019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

関東からいらした3人のお客様をご案内しました。
晴れて暖かく、絶好の散策日和
長靴に杖を持ち準備OK
プレミアムウォーク

収穫体験用に育てていたキノコを収穫
「お友達へのお土産にしたい」とナメコ ヒラタケを採りました。
プレミアムウォーク

樹齢100年のスギ林の中
ヤマモミジなどが見事に色づいて見ごろ
PA280009a.jpg

最後の牧草を収穫し終わった仁沢瀬牧草地
広大な大景観を眺めながら歩きました。
仁沢瀬

ガマズミ、ムラサキシキブ、マタタビなどの木の実を観察
お客様からも植物名が次々と出て 楽しい雰囲気
プレミアムウォーク

新しく整備している森林体験フィールド
手作りのベンチに座り、渓流や紅葉を楽しむ。
足元には、大きなミズナラの実が落ちていました。
プレミアムウォーク

落ち葉が目立つ、100年杉林道で記念撮影
プレミアムウォーク

2時間30分のプレミアムウォークは終了
こんなに歩いたのに・・・
お客様はスタート時よりお元気になられたように見えました。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

日増しに気温が下がり、陽の短さを実感する今日この頃。
二十四節気ほぼ定位置撮影「霜降の岩手山」
霜降0647.jpg

まきば園界隈の紅葉が綺麗に彩っています。
残り少ない秋を、存分に楽しみにおいでください。
霜降0631.jpg

(花田)

11月1日(日)に開催する自然再生プロジェクト
パート3「サクラソウ保護増殖」の準備のために
小岩井農場の大きなサクラソウ自生地の一つ巡り沢に向かいました。
今日は良い天気 岩手山は雪化粧 ヤマモミジが真赤に紅葉
岩手山

観察地に到着 調べていると!
ザゼンソウの立派な仏炎苞が顔を出していました。
仏炎苞中の花序はさすがに開花はしていませんでしたが ・・・
10月にこのような姿を見つけたのは初めて! びっくり!
ザゼンソウ

まわりの畑では、デントコーンや牧草の刈り取りも終わりました。
農場自然散策

来春に向けてザゼンソウは早い準備を進めていました。
年明けには一面の雪原となり、ザゼンソウも雪に埋まります
私たちはお客様とスノーシューを履いてここを歩いているでしょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は岩手山が再び白く雪化粧、とても寒い日になりました。
農場自然散策特別版として開催した自然再生プロジェクト
「ホタルの保護増殖体験に」に7人が参加しました。
皆様、小岩井農場のホタル観察会にいらした方々でした。
最初は、ホタル観察会の会場となったホタル沢で
ゲンジボタルの餌となるカワニナの生息調査
農場自然散策

小川の中に、泥にまみれて見つけにくいカワニナを発見
落ち葉を食べて成長しています。
目が慣れてくるとどんどん見つかりました。
カワニナ

次は、カワニナの餌となるクレソンを岸辺に植えました。
クレソンがこの流域に自生しています。
盛岡市からおいでの福士さんご一家は、
お父さんが中心となり作業を進めました。
農場自然散策

流れがあまり強くないところを選び植えました。
以前にも植えてみましたが、大水で流されてしまいました。
農場自然散策

移植中に女の子がとても大きなカワニナを見つけました。
貝長は4cmほどあります。
これまでたくさんの子貝を産んできたこの小川の主!
農場自然散策

最後は、通称カワニナダムづくり
流れに変化をつけ水中の酸素濃度を高めたり、
エサとなる落ち葉を川底にとどめるためにつくります。
これまでも2か所に設置して効果が確かめられています。
杭を打つ岩手県立大学学生の栗谷川さん
卒業研究にホタルを選びました。
農場自然散策

淺井さんのお母さんと息子さんは
ダムに取り付ける枝を一緒にのこぎりで切りました。
はじめてのノコギリ体験 ・・・
農場自然散策

出来上がったカワニナダムを前に記念撮影
「とても寒い中、ありがとうございました」
ゲンジボタルの幼虫からのお礼の声が聞こえてきました?
農場自然散策

2時間の作業は無事終わりました。
来年の6月に行う夜のホタル発生状況調査で
また観察することを楽しみに終了となりました。
来年はさらにたくさんホタルが輝くでしょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

快晴の小岩井農場
秋が深まり、紅葉、黄葉と森が色づいてきれいです。
季節の自然を農場自然散策で紹介している
案内人の方々が研修会を行いました。
来年から森林体験で本格的に利用する
逢ノ沢の岸辺に森の体験広場を作りました。
さっそく準備した天然のキノコで調理開始!
農場自然散策

ムキタケ マスタケ ナラタケなどを入れて味噌汁に
農場自然散策

毎年、この時期に実施している研修会
手際よく作業は進みました。
農場自然散策

出来上がったキノコ汁を、
杉を半分に切ったオリジナルテーブルでいただきました。
農場自然散策

後半は、森の中で自然を研修
見慣れないキノコを見つけては・・・
農場自然散策

ミズナラの倒木で見つけたムキタケ
キノコ

こちらの倒木にもたくさん!
農場自然散策

終わりに夕日を受けた岩手山を眺めながら終了!
開催日数が残り少なくなった農場散策
案内人の方々は、今日学んだことを生かそうとやる気まんまんです。
岩手山

農場自然散策は11月3日(火)まで開催
10:00スタート 11:30終了  
秋の小岩井農場を案内人と一緒に歩いて楽しみましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

来春3月下旬から4月上旬に開催予定の
ザゼンソウ観察会の準備で環境整備を行っています。
湿地の木道のまわりに咲くたくさんのザゼンソウが楽しみ!
自然散策

観察地周辺の森には秋の恵みがいっぱい ・・・
色づいて並ぶマタタビの実
木の実

ノブドウも青色や紫色がまじる独特な色合いの実をつけていました。
草の実

黄色とオレンジ色が鮮やかなツルウメモドキ
木の実

ウルシの赤い葉、ガマズミの赤い実
木の実

ムラサキシキブの実の紫色は目立ってきました。
葉も黄葉しきれいな姿になってきました。
木の実

逢ノ沢渓流では、ミズナラやアブラチャンなどが黄葉
ヤマモミジやウルシの紅葉もはじまりました。
逢ノ沢

農場自然散策では、秋の黄葉や木の実を楽しむことができます。
ガイドと一緒に歩きましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

青空が見えたり、小雨が降ったり変わりやすい天気
小岩井農場での木々の葉が色づきはじめました。
プレミアムツアーに東京からいらしたご夫婦がご参加
狩猟などをして自然に親しむ旦那様と一緒にお仕事をして支えてきた奥様
お会いするなり、親しく話しがはじまりました。
長靴を履いて、草地や大地を踏みしめながら
自然散策コースを歩きました。
途中、100年杉林道や森の中で記念撮影
プレミアムツアー

プレミアムウォーク

森の中では山菜や色づいた木の実がたくさん見られます。
黄葉したゼンマイを観察
秋になり成長した山菜の姿はあまり知られていません。
プレミアムウォーク

途中、にわか雨が降り出し雨宿り
星と自然館に立ち寄り羊ショーを見学
「猟犬を飼っていたので牧羊犬には興味がありました」と
プレミアムウォーク

その後、私が担当する天文台へ
口径20cm屈折天体望遠鏡で投影された太陽を観察
雲が晴れ太陽黒点がいくつか観察できました。
プレミアムウォーク

帰り道、羊飼いの木股さんと羊や牧羊犬を話題にお話を
プレミアムウォーク

変わりやすい天気の中、
お客様と尽きない話題の花が咲き、楽しく歩きました。
「花がきれいな春に、もう一度お会いしましょう」とお約束してお別れしました。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

秋の森で木の実拾い

2015/10/10 17:34

3連休初日はぽかぽかの快晴!
木の実を拾いながら秋の森の散策を楽しみました。

園内にもたくさんの木の実が見つかります。
こちらの丸いぼんぼりはプラタナス。
10.10木の実 (1).jpg

ブナの実は今年は豊作のようです。
10.10木の実 (2).jpg

人気者トチの実。
10.10木の実 (3).jpg

かわいいような、気持ち悪いような木蓮の実。
10.10木の実 (4).jpg

ナナカマドの後ろにはヤドリギ。
10.10木の実 (5).jpg

森の中もゆっくり歩くといろんな色が見つかります。
鮮やかな紫はムラサキシキブ。
10.10木の実 (6).jpg

ガマズミは爽やかなリンゴの味。
10.10木の実 (7).jpg

クリ拾いもお忘れなく。
10.10木の実 (11).jpg

そしてゴールは上丸カツラ。
10.10木の実 (8).jpg

木の下へ行くとカラメルのような甘い香り。
10.10木の実 (9).jpg

秋の森を満喫したあっという間の2時間でした。
本日の収穫。
10.10木の実 (12).jpg

「秋の森で木の実拾い」は11日、12日も開催します。
のんびり秋の森を歩きましょう。

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

10月10日は「前後の日と比べて晴れやすい」「晴れの特異日」だそうです。
実際に、今日の天気は秋晴れで心地良い行楽日和になりました。

二十四節気ほぼ定位置撮影で、寒露の岩手山。
寒露0579.jpg

ハロウィンランタン作り!農場産サツマイモを100人で焼き芋大会!など、小岩井農場収穫祭を開催中です。
宮城県から、遊びに来てくれたご家族が制作した傑作。
ユニークなハロウィンランタン
寒露0589.jpg

すっかり日が暮れるのが早くなりましたね。充実した秋の小岩井農場をすごしに来てください。

(花田)

プレミアムツアー2日目のウォーキングに
2組4人の客様がご参加になりました。
青空は見えるものの、北東の冷たい風が吹いて
足元にはたくさんのコナラの実が落ちていました。
今年の木の実は豊作
木の実

散策路の入口に並ぶオオウバユリの実は目立ちます。
「この実は何でしょう」と質問が
「湿った所に生える野生のユリ、夏には白い大きな花が咲きました・・・」
草の実

水辺に咲くトリカブトの花はまだ見ごろ
色の変化も楽しめこの時期の森を引き立てています。
トリカブト

100年杉の森でいろいろな季節の花を楽しみました。
プレミアムツアー

森の中の岸辺 ベンチで休憩
お客様からいただいた白湯で体が温まりました。
プレミアムツアー

ちょうどデントコーンの収穫作業に出会いました
広大な畑で、ダンプカーにどんどん積み込まれる様子を見て感心!
牧草地作業

見所の100年杉林道で記念撮影
長靴に手製の杖 これが小岩井農場自然散策の定番ファッション
プレミアムツアー

黄葉がはじまった森の中
オシダがしげる散策路を歩きました。
プレミアムツアー

冷たい風も、森の中では大丈夫
防風林で畑や建物を守ってきた先人の知恵に納得。
昼食までの2時間半のウォーキングは楽しく終了しました。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

350人が森の散策

2015/10/05 14:35

今年も岩手県健康保険組合連合会のみなさまが森の散策に
いらっしゃいました。
今年はなんと350人! 小岩井農場の森の新記録です。

しかし、天気予報では雨・・
開会式から降り始めました。
300人 (1).jpg

晴れることを祈ってスタート!
300人 (3).jpg

350人が3コースに分かれて歩きました。
こちらは100年杉林道コース。
林業のお話あり、100年の森で休憩あり、のんびり歩きます。
300人ウォーク (1).jpg

沢沿いも歩きました。
「まきば園のすぐ裏に、こんな自然が広がってるなんて・・」
地元の方もびっくり。
300人ウォーク (3).jpg

こちらは沢で生き物観察。ガイドがカワシンジュガイを紹介。
300人 (5).jpg

100年の森や沢、牧草地や林業の生産現場、
変化に富んだ景色をご案内します。
300人 (6).jpg

予報がはずれ、晴れ間も見られるほどの気持ちのいい天気に
なりました!
大集合した小岩井農場の自然ガイドもみなさんと初秋の森を
満喫しました。ありがとうございました!
300人 (2).jpg

(佐藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

凛々しい牧羊犬「フライ」

夕方の訓練を終えたあとの一枚。
まだまだひつじを追いたいようで、その眼差しは羊の群れを捉えています。

(木股)