019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

自然再生プロジェクト 親子でホタルの保護増殖体験をしました!

2015/10/25 14:02

今日は岩手山が再び白く雪化粧、とても寒い日になりました。
農場自然散策特別版として開催した自然再生プロジェクト
「ホタルの保護増殖体験に」に7人が参加しました。
皆様、小岩井農場のホタル観察会にいらした方々でした。
最初は、ホタル観察会の会場となったホタル沢で
ゲンジボタルの餌となるカワニナの生息調査
農場自然散策

小川の中に、泥にまみれて見つけにくいカワニナを発見
落ち葉を食べて成長しています。
目が慣れてくるとどんどん見つかりました。
カワニナ

次は、カワニナの餌となるクレソンを岸辺に植えました。
クレソンがこの流域に自生しています。
盛岡市からおいでの福士さんご一家は、
お父さんが中心となり作業を進めました。
農場自然散策

流れがあまり強くないところを選び植えました。
以前にも植えてみましたが、大水で流されてしまいました。
農場自然散策

移植中に女の子がとても大きなカワニナを見つけました。
貝長は4cmほどあります。
これまでたくさんの子貝を産んできたこの小川の主!
農場自然散策

最後は、通称カワニナダムづくり
流れに変化をつけ水中の酸素濃度を高めたり、
エサとなる落ち葉を川底にとどめるためにつくります。
これまでも2か所に設置して効果が確かめられています。
杭を打つ岩手県立大学学生の栗谷川さん
卒業研究にホタルを選びました。
農場自然散策

淺井さんのお母さんと息子さんは
ダムに取り付ける枝を一緒にのこぎりで切りました。
はじめてのノコギリ体験 ・・・
農場自然散策

出来上がったカワニナダムを前に記念撮影
「とても寒い中、ありがとうございました」
ゲンジボタルの幼虫からのお礼の声が聞こえてきました?
農場自然散策

2時間の作業は無事終わりました。
来年の6月に行う夜のホタル発生状況調査で
また観察することを楽しみに終了となりました。
来年はさらにたくさんホタルが輝くでしょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。