や上空を飛んでいるのを観察したものも含まれています。
9月の調査日数は26日間です。
 
 9月に観察された野鳥は29種類でした。
シジュウカラ、ヤマガラの数が増え、常時餌場に姿を見せています。メジロ、エナガ、コゲラが、早くも集団を作って梢を渡っています。ゴジュウカラが数羽、餌場に通って来るようになりました。スズメは、数羽が来ている程度で、多くは田んぼのお米を食べているのでしょう。センダイムシクイが1日だけ水場に来ました。
 クロツグミは、この夏ほとんど囀りを聞かなかったのですが、9月に入ってから雌雄がそろって水場に来て水浴びをしています。マミチャジナイが、3日間ほど滞在していきました。春に来ていた個体が帰りに再び立ち寄ったのかもしれません。
 モズが、盛んに他の鳥のまねをしており、下手なウグイスのさえずりをしていました。シメは、今年もこの森で繁殖した様ですが、9月になってもまだ親に餌をねだっている個体が見られます。
キセキレイが時々池の周りを歩き回っています。夏中聞こえていたキビタキの声が聞こえなくなりましたが、時々水場に姿を見せています。ヤブサメが事務所に飛び込んできましたが、野外で見ることはほとんどありません。
 イカル、オナガが時々姿を見せています。キジバトが1、2羽で、ほとんど毎日来ています。ヒヨドリは、高い梢で集団でいます。何を食べているのかは確認できません。
 アオゲラ、アカゲラ、コゲラは、たまにしか姿を見せません。
9月の後半になって、カケスが近くで鳴いていますが、なかなか姿をみせません。
 リスの子供達はみんな独立したようで、最近は単独で行動しています。
 いつもは春に姿を見せるカモシカが近くに現れました。
 
野鳥
No.
種類
上旬
中旬
下旬
観察日数
1
アオゲラ
10
2
アカゲラ
26
3
ウグイス
1
4
エナガ
16
5
オナガ
7
6
カケス
7
7
カワラヒワ
23
8
キジバト
25
9
キセキレイ    
1
10
キビタキ
13
11
クロツグミ
13
12
コガラ    
2
13
コゲラ
23
14
コサメビタキ    
1
15
ゴジュウカラ
26
16
シジュウカラ
26
17
シメ
26
18
スズメ
26
19
センダイムシクイ
1
20
トビ
12
21
ハイタカ
   
1
22
ハシブトガラス
25
23
ヒガラ
14
24
ヒヨドリ
25
25
マミチャジナイ    
3
26
メジロ
18
27
モズ
14
28
ヤブサメ
 
2
29
ヤマガラ
26
小哺乳類
1
カモシカ    
1
2
リス
26


 

 

   
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧株式会社が管理運営しています。
 
Copyright (c) KOIWAI FARM. Ltd. ALL right reserved.