LANGUAGE

まきば園だより

【団体プログラム】一般団体向け/小岩井農場めぐりバスツアー

2021/01/01 12:00

企業研修旅のお友達グループにおススメ!

小岩井農場めぐりバスツアー・モデルルート【所要60分~】


まきば園までお越しになったお客様ご利用のバスに当社の専門ガイドが同乗し、ふだんは非公開の牛舎や重要文化財施設をめぐります。

①まきば園駐車場よりご出発

IMG_0998.jpgのサムネイル画像

まきば園のバス駐車場にご集合。農場ガイドがお出迎えし、バスの運転手さん、添乗員さん、幹事さんと見学ルートの確認を行います。


②本部事務所 【国指定重要文化財】

本部事務所

明治36年(1903)建設。小岩井農場の中枢を担い続ける本部事務所。増改築を続けながら今日も総務や経理部門の従業員が活躍する現役の建物です。宮澤賢治が作品中に「本部の気取った建物...」と詠っています。


③四階倉庫(しかいそうこ)【国指定重要文化財】

3171四階倉庫.JPG

大正5年(1916)建設。家畜飼料の穀物を乾燥・貯蔵するための倉庫として建築された日本唯一の木造四階建て建造物。当時最新技術であった電動昇降機(エレベーター)が設置されました。現在は主に一階を倉庫として使用ていますが、その迫力ある姿は今も健在です。


④バイオマス発電施設

バイオマスパワーしずくいし

小岩井農場内にはバイオマス発電施設もあります。小岩井農場の家畜排せつ物と、周辺地域の食物残さなどを受け入れ、メタン発酵処理し、得られるメタンガスを利用して発電を行っています。さらに、途中の過程で得られた消化液(液肥)は農場の草づくりのために還元し、持続型・循環型農業を実践しています。


⑤上丸牛舎群(かみまるぎゅうしゃぐん)

上丸牛舎群

小岩井農場酪農発祥の地「上丸牛舎」には約300頭の牛が暮らし、毎日生産される生乳は農場内の工場でソフトクリームや低温殺菌牛乳などの乳製品になります。場内に建つ明治41年から昭和10年に建設された4棟の現役の牛舎、日本最古と言われる2基のサイロなど9棟の建造物が国の重要文化財に指定されました。


⑥小岩井農場の一本桜

小岩井農場の一本桜

東北の景色を代表する一本桜は小岩井農場にあります。桜の花の見ごろは5月の初旬ですが、四季折々に美しい姿がご覧いただけます。


ツアーのポイント

  • お客様ご利用のバスに農場ガイドが同乗します。
  • バスツアーですから、天候に左右されません。(警報が発令される悪天候は除きます)
  • 一般非公開の酪農生産現場がご覧いただけます。
  • 酪農業の現役で使用される建造物は、日本唯一の国指定重要文化財です。 
  • 上記のモデルルートの所要時間は約90分です。出発時間やツアー時間は、お客様のご要望に応じて調整します。

申し込み時のご注意

  • 事前予約制、お申し込みは7日前までにお願いします。
  • ご予約はガイドのスケジュールや現地事情によりお受けできない場合があります。
  • バスの受付台数は1~4台まで。それ以上は時間をずらした運行で対応します。
  • 酪農施設の見学では防疫上、消毒施設を通過し車両に消毒液を噴霧します。
  • 観光旅行から企業研修まで、お客様の目的に応じたプランをご提案します。

ご料金

バス/車1台ごとにつき、ガイド1名の派遣料:¥15,000ー(税込)

別途まきば園入場料・大人800円/子ども300円(団体料金あり)が必要です。

お申込みやお問合せはこちらからどうぞ

月別アーカイブ