019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

晩秋に向い 黄葉真っ盛り ・・・

2012/11/02 16:55

今日は低気圧の通過でまきば園は、風と雨が時々強くなり荒れた天気でした。
冬型の天気はとても気ままです ・・・ 時々虹も見えました!
その晴れ間に、ウォークコースを冬のスノーシューウォークに向けて整備をしました。
さらに黄葉が進む森をご紹介します。
朽木にエノキタケ、別名ユキノシタが生えていました。
キノコ

足元の倒木には、良くわからない変なキノコが ・・・
倒木もこの様にして土にかえっていきます。
キノコ
こんなに寒くなってもキノコたちの活躍の季節なのですね。

この場所は、夏のサワガニ観察会で子供たちの歓声があがっていたところです。
黄葉

川向いの斜面に立つミズナラの大木が見事に黄葉しました。
この足元にはカタクリやウスバサイシンが咲く貴重な場所です。
来年の春には、ヒネギヒチョウが見つかるかな ・・・ 昔は飛んでいました。
黄葉

イタヤカエデの黄葉は、鮮やかな色、樹高といい枝ぶりといい一番見応えがあります。
植林地周辺で大木が多く見られます。
農具などの材料として使える木で、昔から残されてきているそうです。
黄葉

樹齢100年のアカマツと並び、そびえ立つヤマモミジの紅葉を発見!
ツルの黄緑色の葉も加わって彩錦の色合いです。

紅葉

森の中で、ヤマブドウのようなおいしそうな実をつけているツルを見つけました。
はじめて見る植物です。
エビヅルやヤマブドウとは葉が違います。

アオツヅラフジ

調べて見るとアオツヅラフジらしいと分りました。
これであれば有毒だそうです!驚きです!
何度も歩いている散策路ですが、まだまだ気づいていない自然が見つかります。

(齊藤)