019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

昼間は雨も降った小岩井農場。
ムーンライトウォークの開催は難しいかと思われましたが、
18時頃から月やオリオン座も顔を出し好条件に。
岩手大学の学生4名様のご参加がありました。

小岩井農場の夜の森と雪原をまさに貸しきり状態。
雪原ではキャンドルを灯しました。
月明かりが雪原を照らし、幻想的な世界が広がります。
2.18ムーンライト (1).jpg

2.18ムーンライト (2).jpg

森の中ではランプの灯りとホットココア。
冬には冬の楽しみ方があります。
2.18ムーンライト (3).jpg

こちらは前日の下見の様子。
2.18下見.jpg

雪原に浮かぶオリオンや冬の大三角をはじめとする冬の星座たち。
冬の夜の森、見たことのない世界が待ってますよ!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

いよいよ明日19日(金)からムーン&スターライトウォーク
が始まります。
スノーシューを履いて夜の雪原や森を歩きますが、
真っ暗闇ではありません。
月明かりや星明かりが雪原を照らしボワーッと浮かび上がる
幻想的な景色が広がります。
2.21ムーン1.jpg

見どころは何と言っても、星空観察。
雪原の真ん中に立つとまさに満天の星空。
街灯りも邪魔しない、森や木など遮るものもない雪原は
星空観察にはもってこいの場所なんです。
ガイドが冬の星座を紹介しながら歩く、一年で一番
ロマンチックな散策でもあります。
2.21ムーン4.jpg

開催日は
2月 19日(金) 20日(土) 21日(日)
3月  4日(金)  5日(土)  6日(日)
    11日(金) 12日(土) 13日(日)
18:00受付開始、18:30出発20:30終了予定の
2時間の散策です。

2月の月の大きい期間は雪原に浮かぶ
月を眺めながらの「ムーンライトウォーク」、
3月は星空観察メインの「スターライトウォーク」。
冬の夜の森、昼間とはまた違う自然の魅力見つかります!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

2月13日(土)小雨が降りましたが積雪量は十分!
静岡県から1組がご参加。岩手の冬を楽しみに森や雪原へ。
2.13スノーシュー①

動物の存在を感じられる、にぎやかな冬の森をガイドの佐藤が解説。
SL草地にたくさん足跡をつけた野ウサギは、農場内でよく見られる野生動物の1つです。
2.13スノーシュー②

キツネやタヌキの足跡も・・・
「キツネとタヌキは化け方が違うんだよ。」女の子が言いました。
2.13スノーシュー③

イタチやテンの仲間も・・・
2.13スノーシュー⑦

リスの足跡も・・・木から木へ食べ物を探しまわって木の実を食べます。
2.13スノーシュー⑨

これがそうです。松ぼっくりの芯だけ残して、きれいに実を食べてますね。
2.13スノーシュー㉑

セッケイカワゲラが広い雪原を歩きまわっていました。
2.13スノーシュー⑳

体長数ミリ。虫眼鏡でじっくり観察。
2.13スノーシュー⑲

100年杉林道で記念写真
2.13スノーシュー⑥

人工林の生産現場をグングン歩きました。
2.13スノーシュー⑦

植林地に野ウサギが苗木を食べに来ます。
野ウサギが来るのを息をひそめて待ちました・・・今日は来ませんでした。残念。
2.13スノーシュー10

今日もアイスクリームがおいしく完成。
甘くて美味しいものを食べて充電完了。
2.13スノーシュー⑪

沢のせせらぎを聞きいたり、水辺の生き物を佐藤が解説。
2.13スノーシュー⑫

広大な長者舘牧草地で記念撮影。
2.13スノーシュー⑬

広大な雪原を「雪渡り」
2.13スノーシュー⑭

2.13スノーシュー⑰

2.13スノーシュー⑱

2.13スノーシュー⑯

モヤに包まれている雪原
向こうにある林が見えないほどの濃いモヤをじっと見つめていると、あそこへ吸い込まれるような感覚にハッとしました。
2.13スノーシュー⑮

森の中で最もいい匂いの木の1つ、クロモジ。
爽やかな匂いを嗅いでウォーク終了。
2.13スノーシュー㉒

小岩井の森で、目耳鼻口手足を存分に使って自然を満喫!
「岩手の冬も好きになった!」女の子が言いました。
静岡県では見られない風景に感動なされている様子でした。

2月19日(金)からムーン&スターライトウォークを開催します!
幻想的な月明りのに照らされた雪原をスノーシューで歩きます。
2.13スノーシューs

ガイドが冬の星座を解説し、星のお話も聞けます。
2013.5.4 106ss.jpg

今月の開催日は2月19日(金)・20(土)・21(日)、
18:00受付~18:30ウォーク~20:30終了予定。
良く晴れた月の無い夜は、星がたくさん輝いています。
どうぞ、夜の小岩井農場へ素敵な時間をすごしに来てくだい。

(花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

快晴のスノーシューウォーク日和。
今シーズン最高(団体予約を除く)の27名のご参加がありました。
今日はスノーシュー初挑戦のご家族が多かったです。
そして最年少は歴代タイ記録の3歳7か月!
にぎやかにスタートです!
2.11スノーシュー (1).jpg

出発してすぐ見つかったウサギの足跡。
駐車場のすぐ裏、野生動物はじつはすぐ近くを歩いているんです。
2.11スノーシュー (2).jpg

雪原とSLと岩手山。
小岩井農場のスノーシューウォークでしか
見ることができない景色です。
2.11スノーシュー (4).jpg

100年杉林道で記念撮影。
2.11スノーシュー (5).jpg

林業の生産現場でもある農場の森。
この冬、間伐を終え林の中に陽射しが入る気持ちのいい風景。
小岩井農場の景観は山林部や酪農部、環境緑化部、
生産活動によって造られています。
2.11スノーシュー (6).jpg

100年杉林道をぐんぐん進んでいきます。
2.11スノーシュー (7).jpg

今週末はかなり気温が上がる予報、
しぶき氷を見られるのも今日まで?
2.11スノーシュー (8).jpg

そして最後は長者舘雪原と岩手山!
2.11スノーシュー (9).jpg

家族で写真を撮ったり、寝転んだり思い思いに
雪原を満喫しました。
2.11スノーシュー (10).jpg

長者舘雪原を「雪渡り」してゴールとなりました。
2.11スノーシュー (11).jpg

2.11スノーシュー (12).jpg

2.11スノーシュー (13).jpg

2.11スノーシュー (14).jpg

希望郷いわて国体のデモンストレーションスポーツにも
選ばれた「スノーシューハイキング」。
興味を持たれた方はぜひ体験しに来てください!
平らな森や雪原をのんびり歩く小岩井農場の
スノーシューウォークはスノーシュー初挑戦には
もってこいのフィールドです。
お待ちしております!

スノーシューウォークは今シーズン残すところ
2月13日(土)14日(日)の2回で最後になります。
2月19日(金)からはスノーシューを履いてのナイトウォーク、
「ムーン&スターライトウォーク」が始まります。

(佐藤 撮影花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

暦の上では「春」が立ちましたね。
旧暦では一年の始まりを「立春」からと考えられたそうです。
春が始まり、日々めぐる季節とともに、様々な出来事や営みが繰りかえされていくことでしょう。

「春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえてすずしけりかり」(道元禅師)

二十四節気ほぼ定点観測「立春の岩手山」
立春

「希望郷いわて雪まつり」開催中!!
子どもたちの楽しそうな声が絶えない雪の滑り台
立春

ソリを繋いで歩く様子が微笑ましいですね。
立春

スリル満点スピード感が楽しいスーノートレイン
立春

職人さんが一つ一つ削って手づくりした氷像
立春

LEDできれいに装飾されたユキマツリーと軒を連ねる屋台。
屋台のおいしいご飯を食べると、体が温まり食欲も満たされます。
立春

期間中毎晩18時30分に打ち上がる「ファンタジー花火」
立春

早朝ほぼ定点観測中にふと白羊舎を見たら、冬休み中の羊が陽当たりの良いパドックで日向ぼっこをしていました。
立春

余寒厳しい日々ですが、「春が来る・・・」一度言葉にすると気持ちがもう春へ向かって明るくなる気がします。
また、2月7日(日)まで第49回希望郷いわて雪まつり開催中!!
「食」と「イベント」と「雪遊び」をたくさん満喫しに来てください!

(花田)