019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

「ミズバショウ観察会」スタート。今週の暖かさで一気に見頃を迎えました!

2017/04/09 14:44

水辺に春の訪れを告げる花、ミズバショウの観察会が始まりました。今年は雪解けが遅れ、観察会に間に合うか心配されていましたが、今週の暖かさで一気に開花が進み、見頃をむかえています。
観察地もあっという間に雪が解けました。
4.8ミズバ (1).jpg

鶴が羽ばたいているような2枚の仏炎苞の株を探しながら
歩いていきます。
4.8水芭蕉 (2).jpg

ほっそりしたもの、恥ずかしそうにしてるもの、
よく見ると株ごとに形が違うのが、観察のポイント。
4.8水芭蕉 (3).jpg

8日(土)は8名様のご参加でした。
4.8水芭蕉 (4).jpg

9日(日)、最年少2歳のご参加もありました。
上丸牛舎を通り観察地へ!
4.9水芭蕉 (1).jpg

岩手山と狼森、牧草地の緑のカーペットを眺めながら
進みます。ヒバリがさえずりながら飛んでいました。
いたるところに春の訪れを感じます。
カラマツの芽吹きももう少し。
4.9水芭蕉 (3).jpg

湿地を実際に歩いて観察すると、
「春の水辺の妖精」と呼ばれているのがうなずけます。
熱心に写真を撮ったり、じっくり観察したり、
そしてうっとりしたり、みなさん思い思いに楽しみます。
4.9水芭蕉 (5).jpg

4.9水芭蕉 (4).jpg

今日は10名様のご参加。
群落をバックに「チーズ!」
4.9水芭蕉 (6).jpg

帰り道は春を探しながら。
ニワトコの芽もザゼンソウ観察会からのほんの1週間で
こんなに膨らみました。
4.9水芭蕉 (7).jpg

無事にゴール!観察地まで片道およそ40分。
1年で1番距離が長い観察会です。
「次は春の妖精観察会、カタクリを中心にご案内します!」
4.9水芭蕉 (8).jpg

観察会で終わりではありません。
希望参加で、「ガイドと楽しくランチ会」も開催中です。
今回のメニューは「スープカレーうどんセット」(1000円)
山野草談義に花が咲きました。
4.9水芭蕉 (9).jpg

(佐藤 斉藤(慎))

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。