019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

今日は岩手県市町村職員健康福利機構様の14家族が森林体験に来ました。
各家族ごと自己紹介をしてから、小岩井の森体操でスタート!

福利機構 028.jpg

味噌汁の具「ミズ」を収穫してから沢まで移動。
水遊びセットに着替えて、遊びながらイワナのいけす作り。
福利機構 060.jpg

素早く泳ぐイワナに狙いをさだめて捕獲!!
お父さん、お母さん、兄弟、姉妹、みんなのおかずのために・・・
福利機構 073.jpg

福利機構 074.jpg

自分で内臓を取り除いて、串に刺して、炭火で焼きました。
福利機構 193.jpg

涼しい沢沿いで食べるご飯は最高に美味しい!
福利機構 091.jpg

福利機構 082.jpg

お腹を満たした後は、森で隠れ家づくりを4班に分かれて4つ作りました。
枝や葉っぱ、曲がった立木を柱や梁に利用し、みんなで協力作業・・・
福利機構 142.jpg

お父さんは、鉈で加工仕事・・・
福利機構 115.jpg

お母さんは、葉っぱを編む手仕事・・・
福利機構 136.jpg

ユニークで居心地良さそうな隠れ家が完成しました!
福利機構 157.jpg

午前はイワナ掴み、午後は隠れ家づくり、夜はスターウォッチングと小岩井の自然を満喫!
あっという間の1日でしたが、夏休みの楽しい時間を家族で過ごしてもらって良かったと思います。

(花田)

今年も粘菌登場

2015/07/25 11:40

昨年も農場自然散策コースに現れた粘菌
今年はまきば園内の切り株に姿を現しました。
鮮やかな黄色の粘菌 ススホコリです。
網の目状になって少しづつ移動する変形体
粘菌

3時間後には、左上に移動しているのが分かります。
この後、子実体をつくり胞子をつくるでしょう。
粘菌

雨不足の小岩井農場にもやっと雨が降り出しました。
この湿り気と共に、いろいろな生き物が元気になってきたようです。

(齊藤)

夏休みに入った県外からのお客様が
まきば園にたくさんおいでになっています。
特に人気なのが、トラクターバスツアー
暑い夏でも、自然いっぱいの涼しい森へご案内します。
今日の第1便ショートコース10:00出発 所要時間40分
乗車受付をするお客様 この便は出発前に満席になりました。
トラクターバスツアー

走り出して5分もすると森の中へ
涼しい風が向かえてくれます。
トラクターバスツアー

林道には夏の山野草が花をつけています。
涼しげに咲くノリウツギ
トラクターバスツアー

樹齢100年以上のスギが並ぶ林道を走る
トラクターバスツアー

途中の見所で2ヶ所で下車
100年杉林道では、思い思いに記念撮影
トラクターバスツアー

緑に囲まれた特別な空間で森林浴
トラクターバスツアー

100年杉林道に一番の見所を走る
トリアシショウマが見頃になりました
トラクターバスツアー

森林体験で食材になるウワバミソウ(ミズ)も大きくなりました。
団体予約の森林体験が今盛況です。
トラクターバスツアー

トラクターバスツアーは乗車定員があります。
入園しましたらお早目に受付をしてください。
満員になりましたら受付を終了いたします。
平日は1日4便 土日祝1日5便
繁忙期には増便することもあります。
当日体験受付でご確認ください。

(齊藤)

大雨ニモマケズ・・

2015/07/23 16:50

今日は本宮保育園の年長さん24名が森林体験に来ました。
「雨に負けないでがんばるぞー!」
7.23本宮 (1).jpg

歌を歌いながら、笛を吹きながら元気に歩きます。
7.23本宮 (2).jpg

今日は大雨で沢には入れなかったので、特設プールで
イワナつかみ。
7.23本宮 (4).jpg

自分で捕まえて、自分でさばいて、串に刺します。
7.23本宮 (5).jpg

「いただきま~す!」
自分で捕まえたイワナの味は格別です。
7.23本宮 (6).jpg

雨もあがって、みんなで記念撮影。
7.23本宮 (7).jpg

帰り道は、森で遊んで、虫捕りをして、小岩井農場の森を
満喫しました。
7.23本宮 (8).jpg

7.23本宮 (9).jpg

大雨も吹き飛ばすほどの元気でした。
この元気で、網張に移動しての今晩のキャンプも
がんばってください!

(佐藤 撮影花田)

夏の夜空

2015/07/23 16:44

梅雨は明けてませんが強烈な日差しで暑い日が続く今日この頃。
24節季「大暑」7月23日頃、暑さが極限に達する時期だそうです。
そんな日の夜に、農場近辺で撮影した夏の大三角形と天の川。
こと座のベガ(織姫星)、わし座のアルタイル(彦星)、はくちょう座のデネブ。

天の川 015.jpg

8月13日(木)星と自然館でペルセウス座流星群観察会を開催します。
いつもより流れ星が多く流れる日です。
どうぞ夏の小岩農場に遊びに来てください。

(花田)

プレミアムツアー2日目の特別ウォーキング
群馬からおいでのご夫婦をご案内しました。
梅雨なのに、今日も小岩井農場は晴れ!
朝から気温はぐんぐん上がり30度を超える勢い
木陰で涼しい森の中には、
オオウバユリの花が咲きそろいはじめました。
オオウバユリ

小川の畔でオニヤンマが羽を休めていました。
ここは7月上旬にはゲンジボタルが輝いた所
暗闇でお客様と楽しんだ感動がよみがえるます ・・・
昆虫

ゆっくりと林道を歩きながらの自然散策
100年杉林道で記念撮影
プレミアムウォーク

林道には風が吹き抜け
樹齢100年以上の杉を眺めながらのウォーキング
プレミアムツアー

森の中の地面に写った木漏れ日と葉のシルエット
外では強い日差しが、枝葉によりこんなにやさしい光になりました。
木漏れ日

森の中、いたる所でゴソゴソ、バタバタと音がして
セミが飛びまわっていました。
ヒグラシ アブラゼミ エゾゼミ
小鳥とセミの鳴き声が森中に響きわたっています。
今日もサンコウチョウの鳴き声も聞こえてきました。
「ツキ ヒ ホシ ホイホイホイ ・・・・」
昆虫

森の小道から出ると
広大な牧草地と岩手山が見えてきました。
プレミアムツアー

1番草を刈り取った後の長者舘牧草地と
岩手山を背景に2度目の記念撮影
プレミアムツアー

2時間半のガイドとの特別ウォーキングは、
あっというまに終了の時間に
ガイドの私にとっても、お客様との話が弾み、
暑さを忘れのんびりと楽しむ至福の時間となりました。
来年は100年杉の森で光り輝くホタルの時季にいおいでください。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「モリアオガエルの住む池に戻そう」を合言葉に
小岩井農場物語自然再生プロジェクト第1弾を開催。
35人のお客様がご参加
先月開催「モリアオガエルの観察会」にご参加の方々も
主旨に共感して多くご参加いただきました。
会場のまきば園北側にある上丸の森に出発!
晴れ間が広がり、岩手山も姿を見せてきました。
自然再生プロジェクト

途中でちょっと勉強
外来植物を実際に観察しながら歩きました。
小さなお子様と保護者の皆様 みんな和気あいあいと ・・・
まきば園内には、ヒメジオンやマツヨイグサなど外来植物がいっぱい
その多さに驚きの声 ・・・「身近でこんなに多いのですね」と
自然再生プロジェクト

森の中の池でモリアオガエルの卵塊を探しました。
最近の雨で産卵した卵塊が木の枝についていました。
この池にはアメリカザリガニが侵入していません。
産卵時期もそろそろ終わりです。
自然再生プロジェクト

白色でみずみずしく、最近産みつけられた卵塊
この池には、新しい5個の卵塊がありました。
自然再生プロジェクト

観察地にあるカツラの木の下で、
外来生物の問題と駆除についての学習会
人の都合や輸送にまぎれて持ち込まれ、
爆発的に増殖しもとから住んでいた生物がいなくなる事態も!
これらを特定外来生物と指定
国や自治体、住民が一緒になり駆除をはじめました。
その代表がアメリカザリガニ
自然再生プロジェクト

滝沢市環境パートナー会議の松葉さんから
特定外来生物に指定されたオオハンゴンソウの駆除活動が紹介されました。
市民、市役所、県立大学などが連携して昨年から駆除を初めているそうです。
自然再生プロジェクト

自然観察の時間
大きなシロヤナギの木に行ってみると
自然再生プロジェクト

以前にもこのブログで紹介したノコギリクワガタが潜んでいました。
他にもコクワガタのメスやセミなど、昆虫たちの楽園
自然再生プロジェクト

昔は、生き物たちの楽園だった池
アメリカザリガニが増殖し今では沈黙の池に ・・・
私たちは、割りばしに重りとスルメをつけて
駆除作戦を開始!
自然再生プロジェクト

小さい子も大人もみんな岸辺に陣取って
自然再生プロジェクト

すぐに手ごたえがあり
次々とアメリカザリガニが吊り上げれて
水槽の中はいっぱいに!
自然再生プロジェクト

次第に慣れ
平気で手で捕まえて水槽に持ち運ぶ子供たちも
吊り上げて網で捕獲!
自然再生プロジェクト

40分ほどかけて吊り上げました。
子どもたちと一緒に数えたところ 全部で270匹でした。
昨年より小型のものが多く、数も減ってきました。
自然再生プロジェクトは成果が上がってきているようです。
自然再生プロジェクト

最後は、ペットボトルで作ったトラップ仕掛けて終了しました。
自然再生プロジェクト

これからも駆除活動を続け
モリアオガエルが安心して産卵できる池にしたいと思います。
今回自然再生プロジェクトにご参加いただいた皆様には、
小岩井農場のモリアオガエルと共に御礼申し上げます!
第2弾 10月25日「ホタルを増やそう」もよろしくお願いします。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

蝶の吸蜜

2015/07/19 09:08

トリアシショウマが咲き、
いろいろな蝶が吸蜜に来るようになりました。
サカハチチョウがやってきました。
小ぶりな蝶ですが、
こげ茶、白、オレンジの三色の細かい模様が特徴
チョウ

オカトラノオにはミドリヒョウモンが飛んできました。
ヒョウモンの仲間は、遠目には似ておりわかりにくい。
羽の裏側を見てみましょう ・・・
チョウ

農場自然散策で森や草地で、いろいろな蝶に出会えます。

(齊藤)

7月18日(土)から農場自然散策通常版では、
牛舎構内の牧歌的景観も楽しみながら上丸牛舎コースを歩きます。
雑木林や池があり、山野草観察のみならず昆虫観察にも面白いコース
昨日、自然散策案内人の佐生さんご夫妻と下見をしました。
コースのシンボルツリーであるシロヤナギ
瘤からしみ出る樹液を求めて虫が集まってくる所
コケの中にクワガタのハサミが見えました!
昆虫

中から出てきたのは
立派なノコギリクワガタのオスでした。
昆虫

いつも出会えるわけではありません。今日は幸運でした!
これから、この木にはいろいろな虫たちが集まってきます。
夏休みの農場自然散策に、昆虫観察や牛舎見学を楽しみに
ご家族でご参加ください。

(お願い)
自然保護のために採集した虫は観察した後逃がします。

(齊藤)

まもなく夏休みになります。
夏休みに人気なのがトラクターバスツアー
小岩井農場の生産現場の様子や自然を間近で体感できます。
今年からはじまった、11:00発ロングコース(所要時間60分)
仁沢瀬、矢取森と呼ばれる牧草地の大景観が見所
今日もほぼ満席で走りました。
乗車待ちをするトラクターバス
トラクターバス

林業の生産現場の植林地を通る
林道の両側には樹齢100年以上のスギが並ぶ
トラクターバス

一番草を刈り取ったばかりの
広大な仁沢瀬牧草地を眺めながら進む ・・・
トラクター

刈り取った牧草は、ロールにして収穫舎に収納しています。
トラクターバス

これから季節と共に、農場風景は移り変わります。
トラクターバスに乗って楽しんでみませんか。

(齊藤)

7月10日(金)~12日(日)までの3日間
「ホタルとジンギスカンの夕べ」を開催
17時30分から牧場館ジンギスカン食堂営業中
ジンギスカンを食べて、デザートはホタル観賞
この時季限定の贅沢メニューを味わったお客様もおりました。

先週はゲンジボタルが見頃でした。
今日は、イルミネーションのように輝くヘイケボタルが主役
はじめに、ガイドがホタルについての解説をしました。
ホタル観察会

ホタルの特徴をお客様にもご参加たただきながら
説明をするガイドの佐藤と花田
ホタル観察会

観察地の蛙池で輝き飛びまわるヘイケボタル
ゲンジボタルに比べて点滅が速い!
別名コメボタル、米粒のように小さい!
数で勝負する平家といったところ
今宵は蛙池は平家の天下です。
ホタル

週末は、七夕の織姫星と彦星を見上げながら
ホタルの輝きも楽しんでみませんか。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

6月下旬から輝いていたゲンジボタルに代わり
ヘイケボタルが見頃になっています。
ゲンジボタルの数はずいぶん減ってきました。
明日からの観察会では、
まだ残っているゲンジボタルを観察
ホタル

後半は蛙池で輝くヘイケボタル
ゲンジボタルよりも暗いですが
チカーチカーと点滅する様子はイルミネーションの様です。
ホタル

ホタル観察会は
7月10日(金)・11日(土)・12日(日)で終了します。
月明かりが邪魔をすることもなく好条件です。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

7月7日 温かい風

2015/07/07 13:01

もう一年の半分が過ぎてしまいました。早いですね。
あたたかい風が吹いて蒸し暑い今日の小岩井農場、本格的な暑さのまえぶれなのでしょうか。

岩手山 007.jpg

そんな中、夜に農場の池や沢でホタルが飛んでいます。
夜の小岩井農場にホタルを見に来てください。

(花田)

本日のプレミアムツアー2日目
ウォーキングには4名のお客様がご参加
東京や宮城方面からおいでになりました。
今晩も開催するホタル観察会の会場で
ゲンジボタルの幼虫が棲む小川を観察

プレミアムウォーク

川底をはいまわるカワニナをお客様もご存じでした。
この貝は、ホタルの幼虫の餌となります。
黒い頭をだして歩き出したカワニナ

カワニナ

散策コースのあちらこちらにニワトコの赤い実がありました。
春に花が咲いた草木は、今実をつけはじめています。

木の実

今日のウォークの見所のひとつはキンセイラン
今年は、多くの花をつけてくれました。

プレミアムウォーク

花を下から見上げると、逆光を受けてきれいに見えました。

ラン

100年杉の森の中で、頭上を見上げると ・・・
新緑の中、木々のいろいろな葉が日差しに透けてきれい!

100年杉

足元のマイヅルソウに、かわいらしい赤い実がついていました。

草の実

山林事業のシンボルの100年杉林道で記念撮影

プレミアムウォーク

100年杉の森の中でひと休み
小鳥のさえずりを聞きながら至福の時間

プレミアムウォーク

逢ノ沢渓流でせせらぎを聞きながら散策
川底をのぞきこむと、カワシンジュガイがすぐに見つかりました。
この貝の繁殖と成長のドラマは
長い時間の中での循環やバランスの大切さを教えてくれます。

プレミアムウォーク

黒いこの二枚貝は貝長10cmほど
100年は生きているといわれる長寿な貝

カワシンジュガイ

2時間半のプレミアムツアーウォークは
あっという間に終わりました。「もうそんなに時間が経ったの?」
昼食場所の炭火焼バーベキューまでご案内し、終了いたしました。
また季節を農場自然散策においでください。(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

7月、8月を中心に実施される「森林体験」。林業体験や、
隠れ家づくり、沢遊びなど、小岩井農場100年の森を舞台に
した自然体験です。
今日は、盛岡医療福祉専門学校1年生のみなさんが来ました。

今シーズンも恒例100年の森体操から始まります!

医療福祉 (1).jpg

いよいよ森の中へ。
医療福祉 (2).jpg

苔の上の小岩井農場。
ネイチャーゲームで「森の目」になるところからスタートです。
医療福祉 (3).jpg

雨あがりの森を気持ちよく進んでいきます。
医療福祉 (4).jpg

100年杉林道で記念撮影。
医療福祉 (5).jpg

ハナイカダも雨あがり、生き生きとして見えます。
医療福祉 (6).jpg

100年の森の広場で休憩。
鳥の声を聞きながら、森の気持ちよさを実感。
医療福祉 (7).jpg

お昼は収穫したミズのお味噌汁。
沢の音を聞きながら、森の恵みを味わう。
これぞ森林体験の醍醐味です!
医療福祉 (8).jpg

そして、沢遊びと、サワガニ探し。みなさん、久々に子どもに
かえって沢遊びに夢中になりました。
ぜひまた小岩井農場の森に遊びに来てください!
医療福祉 (9).jpg

幼稚園・保育園や学校、子供会等、団体様向けにこちら
「森林体験」を実施しています。
子どもたち、そして大人たちの「全力で遊ぶ」力を引き出して
くれる小岩井農場100年の森。
団体様の人数や時間、ご要望に応じてプログラムを
組みますのでお気軽にお問い合わせください。

(佐藤 撮影 花田)

春から鳴き声は聞いていましたが
なかなか姿には出会えなかったサンコウチョウ
キンセイランの花の写真を撮っていると ・・・
遠くの方で「つき(月)、ひ(日)、ほし(星)ホイホイホイ 」と鳴き声が
サンコウチョウであることはすぐに分かりました。
写真を撮り続けていると、すぐにそばを鳥が飛ぶ気配が ・・・
すぐそばの枝にサンコウチョウのオスがとまっていました。
サンコウチョウ

そばにはメスもいます!
オスがメスにアタックしているのでしょう ・・・
サンコウチョウ

オスはメスの気を引くためか
ひらひらと舞うように飛びはじめました。
サンコウチョウ

長い尾をなびかせて、大きく羽ばたく姿は見事
サンコウチョウ

下の木の枝では、メスが答えるように尾羽を広げて
「ジージー」と鳴いています。
サンコウチョウ

見とれていると ・・・
カップルがもう二組森の中を飛びまわっていました!
サンコウチョウ

30分前にも農場自然散策のお客様が歩いたコース
きっとこの声は聞こえたと思います。
今日はこの森のそばを流れる川でホタルの観察会が開催されます。
花に小鳥にホタルと身近な自然を楽しんでいます。
かなり贅沢!

(齊藤)

先週の観察会は、強い雨と低温で開催できませんでした。
今日は気温は高めになりそうです。
月明かりの影響も少なく。好条件!
昨晩の下見で撮影した写真
3分間に発光飛翔するゲンジボタルを写しています。
ホタル

飛びはじめて15分ほどすると、
さらに頭上高く舞い上がり ・・・
ホタル

お早目においでいただき、
ジンギスカンやソフトクリームもお楽しみください。

(齊藤)

【ホタル観察会】
開催日 7月3日(金)・4日(土)・5日(日) 
     10日(金)・11日(土)・12日(日)
受付     17:30~19:30
ホタルの解説 19:30~19:50
観察     20:00~20:50
終了     21:00
※牧場館ジンギスカン食堂 17:30~19:00(LO)
 ソフトクリーム等の軽食コーナー 17:30~19:30

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

ホタル観察会の観察地ホタル沢で
ゲンジボタルの成虫を見つけました。
小川に岸辺の葉で休んでいました。
夜なら光ってすぐに見つけられますが、
小さな虫で昼に見つけるんは結構難しい
ゲンジボタル

近づいてカメラを向けていると
気配を感じて動きはじめました。
結実してきたキツネノボタンの花を見ながら
発光器は一節なので雌のようです。
ゲンジボタル

まもなく、羽ばたいて飛んでいきました。
お昼寝の邪魔をしてしまったようです。
ゲンジボタル

このホタルは今晩も暗くなると繁殖のために
オスを待って発光飛翔するのでしょう。
ホタル観察会 開催予定日
7月3日(金)・4日(土)・5日(日)
10日(金)・11日(土)・12日(日)
ゲンジボタルを楽しみたい方は、ぜひ今週末においでください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「森は楽しい!」

2015/07/01 17:54

7月、8月の小岩井農場の森は子どもたちの笑い声でにぎやかに
なります。保育園幼稚園、子供会など団体様向けの自然体験
プログラム「森林体験」です。
8日、9日に来た2つの保育園さんを紹介します。

7月8日は風の子保育園の年長組さんが来ました。
100年の森体操でスタートします。
風の子7.8 (191).jpg

気持ちのいい森を、歌を歌いながらぐんぐん進みます。

風の子7.8 (226).jpg

目的地の沢に到着!
風の子7.8 (233).jpg

「イワナをつかむぞー!」
「冷たくてもがんばるぞー!」
風の子7.8 (13).jpg

自分でつかまえたイワナは自分でさばきます。
みんな真剣。
風の子7.8 (86).jpg

「できた~!」
風の子7.8 (96).jpg

後半戦は森で思いっきり遊びました。
出てきたのはアカマツのモンスター。
風の子7.8 (283).jpg

楽しみにしていたハンモックでのんびり。
風の子7.8 (319).jpg

枝と笹の葉を使って・・
風の子7.8 (363).jpg

風の子保育園の秘密基地完成!
風の子7.8 (385).jpg

9日はわかば保育園の年長組さん。
小岩井農場のクマ、コイちゃんがお出迎え。
わかば7.9 (1).jpg

お昼ご飯のお味噌汁にミズを収穫。
わかば7.9 (3).jpg

イタドリの笛でクマ退治!
わかば7.9 (4).jpg

大変だー!
分かれ道、どっちに行く?
わかば7.9 (6).jpg

沢に到着!
全力で遊びました。
わかば7.9 (13).jpg

森には子どもが思いっきり遊ぶのを、引き出してくれる力があります。
わかば7.9 (14).jpg

森の中では、「自分たちでやる」これが基本。
わかば7.9 (7).jpg

「ヤッホーッ!」
わかば7.9 (8).jpg

帰りの森の散策は、草木染の材料を探しながら。
わかば7.9 (9).jpg

時間がいくらあっても足りないくらい、森には遊びが満載です。
わかば7.9 (10).jpg

天気にも恵まれ、森の中が子どもたちの笑い声でいっぱいの
2日間になりました。

沢遊びや、かくれがづくり、イワナつかみや伐採体験、様々な
メニューからお客様のご要望に応じてプログラムをおつくりする
「森林体験」。ぜひ一度お問い合わせください。
小岩井農場の夏の森で思いっきり遊びましょう!

(佐藤 撮影花田)