019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

秋を感じて冬を待つ

2011/10/23 09:51

10月も後半になりました。
暖かい日、寒い日、交互にやってきます。
昨晩は暖かく、アマガエルが窓辺で鳴いていました。
ホタル沢では、カワニナやヤゴが川底でゴソゴソと動いていました。

ヤゴ

牧草地には牧草の若芽が、やわらかい緑色の大景観を作っています。
まさに小岩井農場の見所のひとつ。

矢取森牧草地

矢取森牧草地

牧草地のまわりの防風林には、秋の木の実が彩り良く並びます。
ガマズミの赤は特に目立ちます。

ガマズミ

コブシの赤はちょっと気持ちが悪い?

コブシ

今年デントコーンを刈り取った畑は、耕され来年の準備中。

長者舘牧草地

この日に家に帰り、あまりに夕日がきれいなので岩手山とススキを撮影しました。
小岩井農場の岩手山と形を比べてください。
ずいぶん違って見えます。
見る方向によって、それぞれの形があり、それが岩手山の魅力のひとつです。
下の写真は岩手銀河鉄道滝沢駅近くから見た夕日。
昔、宮沢賢治が滝沢駅で降り岩手登山に向かった方角で、東から見た岩手山です。

岩手山夕日

ススキ穂が季節風に飛ばされてしまう頃には、日もずいぶん短くなり冬が少しずつ見えてきます。

(齊藤)