LANGUAGE

まきば園だより

「銀河農場の夜2022 KOIWAI Winter Lights」では、一部「使用済み天ぷら油」を再利用して発電した電力が使われています。

2022/12/01 19:00

今年で9回目となるイルミネーションイベント「銀河農場の夜2022 KOIWAI Winter Lights」。
11月23日(水)から始まって1週間あまりですが、皆様もうご覧いただけましたか?
今回のイルミネーションには、一部「使用済み天ぷら油」を燃料にして発電した電力が使われています。

イルミネーション_入場口前.jpg

環境保全・持続型・循環型の事業運営に取り組む小岩井農場では、「雫石町福祉作業所 かし和の郷(NPO法人かし和の雫)」が家庭などから出るてんぷら油を回収して製造した「BDF燃料(バイオディーゼル燃料)」をイルミネーション会場の一部電力として使用しています。

バイオディーゼル発電機.jpg

これがBDF燃料を使用した発電機です。
「使用済み天ぷら油」から作られたBDF燃料等を使用し、NPO法人パートナーシップいわてのBDF発電機で発電しています。

バイオディーゼル看板.jpg

岩手県では、ごみの減量化とリサイクルを推進するために、古くからある"もったいない"という知恵を活かして「3R」(スリーアール)に基づくライフスタイルの実践を呼びかける『もったいない・いわて3R運動』を展開しています。
3Rとは:
・Reduce(リデュース):ごみの減量化
・Reuse(リユース):くり返し使う
・Recycle(リサイクル):資源として再生利用する

このことを知った上でイルミネーションを眺めてみると、より美しく見えるかも!?
ぜひ足をお運びください!

月別アーカイブ