019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

昨日は冷たい雨が降り続き、寒い一日
今日は、青空にさわやかな風が吹くウォーキング日和
東京からいらした女性グループがご参加になりました。
スタートして間もなく、
所要時間約40分のトラクターバスツアーに出会いました。
今日も自然を楽しむツアーは人気です。
農場自然散策

100年杉林道で記念撮影
農場自然散策

青空 白い雲 濃い緑におおわれた森
気分爽快 !
農場自然散策

所々で案内人の松葉が季節の自然を紹介
道端に並ぶ、オオウバユリのつぼみを観察
農場自然散策

ハナイカダの実がずいぶん大きくなってきました。
農場自然散策

樹齢100年のスギ林には
オニノヤガラが咲いていました。
ランの仲間、腐生植物、地面から高く伸びる茎がおもしろい
農場自然散策

こちらもランの仲間
キンセイランが見事に咲いていました。
小さいですが、とても素敵な花!
農場自然散策

小岩井農場ではこれからの季節、雨が多く降りそうです。
一雨ごとに、草木は育ち、昆虫たちもたくさん登場!
毎日10時30分スタート 所要時間1時間ほど
「農場自然散策」で案内人と季節の自然を楽しみましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まきば園周辺のゲンジボタルが
発光飛翔の最盛期に向かっています。
月明かりが少し邪魔でしたが ・・・
3分間に飛んだホタルを撮影してみました
ゲンジボタル

5分間では ・・・・
ゲンジボタル

私のまわりを20匹ほどのゲンジホタルが飛び交いました。
今週末は素晴らしい姿をお見せできるでしょう。
良く晴れた寒い日は少なくなります。
雨でも蒸し暑い日が好条件。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

春の草花の開花が早かったように
ホタルの発光飛翔も例年より1週間ほど早くはじまりました。
観察地には、白い杭にロープ張って準備完了
ホタル

はじめは、葉にとまって発光していたゲンジボタル
暗くなるほどに、飛びはじめました!
ホタル

6月27日から7月上旬はゲンジボタルが見頃です。
ゲンジボタルを見たい方はお早目に!
7月にはヘイケボタルも輝きはじめるでしょう。

(齊藤)

【開催日】 
6月27日(土)・28日(日)
7月3日(金)・4日(土)・5日(日)
7月10日(金)・11日(土)・12日(日)
【受付場所】 入園口
【受付時間】 17:30~19:30
【観察会】  19:30~20:50
【料金】   大人500円 小学生以下無料
【観察会前にホタルとジンギスカンの夕べを開催】
 17:30~19:30 
 ジンギスカン食堂とソフトクリームコーナーを特別営業

旧網張街道の紫陽花が咲きだしました!

旧網張街道の紫陽花が咲きだしました

ここは旧網張街道。
江戸時代から続く「千年の秘湯」網張温泉に向かうかつての街道跡です。
ここに明治21年、明治政府の鉄道庁長官『井上勝』が乗った馬車が通りかかりました。
当時この場所一帯は火山灰土の一面の原野。
荒漠たる原野を目の当たりにした井上勝は【鉄道網敷設のために潰してきた田畑の埋め合わせとして、この原野に農場を開きたい】と志し、小岩井農場が開設されるに至りました。
それを記念して、旧網張街道には紫陽花が2kmに亘って植栽されています。

旧網張街道の紫陽花が咲きだしました

その紫陽花が今年もまた咲きだしました。
例年は7月下旬に見頃を迎えます。
普段は非公開エリアとなっている旧網張街道ですが、
ガイド付きバスツアー「小岩井農場めぐり」の「歴史編」「総合編」でご案内中です。
歴史編は所要45分で9:30、13:30、15:30(土日祝のみ)に出発。
総合編は所要70分で11:30出発です。
ぜひ皆様もバスツアーの中でご覧になってみてくださいね。

ガイド付きツアー「小岩井農場物語」についてはこちらから!

(高山)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

夏至

2015/06/22 12:58

今日は「夏至」ですね。
ご存知、一年間で一番、昼が長い日です。
暦の上では夏の真ん中ですが、実際は梅雨入り前の小岩井農場。

栗の花 001.jpg
栗の花が咲いて独特の匂いがします。実は拾って食べます。

いつ、雨が降ってもおかしくない今日この頃。
傘を持って出かけに来てください。

(花田)

先週に続きモリアオガエルの観察会を開催
「モリアオガエルを探そう」と今日は14人のお客様が参加
はじめに、ガイドの佐藤の案内で蛙池に行きました。
ここは園内にありながら、
モリアオガエルの産卵が見られる貴重な池です。
モリアオガエル観察会

さっそく岸辺のモミジの枝に泡の卵塊を発見
モリアオガエル観察会

きれいに4個並んだ卵塊
表面は乾き、少し黄色くなってきています。
1週間ほど前に産卵された卵塊
モリアオガエルの観察会

そばの枝に、オスのモリアオガエルを見つけました。
夜に産卵に来るメスを待ってお昼寝中 ・・・
モリアオガエル

昨晩に捕獲していたモリアオガエルを観察
鮮やかな緑色の体に大きな吸盤がある手足
「かわいい ・・・」の歓声が
恐るおそる触れてみる人もいました。
モリアオガエル観察会

飛び交うトンボや泳ぐゲンゴロウを見つけ
池の中の生き物たちを観察
モリアオガエルの観察会

観察会の後半は、ガイドの自然紹介を聞きながら
牛舎に隣接する観察地に移動しました。
モリアオガエルの観察会

ここの池は、トンボも飛ばず カエルの鳴き声もない
10年ほど前には、たくさんのモリアオガエルが産卵に来ていました。
侵入してきたアメリカザリガニが爆発的に増えてしまい
今では濁った池になり、他の動物はほとんどいなくなりました。
「カエルの敵アメリカザリガニ駆除」のために
皆さんとザリガニ釣りをしました。
モリアオガエルの観察会

今日も、釣りと捕獲トラップを合わせて50匹ほど捕獲できました。
モリアオガエルの観察会

上丸牛舎パドックで休む牛を見ながらのんびりと帰りました。
モリアオガエルの観察会

明日は最終日
観察会が終った今も雷が鳴りにわか雨が降っています。
モリアオガエルたちは喜んで、
今晩蛙池に集まる準備をしていると思います。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「モリアオガエルを探そう!」2日目は生き物大好きな子ども
たちを中心に31名が集まりました。
一昨日の雨でカワズ池の卵塊も一気に増えました。
モリアオガエルは見つかるかな?
モリアオ6.14 (6).jpg

あったー!
昨晩産んだばかりの真っ白な卵塊。
モリアオ6.14 (1).jpg

こちらは今朝7時下見の時のモリアオガエル。
夜に活発に活動するモリアオガエル、雨の日や早朝に
出会える確率が高まります。
モリアオ6.14 (3).jpg

モリアオ6.14 (4).jpg

他にはどんな生き物が住んでいるのか、池の生き物探し。
ヤゴやタニシ、ヒキガエルやアマガエル、いろいろな
生き物がいるカワズ池。
モリアオ6.14 (7).jpg

後半戦はアメリカザリガニが繁殖してしまった上丸湿地の
下池を観察。
こちらは昨晩取り付けたカニかご。
あっという間に20~30匹入りました。
モリアオ6.14 (8).jpg

「モリアオガエルが住む池に戻そう!」と題して、
7月19日「自然再生
プロジェクト」第1弾を開催いたします。
自然ガイドや小岩井農場の
森のファンが集まって、
アメリカザリガニ退治大作戦です。
モリアオ6.14 (9).jpg

他にも夏からは家族で自然を満喫する散策が盛りだくさん。
6月27日からの「ホタル観察会」、
夏休みは昆虫探しの農場自然散策、
9月は沢に入っての生き物探し
「サワガニとカワシンジュガイを探そう!」や
キノコの収穫体験。

ぜひ親子で森に遊びに来てください!

(佐藤 撮影土谷)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日から「モリアオガエル観察会」が始まりました。
県内から大人4名子ども2名が参加、ガイドは齊藤。
さっそく、森に囲まれた池で子どもが蛙を発見!
モリアオガエル 022.jpg

抱接して産卵準備をするオスとメス。
モリアオガエル 086.jpg

別の枝で産卵中のモリアオガエル。
真ん中のメスにオスが数匹集まり、粘液を足でコネて泡立て、この中に産卵。
 モリアオガエル082.jpg

また別の枝で昨夜できたばかりの白いプルプルの卵塊。
モリアオガエル 078.jpg

「モリアオガエル観察会」は
6/14(日)・20(土)・21(日)の3回開催いたします。
蛙が好きな方や嫌いな方も、大人や子ども、親子で参加も大歓迎です。
ぜひ観察しに来てください。

(花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

黄色のじゅうたん

2015/06/11 16:01

暑かったり寒かったり、変わりやすい天気が続いています。
そんな中、小岩井農場内の県道沿いに黄色いじゅうたんが出現!

「小岩井農場」看板
季節外れの菜の花?
いえいえ、これはキカラシ。アブラナ科で菜の花の仲間です。

キカラシ
このまま畑に鋤き込んで肥料にします。
花はもうしばらく見頃が続きます。
鋤き込む前にぜひ見に来てくださいね

(野沢)

モリアオガエルの卵

2015/06/09 14:34

今日は久しぶりの雨。
園内は閑散としています。
雨の園内.jpg

でも、雨の日こそ元気な生き物もいるんです。
園内の池にはこちら。
モリアオ卵塊.jpg

そう、今年もモリアオガエルの卵がぶら下がってます。
カワズ池には7、8個の卵塊がつきました。
今日の雨でこれからどんどんと増えていきそうです。
モリアオ卵.jpg

池のまわりの木の枝にあわあわの卵を産み付ける
おもしろい生態をもつモリアオガエル。
その不思議にせまる「モリアオガエル観察会」は
6月13(土)・14(日)・20(土)・21(日)の4回開催いたします。
(10:00受付開始、10:30スタート)
モリアオ1.jpg

モリアオガエルの卵を探して森の散策や、水辺の生き物探し、
そして枝の上でひっそり休んでいるモリアオガエルにも
出会えるかも!
ぜひ親子で小岩井農場の森に遊びに来てください!

(佐藤)

初夏の装いになってきた森の中
花を見つけたならば、近づいて良く見てください。
個性的な色や形に感動します。
エビネは花期が長く まだ見ごろな株も多い
ガクと花弁のバランスがいいですね!
森の花

サルメンエビネはそろそろ終わり
エビネよりひとまわり大きな花の黄色がまぶしい
森の花

道端に咲く、オニタビラコ
小さなタンポポのような花 良く見ないと分からない!
森の花

小さい花! コゴメウツギ
これこそかわいらしい花
森の花

花びらが1枚落ちはじめたベニバナヤマシャクヤク
おしべとめしべの並びおがもしろい花
森の花

農場自然散策にご参加の際は、
観察はルーペ(虫眼鏡)カメラにはマクロレンズ
最近老眼が強くなってきた私には必須アイテム

(齊藤)