019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

来春の自然散策のために観察地の環境整備をしています。

2015/11/27 13:04

5月中旬に満開を迎えるのがサクラソウ
生産現場の間にある湿地にたくさん自生しています。
年月と共に雑木が成長により湿地は森林化していきます。
そして、地盤が柔らかい湿地では大きくなった木々が風で倒れていきます。
サクラソウが生息する林床が倒木で埋まりそうになりました!
倒木を除去したり、間伐をしたり、適度な環境整備が必要
昔は、薪や材木として活用していました。
整備

次の写真は同じ所
春には倒木の隙間にサクラソウが咲いていました。
大分木々に埋もれて ・・・
倒木や雑木で深い藪になったところを刈り払います。
整備

農場内の森は、目的に応じて手入れを欠かせません。
私たちは来春の観察会のために環境整備をしています。
人の手が適当に入った自然が小岩井農場には広がっています。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。