019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

モリアオガエル観察会 1日目

2014/06/21 13:41

モリアオガエルの観察会 1日目
天気は晴れ、自然散策には最高の条件
しかし、モリアオガエルの観察は少し雨っぽいほうが良いのです!
今日は20名ほどのお客様がご参加になりました。
ガイドは齊藤 サブガイドは松葉
さっそく観察地に歩いて移動
子供たちと元気よく、蝶やトンボを見つけながら
モリアオガエル観察会

さっそく観察地の池でモリアオガエルの卵塊を見つけました。
岸辺の卵塊の中が溶けて、小さなオタマジャクシが動いています!
モリアオガエル観察会

木の枝についている卵塊も発見
卵塊の底が溶けて、オタマジャクシが落ちはじめていました。
モリアオガエル観察会

3箇所目の池は、10年前にはモリアオガエルの産卵池でしたが ・・・
今は、アメリカザリガニが大繁殖して、産卵が見られなくなりました。
昨年から、重点的に駆除していますが、なかなか減りません!
今回は、どの程度自然が復活してしているのかと、お客様と生物調査をしてみました。
モリアオガエル観察会

20分ほどで、ザリガニ20匹 
1匹だけ大きな成体 あとはまだ小さい幼体
幼体の割合が高くなっているのは、駆除の成果?
モリアオガエル観察会

長さ3cmほどの体が透き通ったヌカエビが10匹
アメリカザリガニに負けずに生き延びてきました。
モリアオガエル観察会

フナの子供が2匹つかまりました
これも昔から生息しています。他は何もみつかりませんでした。
トンボが飛び、モリアオガエルが産卵する池にするにはまだ遠いようです。
モリアオガエル観察会

アメリカザリガニと遊ぶ子供達
処分してしまうことに、かわいそうとの声も ・・・
池の生態系を守るためには必要なことと話すと、うなづいていました。
「トンボやゲンゴロウを守るために身のまわりで見つけたら駆除してね」と ・・・
モリアオガエル観察会

最後の観察地は、いろいろなトンボが舞い飛ぶところ
モリアオガエルの卵塊がたくさんモミジの枝についていました。
卵塊のそばで休むオスを見つけ観察
夜に、確保しておいたモリアオガエルのオスをみんなで観察
「かわいい ・・・」の歓声が
モリアオガエル観察会

卵塊探しから、生息環境調べ、
最後に豊かな自然を再生した蛙池でモリアオガエルと対面
2時間の観察会は、子供たちの熱気を残しながら終わりました。
「明日も来たい!」との声が ・・・
明日22日(日)が2回目で最終日となります。

(齊藤 :撮影松葉) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。