019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

朝からいい天気の小岩井農場です。

上丸牛舎
文化財の牛舎の赤い屋根が青空に映えます。
牛たちは日差しがきついのか、みんな日影に退避中。

牧草作業
そんな日差しの中、今年も牧草の一番刈が始まりました。
牛たちのエサとなる干草を作っています。
写真は刈り取った牧草を反転させてまんべんなく乾かすための作業の様子です。
三日間くらい天日干しをしたいので、向う三日晴れている日を選んで刈り取ります。
天気予報とにらめっこしつつ、時間との勝負です。

さて、番外編。

大地の恵み
農場内のとある畑に現れた親子のかかし。
農場の社員がつくる畑作業の同好会で立てました。
秋まで野菜の成長を見守ってくれます。

(野沢)

小岩井農場の森のファンとネイチャーガイドが一緒に
森で汗を流す環境の取組み。自然再生ボランティアを
21日(日)実施しました。
新緑のカツラの木の下が森の教室です。
521自然再生タンポポ (7).jpg

今回のテーマは「ニホンタンポポ保護」。
小岩井農場の森のニホンタンポポ自生地の周辺に咲く
セイヨウタンポポを引っこ抜きます!
521自然再生タンポポ (8).jpg

じっくり観察するとその違いは一目瞭然。
ニホンタンポポの生き生きとした姿、鮮やかな黄色は
嬉しくなります。
まずは株数の調査をしました。
521自然再生タンポポ (2).jpg

521自然再生タンポポ (3).jpg

521自然再生タンポポ (13).jpg

そして作業開始!
521自然再生タンポポ (9).jpg

子どもたちも頑張りました!
521自然再生タンポポ (10).jpg

521自然再生タンポポ (11).jpg

ニホンタンポポを守った9名の勇者たち。
汗だくになりましたが、充実感を感じた3時間でした!
521自然再生タンポポ (6).jpg

最後はソフトクリーム券のプレゼント!
521自然再生タンポポ (4).jpg

ご参加ありがとうございました!
自然を愛するたくさんのお客様と、ボランティアさんの
ご協力で維持管理している小岩井農場100年の森。
これからもたくさんのお客様や子どもたちが、歩いたり、
自然体験を楽しめる森をめざして、コース整備やツアー作りを頑張ります!

(佐藤 長内)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

21日(日)サクラソウ観察会最終日は快晴!
真夏のような暑さでしたが、森の中は新緑、
気持ちのいい風が吹きました。
トラクタートレインと笑顔で、「行ってきまーす!」
0522サクラソウ (1).jpg

マイヅルソウも満開。
道端の春のお花を楽しみながら、観察地へ向かいます。
0522サクラソウ (2).jpg

到着!満開のサクラソウが迎えてくれました。
0522サクラソウ (5).jpg

のんびり眺めたり、じっくり写真を撮ったり。
「がんばって歩いたかいがあった~!」
0522サクラソウ (4).jpg

花びらの色や形、個性の違いが自然のサクラソウ観察の
おもしろさです。
0522サクラソウ (3).jpg

0522サクラソウ (7).jpg

びっくり!!
0517サクラソウ.jpg

最後は小岩井農場のサクラソウの環境を守る取り組み、
「自然再生ボランティア」を紹介。
今年は、10月21日(土)13:00~16:00開催します。
ネイチャーガイドと小岩井農場の森のファンとが、
サクラソウの森づくり。一緒に森で汗を流します。
0522サクラソウ (8).jpg

次回観察会特別版は27(土)28(日)の「初夏の妖精観察会」
そして、サクラソウはまだまだ見頃。
平日の1時間の森林浴「農場自然散策」10:30~11:30で
たっぷりご覧いただけます!

(佐藤 斉藤(由))

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

20日(土)は快晴の散策日和。
満開のサクラソウ観察に33名様が集まりました!
520サクラソウ (1).jpg

小岩井農場の森は新緑の散策ベストシーズン。
観察地までのんびり進みます。
520サクラソウ (8).jpg

サクラソウだけではありません。
春の山野草が一斉に咲き誇ります!
マイヅルソウ、チゴユリ、エビネも咲き始めました。
520サクラソウ (2).jpg

520サクラソウ (4).jpg

520サクラソウ (3).jpg

そして満開のサクラソウ!
520サクラソウ (6).jpg

群落では写真を撮ったり、じっくり観察したり、
思い思いにサクラソウの顔の違いを楽しみました。
520サクラソウ (5).jpg

やっぱり水辺が絵になるサクラソウ。
520サクラソウ (7).jpg

こちらは先週の観察会の様子。
小雨で参加者が少なかった分、サクラソウをたっぷり満喫。
514サクラソウ (1).jpg

雨の雫をまとったサクラソウもまた素敵です。
0514サクラソウ (3).jpg

0514サクラソウ (4).jpg

山野草を間近でご覧いただけるのが小岩井農場の自然散策のいいところです。
0514サクラソウ (2).jpg

いよいよ今日21日(日)が最終日。
満開のサクラソウをぜひご覧ください!

(佐藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

この時期の森は日増しに鮮やかになっていきます。
一昨日のブログでは、今年の開花は遅めで「まだつぼみの株も多い」とお伝えしましたが、ここ2日間で一気に咲きそろいました。
5.12サクラソウ (1).jpg

新緑の森がピンク色に染まります。
満開のサクラソウを見ると、なんとも嬉しい気持ちになる、
そんな花です。
5.12サクラソウ (3).jpg

5.12サクラソウ (4).jpg

「サクラソウ観察会」開催日は
5月 13(土)14(日) 20(土)21(日)の4回。
10:00受付開始 10:30~12:30の2時間の森の散策です。
最終日まで楽しめそうです!

平日の「農場自然散策」でもご覧いただけます。
こちらは10:30~11:30の1時間の森林浴。

新緑の森を歩きましょう!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年はザゼンソウ、ミズバショウ、カタクリと春の花の
開花は遅め。サクラソウも例年より遅めの開花となりました。
サクラソウ51.jpg

まだつぼみの株もかなりあります。
今週末にはほぼ咲きそろってくれそうですが、
2週目の方が満開かな、という現時点での状況です。
P5072613.jpg

「小岩井農場100年の森」のベストシーズンです!
水辺のサクラソウを眺めながら新緑の森を歩きましょう!
 10:00 受付開始
 10:30 出発
 12:30 終了予定
そして今回のサクラソウ観察会は「ガイドと食べるランチ会」
も開催しますよ!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

ゴールデンウィークを迎え、連日にぎわっています小岩井農場。
園内で様々なイベントを開催しておりますが、春の「100年の森」もおすすめです!

まずはお子さんにも大人気「トラクタートレイン」
トラクターが客車を引っ張り絶景「100年杉林道」や、
牧草地の大景観など、農場らしい景色を回ります。
そして、この度新人ガイド長内がデビューしました!
笑顔が初々しいそのガイドぶりにも注目です!
10:00、11:00、13:00、14:00、15:00の1日5便運行します。
(5/4~6は9:00~の特別便も運行)
トラクターツアー.jpg

トラ長内.jpg

2つめは農場自然散策。
気持ちのいい春の森をガイドが季節のお花を紹介しながらの
1時間の森林浴。10:30出発です。
(参加料大人500円、小学生300円、幼児無料)
ただいまの見頃はキクザキイチゲなどの春の妖精たち。
そしてミズバショウもまだ見られますよ。
ミズバショウとキクザキ (2).jpg

最後は100年の森「春のスタンプラリー」
チェックポイントでスタンプを押しながら、小岩井の森のマスコット「アベア」を道しるべに春の森を散策します。
こちらはガイドなしで、ご家族やグループ(もちろんお一人でも!)で森を回ります。
ネイチャーガイド作のチェンソーアート、新作アベアにも注目です!
受付は9:00~15:00、およそ45~60分のコースです。
(参加料:1グループ1000円、ゴールで200円の売店利用券をプレゼント!)
春のスタンプラリー (7).jpg

春のスタンプラリー (5).jpg

いずれの体験も入場口を入ってすぐ左の特設テントで受付しています。たくさんのご参加お待ちしております!
春の森を歩きましょう!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。