019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

本日6月25日(土)から始まります「ホタルの観察会」、
昨日の下見ではゲンジボタルは30頭、ヘイケはまだ出始めで数頭~10頭。
例年よりも少し早めの発生で、ゲンジは6/25(土)・26(日)、7/1(金)・2(土)・3(日)が見頃となりそうですので早めのご参加をお勧めします!
622下見1.jpg

2622下見.jpg

昨年は一番多い日は200名以上のご参加をいただきにぎわいました。
ゆったり観察したり、じっくり写真を撮りたい方には(一般観察会ではホタルの写真撮影をお断りしております)
プライベートプラン「ホタルひとり占め観察会」がおすすめです。
期間中の月~木曜にご予約限定1組様で実施します。

森を歩きますので歩きやすい靴と、お持ちの方は懐中電灯ご持参でのご参加お待ちしております。

(佐藤 齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

いよいよ今週末25日(土)から始まる「ホタルの観察会」。
昨日の下見ではホタル沢のゲンジボタルはおよそ10頭
(ホタルは「トウ」と数えます)、カワズ池のヘイケボタルは
2頭でした。
極めて難易度の高いホタルの撮影。
今年の初ホタルは見えるでしょうか?
ホタル622.jpg

開催日 6月 25(土)、26(日)   
    7月   1(金)~3(日)
          8(金)~10(日)
        15(金)~17(日) の計11回
時間 19:30~ガイダンス
   20:00~20:45ホタル観察

森の中を歩きますので、歩きやすい靴でお越しください。
お持ちの方は懐中電灯をご持参ください。

ゲンジは6/25(土)・26(日)と7/1(金)・2(土)・3(日)
が見頃になりそうです。
ヘイケは少し遅れて発生し、楽しめる期間が長いのが特徴です。
ゲンジとヘイケ、光の競演をぜひお見逃しなく!

そして今年はプライベートプラン「ホタルひとり占め観察会」を期間中の月~木曜日に実施します。
5名~20名様まで、お一人1,500円のプライベートツアーは
1日1組限定ですのでご予約はお早めにどうぞ!

観察会の他にも「小岩井農場のホタルまつり」と題しまして
「トラクターバス夕暮れ号」や「惑星の観察会」、
そして「ホタルディナー」などなど盛りだくさんでお待ちしております!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

18日(土)19日(日)と開催したモリアオガエル観察会は
2日間で41名のご参加がありました。
そのうちお子さんは17名、これまでのお花の観察会とは
また違うにぎやかな雰囲気。
619モリアオ (5).jpg

まずは園内のカワズ池でモリアオガエル探し。
619モリアオ (9).jpg

池に落ちたモリアオガエルの卵をさわってみます。
「気持ちわるい~」
619モリアオ (10).jpg

産んだばかりの卵と、1週間ほど経った卵。
619モリアオ (4).jpg

あわあわの中によく見ると卵が見えます。
619モリアオ (3).jpg

こちらは平日ガイドが撮った写真。
雨の日はモリアオガエルに会える確率が高まります。
619モリアオ (1).jpg

メスに群がるオスたち。
夜の産卵の準備です。
619モリアオ (2).jpg

森を散策しながら、後半は上丸湿地の池に移動。
さながら森の教室です。
「みんなにはモリアオガエルお助け隊になってもらいます!」
619モリアオ (6).jpg

10年前は農場内で一番モリアオガエルのいた池は
今は大繁殖したザリガニ池に。
619モリアオ (12).jpg

みんなでザリガニ退治をして
「モリアオガエルの住む池にもどそう!」
619モリアオ (7).jpg

619モリアオ (13).jpg

カエルを探したり、サンショウの香りをかいだり、クワの実を
味わったり、五感を使って森を満喫しました。
これからの季節は森あそびには最高の季節です。
今週末から開催予定のホタル観察会、夏休みは沢遊びに、
虫探し、9月のサワガニ観察会へと続きます。
親子で森に出かけましょう!

(佐藤 十二林)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年初開催の「コケ観察会」は企画したスタッフもびっくりの
連日の大盛況。この日も21名のご参加がありました。
まずはルーペの使い方教室からスタート。
コケ612 (1).jpg

園内は真夏のような暑さでしたが、森の中は心地よく、
木漏れ日の沢沿いを歩いてるだけでも気持ちいい
散策日和でした。
コケ612 (2).jpg

岩の上、切り株の上、沢の中、コケはいたるところにあります。
コケ612 (8).jpg

本日のコケ写真集。
コケ612 (3).jpg

コケ612 (4).jpg

コケ612 (5).jpg

コケ612 (10).jpg

コケ612 (7).jpg

コケ612 (9).jpg

みなさんコケの魅力にすっかりはまってしまったご様子。
「奥入瀬にも行ってみたい!」「秋にも開催してほしい!」
という声も上がりました。
コケ612(15).jpg

今週末18(土)19(日)は「モリアオガエル観察会」です。
あわあわ卵を探し、モリアオガエルを探し、最後は
アメリカザリガニ釣りもする親子に大人気のウォークです。
梅雨入りもなんのその、親子で森へ出かけましょう!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スタートはホタル沢でルーペの使い方教室。
コケ観察のマストアイテムです。
611コケ高山 (1).jpg

前半戦は猫石沢の岩の上のコケを観察。
みなさん長靴で準備万端、沢に入っての観察です。
コケ6 (1).jpg

611コケ高山 (3).jpg

普段は素通りしてしまうような場所に、実に様々な形の
コケが見つかります。
611コケ高山 (4).jpg

611コケ高山 (5).jpg

ルーペで覗いた時のコケの鮮やかさ、美しさにみなさんびっくり。
コケ6 (3).jpg

後半は逢ノ沢沿いの切り株のコケ観察。
その姿はまるで天然のコケ盆栽か、コケアート。
コケ6 (4).jpg

コケ6.11(10).jpg

ミクロの世界のあっという間の2時間でした。
みなさんコケの魅力にすっかりはまってしまったご様子。
来年も開催することを約束しゴールとなりました。
コケ6 (5).jpg

「コケの観察会」は明日12日(日)も開催します!
沢に入りますので長靴をご準備ください。
ルーペをお持ちの方はご持参いただけるとありがたいです。

(佐藤 高山 十二林)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

6月4日に実施しました健康保険組合連合会岩手連合会様の
ウォーキングイベントをご紹介します。
4年目の今年は小岩井農場の森最高の406名のご参加が
ありました!

健保連6 (1).jpg

数日前までは天気が心配されましたが、快晴の散策日和に!
4グループに分かれ新緑の森を歩きます。
健保連6 (2).jpg

今年は初めての企画の植樹体験も実施しました。
森での作業は家族が一つになります。
いい汗をかいた後はまた散策にスタート!
健保連6 (3).jpg

健保連6 (9).jpg

小さなお子さんでも大丈夫。
平らな森をのんびり歩けるのが小岩井農場の森の良いところです。
健保連6 (4).jpg

子ども達の自然体験「100年の森がっこう」のフィールドも
通りました。夏には沢遊びをしたり、隠れ家を作ったり。
夏休みは親子で森で全力で遊びませんか?
子供会や団体様毎で受付中です。まずはご相談ください!

健保連6 (11).jpg

森あり、沢あり、牧草地の大景観ありと、地元の皆さんも
「小岩井農場にこんなところがあったんだー!」
と新たな発見。
健保連6 (6).jpg

健保連6 (5).jpg

最後は羊ショーが見える「星と自然館」前でゴール!
新緑の森を満喫したあっという間の2時間半となりました。
健保連6 (8).jpg

散策や自然体験、トラクターバスなどなど夏に向けて
森はますますにぎやかになります。
ぜひまた季節をかえて「100年の森」で会いましょう!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

5月29日(日)は昨年から始まった「自然再生ボランティ
ア」に10名のご参加がありました。
自然ガイドとお客様が一緒に気持ちの良い汗をかきながらの
森作り。自然再生と環境について考える取り組みです。

今回は初の試みとなる「ニホンタンポポ増殖大作戦!」
農場の上丸湿地に群生するエゾタンポポですが、その周りには
セイヨウタンポポも広がっています。
方法は簡単、セイヨウタンポポを根こそぎ引っこ抜きます!

根を残すとまた出て来るので大胆かつ繊細に。
タンポポ529 (1).jpg

家族で力を合わせて。
タンポポ529 (2).jpg

季節の山野草を眺めるいつもの散策とは一味違う
森とのかかわり方です。
タンポポ529 (4).jpg

駆除したセイヨウタンポポは220株!
ほぼ同じ数のエゾタンポポを確認できました。
タンポポ529 (6).jpg

たくさんのご参加ありがとうございました!
今後も継続していき、小岩井農場の森だけではなく、地域や
岩手県内へ広がっていくような取り組みにしていきたいと
思います。

「記念すべき第1回目の勇者たち」
タンポポ529 (7).jpg

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。