019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

一昨日の大雪が落ち着き、今日は快晴!
ふかふかの雪原へ出発!
2018.2.16(1).jpg

2018.2.16(2).jpg

今日は東京と京都からの3名様。
青空に映える真っ白な岩手山にみなさん大喜びのご様子。
2018.2.16(3).jpg

100年杉林道の鳥居とクマさんは大雪に埋もれてしまいました・・
2018.2.16(4).jpg

126年前、原野に木を植えるところから始まった小岩井農場。
その歴史や林業の取り組みが感じられる場所が100年杉林道です。歩くからこそ見えてくるものがあります。
2018.2.16(16).jpg

2018.2.16(5).jpg

風が吹き、木々から落ちる雪に陽射しが当たってキラキラと光ります。
森は毎日歩いても毎回違った景色を見せてくれます。
2018.2.16(7).jpg

森を抜けると、伐採現場が森の広場に!
2018.2.16(8).jpg

2018.2.16(9).jpg

森のすべり台は昨日の雪でまるでボブスレーのコースのよう。
オリンピック選手の気持ちで滑りました。
2018.2.16(10).jpg

これから向かう大雪原そのままの景色が登場する宮沢賢治さんの「雪渡り」の一節を紹介しました。
今日の森の中は、賢治さんの童話の世界に迷いこんだような世界でした。
2018.2.16(11).jpg

大雪原でたっぷり雪と青空を満喫して、
岩手山が待つまきば園でゴール!
2018.2.16(14).jpg

2018.2.16(15).jpg

今度は春の山野草で森があざやかになる時、
はたまたカラマツの新緑や紅葉の時、ぜひまた一緒に歩きましょう!

(佐藤 長内)



「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

バレンタインデーのスノーシューウォークは
県内から1名と仙台から2名の計3名のご参加。
2018.2.14 (1).jpg

100年の森は林業の生産現場でもあります。
普段は入れないエリアを歩けるのも魅力です。
2018.2.14 (2).jpg

森のすべり台では雪まみれになって遊びました。
大人になるとなかなかできない体験です。
2018.2.14 (3).jpg

大雪原をふたりだけで貸し切り!
2018.2.14 (4).jpg

さらさらの雪の上にリスの足跡も見つけました!
2018.2.14 (5).jpg

仙台からのお二人もはじめてのスノーシューで冬の楽しさを感じてくれたご様子でした。
冬の森を歩くと春の森の鮮やかさがいっそう嬉しくなりますよ!

佐藤 斉藤(由)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

冬の小岩井農場を楽しむならこれ!
大雪原と100年の森を歩く「スノーシューウォーク」が
楽しく開催中です。
2018.2.11.jpg

はじめての方でもお子さんでも大丈夫。
平らな森をのんびり歩きます。
2018.2.12 (1).jpg

見たことのないような一面の雪と広さ!

2018.2.12 (2).jpg

「寒い・・」「雪かきが大変・・」
そんな冬が大好きになること間違いなしです!

2018.2.12 (3).jpg

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小岩井農場のスノーシューはお楽しみがいっぱい。
手作りアイスクリームを森の中で食べたり、
森のすべり台で遊んだり。
2018.2.10 (1).jpg

平らな雪原や森を歩くので、小さなお子様もご参加できるのが良いところ。
2018.2.10 (2).jpg

100年の森をぬけると・・
2018.2.10 (3).jpg

2018.2.10 (4).jpg

そこは大雪原!

2018.2.10 (5).jpg

この広さは写真では伝わりません!
みんなで空と雪原と一体化。
2018.2.10 (6).jpg

ウサギの交差点?
雪原をウサギが駆け回ってました。
2018.2.10 (8).jpg

この日は県内、宮城、東京、そしてタイからのご参加。
みなさん小岩井農場の冬を満喫されたようでした。
また季節を変えて100年の森でお会いしましょう!
2018.2.10 (9).jpg

(佐藤 長内)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

雪の花

2018/02/07 09:59

今朝、一本桜に付いた雪が、まるで桜の花を咲かせたように見えました。
雪が降り、枝に着雪した後、翌朝に岩手山がはっきりと見える日はそれほど多くはありません。
しかも、気温が高くなると枝の雪が落ちてしまうので、午前中だけ楽しめる贅沢な景色です。

20180207_一本桜ブログ用.jpg

↓ 2/4(日)の早朝にも美しい姿を見せていました。(7:30頃撮影)

4461一本桜(冬)s.jpg

(大西)

2月4日のスノーシューウォークは、自然散策の常連さんと
秋田県からの男の子を含む、6名のお客様。

寒波の続くこの頃ですが、今日は暖かい一日。
太陽に照らされながら、まずは準備体操です。
IMG_4134.jpg

降った雪により、冬の木々も形作られます。
参加者の皆さんも、幾度となく足を止めてカメラをパシャリ。
IMG_4157.jpg

IMG_4159.jpg

100年杉林道もこのとおり。
青空と白い雪がつくる Vの字を背景に、記念撮影!
P2043182.jpg

牧草地では、大型トラクターが大雪原に曲線を描きます。
IMG_4194.jpg

そして青空のこんな日は寝転んでみよう!
「あ~気持ち良い!」
IMG_4196.jpg

今日は汗ばむほどの暖かさ。このきらめく雪景色もお昼には溶け出します。
午前の特別な時間を独り占めし、皆さん笑顔でゴールです。
P2043185.jpg
(長内)

2月3日のスノーシューウォークは朝から降り続く雪の影響
からか、盛岡から1名様と、石巻からのご夫婦の計3名様の
ご参加。でもこの雪が素晴らしい景色を見せてくれました!
2018.2.3 (1).jpg

途中カマキリの卵を発見!
今年のカマキリ予報は当たったかな?
2018.2.3 (2).jpg

風は穏やかで気温は高めだったため、森の木々はしっとりと
した雪をまとい、まるで水墨画のようでした。
2018.2.3 (3).jpg

午後にはあっという間に木々の雪は溶けてしまいました。
午前中のつかの間だけ森が見せてくれた幻想的な姿にガイド含めみなさん感動。
2018.2.3 (4).jpg

静かなカラマツとヒノキの林。
しんしんと降る雪。
ゆったりとした森の時間を過ごしました。
2018.2.3 (5).jpg

前日は雫石で-20℃の記録的な寒さ。
逢ノ沢に張った氷を手に取ってみると、
2018.2.3(8).jpg

まさに寒さが作る自然の造形美。
2018.2.2.jpg

森のすべり台では大人も大興奮!
石巻のご夫婦の出身は宮崎。人生初の雪のすべり台!
2018.2.3 (6).jpg

そして人生初の雪原でダイブ!
岩手の冬と雪を満喫されている様子に、地元の我々も嬉しくなりました。
2018.2.3 (7).jpg

冬の森を歩くと、春の芽吹きや、お花の開花、春の森の鮮やかさに一層嬉しさを感じます!
ぜひまた季節を変えてお越しください。お待ちしております!

佐藤 斉藤(由)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

2月はこちら、「スノーシューウォーク」が好評開催中ですが、
スノーシューウォークポスター2018 .jpg

プライベート版(団体版)もおすすめです。
お客様の日程やお時間、体力に合わせオリジナルのプランを組みます。
なにより大雪原と100年の森を貸し切りできるのが魅力です!

こちらは1月27日の様子。
宮城からの親子2名様が100年の森と大雪原を貸し切り!
1.27ネクスコ様 (4).jpg

大雪原をどこまでも歩いていきます。
1.27ネクスコ様 (3).jpg

雪と空をひとり占め!
1.27ネクスコ様 (2).jpg

大人気の森のすべり台。
1.27ネクスコ様 (1).jpg

そしてこちらは昨日の様子。
台湾から4名様が初めての一面の雪とスノーシューを満喫しました!
2.3台湾4名様 (1).jpg

2.3台湾4名様 (3).jpg

プライベート版(団体版)のご予約はお電話で承っております。
まずはご相談ください!
小岩井農場 019-692-4321
ご家族やグループ、子供会や学校での自然体験にもおすすめです!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。