019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

案内人研修会でキノコ汁・・・秋満喫

2012/11/09 16:47

今年の農場自然散策は4月20日から11月4日まで開催して、約1000人ほどのお客様がご参加になりました。
毎日11時から12時まで、1時間ほどで散策コースを案内するウォーキング。
7人の散策案内人が反省や成果、課題持ち寄り研修会を持ちました。
(農場散策案内人は小岩井農場ファンの地元の方で、散策のお手伝していいただいています)
その中で、昼食時に自然散策コースの休憩所で味噌汁をつくりいただきました。
天気は良く、羊の放牧地と岩手山方面に虹が見えました。
虹

森の中で、晩秋の自然散策。倒木に生えたキノコを採りました。
農場自然散策

川底にはカワシンジュガイがたくさん並び、口を開けて水を吸い込み元気?にしていました。
今年もたくさんのお客様に、農場の中に残されてきた宝物、長寿、幼生を運ぶヤマメとの関係など、感動していただきました。
農場自然散策

具にするミズ(ウワバミソウ)の茎の筋をとりました。
むかごはもう落ちて少し固くなっていました。
農場自然散策

採ったキノコを川で洗いました ・・・
日差しが入り、冬型の天気の割には暖かい ・・・
農場自然散策

手製の釜戸で薪を使い味噌汁を作りました。
採ったキノコ、持ち寄ったキノコとミズを入れて煮ます ・・・
5種類のキノコが入りました。 まさに特製のキノコ汁!
農場自然散策

出来上がった味噌汁からはとてもいい匂いが ・・・
農場自然散策

持ってきたおにぎりとホウノキの落ち葉の上に並べ出来上がり ・・・
秋の味いっぱいのキノコ汁セット!
農場自然散策

食後は、100年杉の森の中を歩いてさらに研修。
見あげると樹齢100年の杉とカラマツがきれいなシルエットを見せていました。
農場自然散策

足元の朽木には、エノキタケ(ユキノシタ)が生えていました。
まだ痛んでいないきれいな姿です。
エノキタケ

森の中のオシダには、たくさんのヤマモミジの葉が落ちていました。
まるでクリスマス飾りの様 ・・・
オシダ

次は、雪化粧が秋景色に加わり、クリスマスの時季へと移り変わります。
小岩井農場まきば園では、11月は「木の実ひろいウォーク」や「アイスづくり体験」「しし座流星群観察会」、12月は「クリスマスリースづくり」と体験は続きます。

(齊藤)