019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

8月もまだまだ続く「100年の森がっこう」、親子が森で沢で全力で遊びました!

2017/08/09 16:38

8月第1週の「100年の森がっこう」は
岩手県市町村職員健康福利機構様BコースとCコースのご家族。
2日は49名で「モリアオガエルのすむ池に戻そう!」
アメリカザリガニ釣りを通して、生き物のこと、外来種のことなどを考える環境の取り組みです。

当日は最高の天気。
上丸牛舎の絵葉書のような景色を通って、上丸湿地へ!
8.1福利機構B (1).jpg

森の活動では家族が一致団結するのがいいところです!
8.1福利機構B (2).jpg

およそ1時間でみんなで126匹のアメリカザリガニを
駆除しました。
8.1福利機構B(3).jpg

4日、5日は親子29名2日がかりのティピ作り。
森から木を伐り倒して、大きな隠れ家をつくります。

まずはみんなでお昼の準備。
8.4福利機構 (1).jpg

サワガニ探し
8.4福利機構 (2).jpg

そしていよいよティピ作り、林業のお話から始まります。
8.4福利機構 (3).jpg

のこぎりを使うことも、木を伐ることも初めてのチャレンジ。
8.4福利機構 (4).jpg

8.4福利機構 (5).jpg

8.4福利機構 (6).jpg

丸太を12本、森の中に掲げて骨組みの完成!
8.4福利機構 (7).jpg

8.4福利機構 (8).jpg

森の隠れ家の作り方は自由!
枝や葉っぱ、木の実を使って、湧いてきたいろんなアイディアを形にしていきます。
8.4福利機構 (9).jpg

8.4福利機構 (11).jpg

8.4福利機構 (12).jpg

「道具の使い方もおぼえよう!」
子どもたちも真剣な表情。
8.4福利機構 (10).jpg

今年のアイディア賞(?)
ブランコはお父さん、お母さん、子どもたちの共同作業。
8.4福利機構 (13).jpg

完成!!
29人のイマジネーションが詰まったティピができました!
8.4福利機構 (14).jpg

100年の森での体験が、夏休みの親子の素敵な思い出に
なってくれたら嬉しいです!

佐藤 長内