019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

7月は紫陽花の季節。7月の「小岩井農場めぐり」バスや「重要文化財ウォーク~小岩井農場創業の地~」で紫陽花ロード(旧網張街道)をご案内します。ガイドと一緒に観に行ってみませんか?

2017/06/25 11:35

7月は紫陽花の季節

紫陽花ロード(旧網張街道)

小岩井農場内にある「紫陽花ロード」(旧網張街道)に行って来ました。
7月は小岩井農場めぐりバス「重要文化財コース」(詳しくこちら)重要文化財ウォーク(詳しくはこちら)で立ち寄ることになっています。

じつはこの場所、小岩井農場が126年前にこの地に誕生するきっかけになったところ。
「小岩井農場創業の地」なのです。
創業者のひとり、明治政府の鉄道庁長官だった井上勝(いのうえまさる)が東北本線敷設工事の下見として岩手県を明治21年に訪ねました。
その際、江戸時代から続く名湯「網張温泉」に向かうためにこの網張街道を通りかかり、周辺の見渡す限りの原野を目の当たりにしました。
そしてこの地が、官有地(国の土地)であることを知った井上勝は、「これまで行ってきた鉄道敷設事業によって多くの田畑などを線路に替えてきてしまった。そしてこの官有地が広大な原野として放置されてあるならば、この地を開墾して農地とすることが国家公共のためであり、まさに自分が手掛けるべき事業なのではあるまいか」と夢見たのです。
この街道に立つと、当時の井上勝の思いが感じられるような気もします。

紫陽花ロード(旧網張街道)

現在は街道沿いに防風林が植林され、街道沿いにはずっと紫陽花が植えられています。
今日はまだこの通り、つぼみの状態でしたが、7月に入れば次第に美しく咲き始めることでしょう。
小岩井農場めぐりバス「重要文化財コース」(詳しくこちら)重要文化財ウォーク(詳しくはこちら)ともに、まきば園入場口そばの特設テントで受け付けております。
ガイドと一緒に紫陽花を観に行ってみませんか?
前日までであれば、電話やFAXでの予約も承りますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
電話019-692-4321、FAX019-692-0303です。

高山

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。