HOME > 施設の概要


滝沢森林公園

 
滝沢森林公園
 
 
ご利用について
 
園内マップ
 
交通アクセス
 
ネイチャーセンター
 
ネイチャーセンター
 
ネイチャーセンター
 
お問い合わせ ネイチャーセンター
 
 

滝沢森林公園
 
 
 
滝沢森林公園は、昭和58年度から施設の整備が始められた森林公園で、県の内陸中央部、盛岡市の北約10kmにあり、約62ヘクタールの面積を有しています。
およそ200種類の樹木で構成される森林のなかに水辺の広場、つつじ園、林間広場などの施設があり、公園内からは岩手山、姫神山の良好な眺望も楽しめます。
また、公園内にはネイチャーセンターが設置されており、自然に親しみながら野鳥観察などが体験できます。
 
 
 
滝沢森林公園内で行事・販売・写真撮影をご計画の方へ 
 ネイチャーセンターでは、このごろ、このような鳥や動物がみられるかも。
  会えるかどうかは、運まかせ。(2018/5/21更新)
イベントカレンダー(平成30年度 5/1号) 
 本年度も、森の不思議を見つけましょう! 
ネイチャーセンターだより(VOL346 5月10日号)をアップしました。

◆どこか遠くへ 鳥見に
日本野鳥の会 全国の会報をいただきました
野鳥へのやさしいまなざし、各地域の熱気が伝わってきます。
旅行前の事前情報などにご活用ください。

◆バードカービング(鳥の木彫り)教室のお知らせ
あなたもお気に入りの鳥を作ってみませんか。
・開催日 5/12(土) 7/14(土)  ※以降、奇数月の第2土曜日 
・時 間 10:00-15:00
・対 象 小学4年生以上  < 先着20名 >
・参加費 1回 500円
・材料費 \1,000 (1作品)
・申し込み方法 前日までにFAXか電話で
・持ち物 昼食、工作に適した服装
・講 師 中村茂、村上貞幸

◆定例森の観察会 植物の不思議探検隊 
〜一気に芽吹いて、新緑から深緑へ〜
・開催日 5/20(日) 
・時 間 10:00-12:00(9:50ネイチャーセンター集合)
・対 象 どなたでも
・参加無料 当日申込
 ※野外活動に適した服装(帽子、長袖、長ズボン、ゴム長靴がベスト) 

◆野鳥を描く:スケッチ教室 
〜お好きな野鳥のたたずまいを描いてみませんか バードカービングのデッサンや彩色の練習に最適〜
・開催日 6/9(土)、10/13、12/8、2/17
・時 間 13:00-15:00 (12:50までにネイチャーセンター集合)
・場 所 2F研修室
・対 象 小学生4年以上 20名
・参加料 ¥500/回
・申し込み方法 前日までにFaxか電話で
・持ち物 えんぴつ 絵具(水彩、アクリルなど)
・講 師:中村 茂(ワイルドラフアーティスト、バードカービング教室講師、日本野鳥の会もりおか会員)
ポスターはこちら

◆一枚の羽から想像してみましょう 
 盛岡市動物公園の鳥たちの羽

◆森のスケッチ
 はがき・しおりづくり
 材料代 1枚 100円


◆森のクラフト 
森から集めた自然の素材で自由に工作。
【一作品につき 500円】
※8名様以上はあらかじめご予約ください。 1日1団体 30名様まで
※参加費の一部を復興地支援に募金させていただいております。御礼にお好きなトンボ玉ひとしずくプレゼント!

◆巣箱づくり 
春から夏の繁殖用に使うだけではなく、寒い季節のねぐらとしても利用されます。秋に取り付けすると野鳥が安心して利用します。
さっそくシジュウカラが様子を見に来ました!卵を抱く時季は以外と高温になりますので、風の通り穴をあけました。   【1セット 2,500円】
◆ミクロの世界に出発!
デジタルマイクロスコープ(解像度はご容赦ください)を用意しました。蝶の鱗粉や鳥の羽毛、見たいものをお持ちください(肌も見られます)。

◆フクロウさん、白鳥さんって、こんな手触り!?
ネイチャーセンターの中で飛んでいます!
(鳥獣保護センターに保護され、手厚く治療・看護されていたオオハクチョウです。残念ながら標本となりましたが、貴重な標本をお借りして展示しています。やさしくなでながら、じっくりご覧ください。)

--観察会・行事の様子--

◆ゴールデンウィーク探鳥会 5/3
夏鳥たちがたくさん。
さえずりのシャワーを浴びながら、森林公園をめぐりました。
5/3 探鳥会の様子

◆定例森の観察会 虫の目で見るネイチャーランド
成虫で越冬、さなぎで越冬、幼虫で越冬。
寒さ、鳥などに食べられず、いろいろな工夫で春を迎えていました。
4/15 観察会の様子

◆定例森の観察会 〜植物の不思議探検隊〜
植物たちの春に向かう躍動を体感しました。
3/18 観察会の様子
◆定例森の観察会  〜虫の目で見るネイチャーランド〜 2/18
虫たちの冬越しの工夫を体感しました
2/18 観察会の様子
◆スノーシュート・レッキング 1/28 2/25
〜ノウサギ、リス、キツネになりきって、白銀のトレイルを歩きました〜

◆定例森の観察会 植物の不思議探検隊 
1/21 観察会の様子

◆森の木の実のクリスマスクラフト 
ご参加有難うございました。

◆ 定例森の観察会 自然の宝物見つけ隊 
  ”葉っぱのステンドグラスづくり” 12/17
 70種類以上の葉っぱから、思い思いの作品が仕上がりました。
12/17の様子

◆すすきのみみずくづくり 12/3
 もふもふ ふわふわ しあわせみみずくが、それぞれの願いがこめられ、個性豊かな作品に仕上がりました。
12/3の様子

◆県博日曜講座 「岩手県の鳥相を語る〜ネイチャーセンターとり日誌〜」 11/26
岩手県内の鳥事情と当森林公園開設直後からの26年間の観察データを基に、データだけではお伝え出来ない野鳥の私生活を紹介しました。
ご聴講いただき誠にありがとうございました。

◆御所湖冬鳥観察会(定例森の観察会) 11/19
 始まりは吹雪でしたが、後半は穏やかな陽光のもと、冬鳥たちを観察することができました。
観察会の様子

◆シェアリング・ネイチャー
今年も自然との一体感を楽しみました。
ご参加ありがとうございました。
開催の様子
7/22の様子
8/26の様子
9/23の様子
10/28の様子
11/11の様子

◆ノルディックウオーキング教室
今年度もさわやかな汗をかくことができました。
ご参加ありがとうございました。

5/14の様子はこちら
6/25の様子はこちら
→7/23は、豪雨のため中止しました(5年目にして初めての中止でした)
8/27の様子はこちら
9/24の様子はこちら
10/22の様子はこちら

◆ 定例森の観察会 自然の宝物見つけ隊 
   〜深まる秋の宝物をさがしました〜
 10/15の様子

◆ 定例森の観察会 自然の宝物見つけ隊 
   〜木の実がポットン…〜
 9/17の様子

◆ 定例森の観察会 自然の宝物見つけ隊
 8/20の様子

◆定例森の観察会 虫の目で見るネイチャーランド 
 7/16の様子

◆樹脂封入標本づくり 7/30 
お気に入りの標本ができました。

◆定例森の観察会 虫の目で見るネイチャーランド 6/18
   〜身近にたくさんの虫たちがいることに気づきました〜
 6/18の様子

◆ 第11回岩手の野生動物を考える集い 5/27
演題:鳥獣保護センターと大学との連携
野生動物の救護や管理に精通されている先生から、大学との連携により、鳥獣保護センターが野生動物保全に貢献する方法や考え方などについて、貴重なお話しをしていただきました。参加者との活発な意見交換がなされました。

◆定例森の観察会 自然の宝物みつけ隊  5/21
萌黄色のフィルター、森の香りに包まれて、いきものたちの旺盛な姿にあえました。
 5/21の様子

◆ゴールデンウィーク探鳥会 5/3 
〜まぶしい芽吹き  
美しいさえずりのシャワーを浴びながら 
輝く夏鳥たちに会えました〜
  探鳥会の様子

◆定例森の観察会 植物の不思議探検隊 4/16 
春の妖精たちに会えました!
 4/16の様子

 
 
このホームページは滝沢森林公園指定管理者である小岩井農牧梶E小岩井農産葛、同企業体”KOIWAI”が管理運営しています。