019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

ザゼンソウが顔をが出しました!

2012/03/09 12:11

先週でムーンライトウォークが終わりました。
今度は春の山野草ウォークがじはじまります。
第1弾はザゼンソウです。続いてミズバショウ、サクラソウと続きます。
2月24日にザゼンソウを観察した時は、芽の先が鳥につつかれて欠けていて、独特の赤紫色の仏炎苞を見ることができませんでした。
暖かい日が数日続いています。
今日は、猫石沢というまきばの天文館に近い観察地に下見に行きました。
道端のコブシの冬芽はまだ固いようです。
 コブシ 

森に入るとまだずいぶん雪が残っていますね。
小川の水が春の日差しを受けて輝いています。
去年のシダの葉がまだ青々としてます。
猫石沢 

覗いてみるとカワシンジュガイが砂地に立っていました。
カワシンジュガイ 

雪が早く解けている岸辺を歩き、ザゼンソウを探します。
1本発見! 赤紫色の仏炎苞がとても目立ちます。
ザゼンソウ 

隣の雪面に穴があいており、そこにもう1本ありました。
発熱して雪を解かしているのが良くわかります。
ザゼンソウ  

湧水がたまった湿地も早く雪が解けてそこにももう1本。
なかなか立派な株です。
ザゼンソウ 

スギの森で囲まれたこの観察地は、ザゼンソウがたくさん顔を出すようになると、仏炎苞の色違いや、形の変化などを楽しめるところです。
植林地 

3月17日からのザゼンソウウォークは、順調な雪解けで開催できそうです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。