019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

いろいろなキノコが ・・・

2012/10/12 12:09

冷え込みがグッと厳しくなってきました。
朝夕はジャンパー一枚では寒いようです。
それとともに散策コースには、一気にいろいろな種類のキノコが顔を出してきました。
これは名前は分りませんがテングダケの仲間?
白い袋を破って傘が出てきています。

キノコ

2本並んでかわいらしいですね。
「アッ! また2本あった!」
このキノコは知っています。「ナラタケ」です。
このあたりではボリとかカックイとも呼んで食菌としてよく知られています。

キノコ

「また2本あった!」
傘の下がスポンジのようになっているのでイグチの仲間です。
ヤマイグチかな?ちょっと傘の模様が気になる ・・・

キノコ

また、また2本!
白い大きめな、きれいなキノコです。

キノコ

とても気になったので翌日も見てみました。
傘がすっかり開いていました。成長が速いですね。
傘の裏はうす紫色です。たぶんオオシロハラタケかな?

キノコ

小岩井農場のキノコはすべて2本並んでいるわけではありません。
2本並んだキノコがかわいらしいので選び撮影しました。
たくさん群生しているものもあります。

成熟して白い胞子をまき散らしているナラタケ。

キノコこちらは若いナラタケの株。

キノコ

キノコは成長が早く、胞子をまき散らすようになると形が崩れていきます。
一つのキノコを楽しめる期間は短く、雪が降るまで次々と姿を変えていきます。
農場自然散策で今だけの姿を、写真におさめてみてはどうですか!

 

(齊藤)