019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

冠雪の岩手山

2014/10/30 09:17

もみじ
農場内はすっかり秋色です。今日は朝からきれいな青空が広がっています。

岩手山冠雪
カラマツの黄葉もだいぶ進んできました。
岩手山は一昨日は裾まで真っ白だったのですが、だいぶ融けてきました。

これから降ったり融けたりを繰り返し、本格的な冬に向かっていきます。

(野沢)

今日も快晴
好天が続く小岩井農場
プレミアムツアー2日目は2時間半のゆったりウォーキング
気仙沼市に復興支援で応援にきていただいている男性
まきばの天文館観察会で以前にお会いした女性2人
長靴に履き替えて さっそく森の散策路へ
とても自然が大好きな方々 
さっそくホタル沢でカワニナを見つけて ・・・
プレミアムウォーク

散策路がある森の中で見上げると、
ヤマモミジの赤 カラマツの黄色 杉の緑が天井を飾る
植林木と天然木がつくる景観もきれいです。
紅葉

ホタルが飛ぶ小川の岸辺に黄色に色づいたヤマモミジ
立ちどまり見とれることも
カメラや携帯を向けて撮影
プレミアムウォーク

猫石沢にかかる丸木橋の上で記念撮影
背後には、日を浴びて黄緑色に輝くアオダモの木
プレミアムウォーク

樹齢100年の杉が立ち並ぶ森の中
カラマツが黄葉して見上げると緑と黄色のモザイク模様
100年杉林道

暖かい日差しにつられ ・・・
スジボソヤマキチョウがひらひらと舞い降りてきました。
薄黄色の羽を日に向けて一休み
そっと近寄りみんなで撮影
チョウ

逢ノ沢渓流でお客様がサワガニを見つけました。
「はさみが左右同じ大きさです。これはメスでしょう」と私
お客様から「お腹を見ても分かります」と
捕まえてお腹をみるとメス独特の卵を抱く丸く膨らんだ蓋がありました。
サワガニ

さらに上流にご案内しました。
カワシンジュガイが川底に一面に並ぶ楽園のような所
昔はいたるところにこのような光景があったようです。
カワシンジュガイ

最後は長者舘牧草地で岩手山をバックに
雲一つない青空 黄葉がはじまったカラマツ 
紅葉が終わり、冠雪を待つ岩手山
プレ

天然林の栄森では、色づいたヤマモミジが美しい
時計を見ると まもなく12時
昨晩星を観察したまきばの天文館の銀色のドームを見ながら
まきば園内にもどりました。
紅葉

2時間半のプレミアムウォークは終わります。
「午後も歩く 1日コースはないのでしょうか」とお客様から
そんな楽しい3人のお客様とのウォーキングでした。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

紅葉・黄葉 メジロ

2014/10/23 15:17

秋晴れのまきば園 
陽だまりで遊ぶ親子 芝でキャッチボールをする高校生
のどかなまきば園を出て、運行の準備のためにトラクターバスコースに
100年杉林道で
ヤマザクラとアカマツの間
真っ黄色に色づいたイタヤカエデに見とれました。
黄葉

森の中に分け入って行くと
頭上のヤマモミジ 青空をバックに鮮やかでした!
紅葉

コシアブラも独特の透けたような薄い黄色になりました。
他とは違う色使いで良く目立ちます。
ホウノキほどではないが、音を立てて一枚また一枚と散って ・・・
黄葉

逢ノ沢渓流沿いのミズナラも黄色や赤茶色に染まり
清流のまわりを飾っています。
黄葉

「アッ 小鳥が飛んできた」
その中の1羽を望遠レンズでキャッチ!
「メジロだ!」かわいらしい姿に感激
小鳥

タラノキの実をついばむメジロ
うまい具合にカメラの視野の中で動いています。
小鳥

何個か食べ続け
実をつまんで仲間とどこかに飛んで行きました ・・・
小鳥

秋は、どんどん太陽高度が低くなります。
ひらひらと落ちてきたイタヤカエデの黄葉が
木陰の枝にひっかかり低い日ざしの中に輝いていました。
黄葉

貴重な暖かい晴れ間
紅葉・黄葉の下で、小鳥やチョウも少なくなった秋の日を楽しんでいました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

狼森

2014/10/23 10:01

宮沢賢治の童話「狼森と笊森、盗森(オイノもりとざるもり、ぬすともり)」をご存知ですか?
小岩井農場の北に位置する4つの森が舞台であると同時に登場人物であり、開拓民と交流するという不思議なお話。

秋の狼森
その「狼森」がこちらです。
狼森には狼が住んでいて、開拓民の童しゃど(子供たち)に栗やきのこを振る舞ってくれます。
季節はちょうど秋の終わりから冬の初め。

ひょっこり狼たちが顔を出しそうな、そんな秋晴れの小岩井農場です。

(野沢)

曇りがちで風が冷たい今日の小岩井農場
草木の葉が本格的に色づいてきました。
プレミアムツアー2日目はガイドがご案内する自然散策
林業とt酪農の生産現場 森と牧草地をご案内しました。
3組6人のお客様は皆様女性
植物や鳥を話題に、和やかに ・・・
ヤマモミジは赤く、サンショウは黄っぽく、大きなホウノキの葉が茶色に ・・・
プレミアムウォーク

コウライテンナンショウを前に話が弾む
蛇柄の茎と赤い実が目を引きます。
プレミアムウォーク

7月上旬にホタル観察会を開催しているホタル沢で
プレミアムウォーク

森の中では
赤と黄色の葉が混じったヤマモミジが鮮やかに色づいていました。
モミジ

100年杉の森の中で記念撮影
プレミアムウォーク

途中 まきばの天文館を見学
初めて見る大型望遠鏡宇宙への興味関心が高まったようです
ご家族が国立天文台で働いていらっしゃる方がおりました。
今度は星空を見ながらお話ししましょうと ・・・
プレミアムウォーク

逢ノ沢渓流の散策路も黄葉が見ごろ
ミズナラやコナラも色づいています。
カワシンジュガイで自然環境の豊かさを紹介!
プレミアムウォーク

長靴を履いて、カメラやメモ帳を持って、雑談しながら楽しく歩き
2時間はアッという間に過ぎました。
昼食は炭火を囲んでバーベキュー!

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年も栃木交通ツアー「奥入瀬渓流と小岩井農場ウォーク」のお客様を
ご案内いたしました。
山から小岩井農場まで紅葉が下りてきました。
今日は、青空が見えたり、雨が時々降る変わりやすい天気
ウォークの前半は7月にはホタルが舞う観察地で
生産現場に創られた自然の魅力を紹介
農場ウォーク

皆様、足どりも軽く100年杉林道を歩きました。
森の中では、ヒトツバカエデやイタヤカエデなどの黄葉がはじまっていました。
農場ウォーク

色づいた木の実があちらこちらにありました!
ミヤマガマズミの赤い実が見ごろ
葉も色づきとても目立ちます。
木の実

ウォーキングの見所、100年杉林道で記念撮影
農場ウォーク

特に紫色の実はきれいです。
ムラサキシキブの実がたくさんついていました。
木の実

葉も薄紫に色づいたムラサキシキブもありました。
こちらにもたくさんの実がついています。
木の実

1時間のウォーキングは、強い雨にあたらず終了。
あまり知られていない森や牧草地の大景観を
ガイドと共に楽しみながら歩いていただけたようです。
次は奥入瀬渓流、天気は良さそうです。北東北の秋をお楽しみください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

三連休の中日
今日は朝からたくさんのお客様がまきば園にいらっしゃいました。
天気は快晴で風もなく穏やか ・・・
農場自然散策特別版「木の実の観察会」にも
岩手県内外から家族連れなど多くのお客様がご参加になりました。
最初にまきば園内のメタセコイヤの大木で木の実探し!
カラマツやホウノキなども見つかりました。
木の実の観察会

プラタナスの実を説明するガイドの佐藤
大人も子供たちも、袋を片手に熱心に探しはじめました。
木の実の観察会

ブナの根元でも実を拾いました。
三角形の小さな実を探しては「あった!あった!」と ・・・
「まきば園では今年は実りが悪かった」と佐藤
木の実の観察会

特別に休憩時間はポニーとの触れあい
今日も高橋さんに馬のお話を聞きながらお馬さんと記念撮影
木の実の観察会

農場自然散策で使っている散策路を歩きました。
上丸牛舎や牧柵を見ながら、牧歌的雰囲気を味わえる所です。
木の実の観察会

ハンノキ林に入り、かわいらし実を探しました。
ここはオオウバユリやミズバショウなど季節の花の話題が多いところ
木の実の観察会

クリの実を拾ってお土産に ・・・
今日は多めに拾えたようです。
木の実の観察会

カツラの木の下で記念撮影
足元の落ち葉から甘い匂いが広がる
アロマ効果でリラックス ・・・
木の実の観察会

カツラを後にして 次のところへ
木の実の観察会

最後は上丸牛舎構内の搾乳をする牝乳牛舎を見学しました。
子供たちはサイレージの匂いに戸惑い気味
ガイドの説明を聞いて分かってきたようです。
木の実の観察会

楽しんでいただいた木の実の観察会
小さな子供たちには少し疲れたようですが、笑いと歓声の中で終わりました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

木の実の観察会は先週末に続き3回目
今日は4組のお客様がご参加になりました。
ガイドは佐藤・齊藤の2人
マスコットのアベア君の前で佐藤がご挨拶
木の実の観察会

途中、乗馬の高橋さんの話を聞いてポニーと触れ合いも特別に楽しみました。
小岩井農場といえば、牛、羊、馬も忘れてはいけません!
木の実の観察会

オオウバユリの実が立ち並ぶハンノキの森
ここは春にはザゼンソウ、ミズバショウ、サクラソウが咲くところ
写真を使い説明。里山の豊かな自然を紹介。
木の実の観察会

そばにあるカツラの黄葉は今が見ごろ
大きな木の下で皆様と記念撮影
木の実の観察会

カツラの枯葉はとてもいい香りがします。
木の下は、まわりの森とはまた違う雰囲気
甘い香りを感じながら秋の日差しの暖かさを楽しむ至福の時  ・・・
木の実の観察会

見上げると黄葉が黄金に輝いて見えました。
木の実の観察会

湿地周辺にはクルミもありました。
果肉が黒く溶けた今年の実や、
リスが2つに割った実などがたくさん落ちています。
木の実の観察会

最後は上丸牛舎を歩き、思い思いに記念写真をとりました。
絵葉書の様な素晴らしい写真が撮れたでしょう。
木の実の観察会

5歳の男の子から大人まで、集めた実を入れた袋をお土産に、
牛たちがのんびり休む姿を見ながらまきば園に帰りました。
木の実の観察会

明日と明後日も木の実の観察会を開催
天気は良さそうです。
ご家族で、お友達と、秋の小岩井農場の自然を私たちと楽しみましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

上丸牛舎
11月3日まで毎日4便運行中のガイド付きバスツアー「小岩井農場めぐり」。
10月の下車ポイントは、小岩井農場酪農発祥の地「上丸(かみまる)牛舎」です。
写真は昭和9年に建て替えられた「一号牛舎」の中です。
牝牛舎見学所というスペースから中を見学することができます。
手前の牛さん、こっちを見ていますね。
好奇心旺盛ですっかり人に慣れているので、入った際には挨拶を交わしましょうね。
ここで搾られた生乳がミルク館に運ばれ、「小岩井農場育ち」乳製品に加工されています。
小岩井低温殺菌牛乳、のむヨーグルト、ソフトクリームや手作りチーズなどなど。
しぼりたてのおいしさを活かした、小岩井農場こだわりの乳製品です。

牧草地では牧草収穫の最中
農場内630ヘクタールの牧草地では、牧草収穫作業が行われています。
いつも見られるとは限りませんが、作業場へ向かうトラクターとすれ違うこともあります。
なかなか狙って見られる光景ではありませんので、見られたらラッキー!ですよ。
ぜひ、ご乗車ください!

◆ガイド付きバスツアー「小岩井農場めぐり」
11月3日まで毎日4便運行中
①10:00発 ②11:30発 ③13:30発 ④15:00発
所要時間は、およそ70分(状況により数分伸びることあり)

(高山)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小岩井農場まきばの天文館で開催した皆既月食観察会、
今回もたくさんにお客様においいただきました。
観察会開始前、午後6時過ぎ、東の低空、雲間に月が姿を現しました。
間もなく本影食がはじまります ・・・ 雲!晴れてほしい!
月食

雲はどんどん少なくなり、6時14分、月が欠けはじめました。
お客様が続々来館
月食

月が細くなるにつれて空が暗くなり、地球の影に入った部分が
うっすらと見えてきました。
月食

午後8時54分 食の最大を迎え、星空に赤く浮かぶ幻想的な姿
前回は天候に恵まれず久々の観察です!
月食

頭上を見上げると、暗くなった星空に天の川も見えてきました。
観測ドームでは20cm屈折望遠鏡で皆既中の月を観察中
月食

再び輝きはじめた月
どんどん明るくなり、星々が再び月明かりの中に消えはじめました ・・・
月食

本影食が終了するまで3時間ほど
晴れ上がった空で、素晴らしい天体ショーをお客様と楽しみました。

(齊藤)

今日は9月に行われた盛岡市立城北小学校2年生の遠足の様子をご紹介します。

当日は最高の天気。99名の子どもたちが元気に森へ出発です!
「がんばって歩くぞー!」
「おー!!」
城北小 (1).jpg

ワクワク、ドキドキ。
森のトンネルを通ってホタル沢へ。
城北小 (2).jpg

小岩井農場の森は広い!
99名が一斉に歩いても広々。
城北小 (3).jpg

ミズの実を食べて元気100倍?
普段は大好評の秋の森の恵みも「美味しくな~い」「味がな~い」と子どもたちにはいまいち不評。
城北小 (4).jpg

いよいよ沢沿い。目的地の沢遊び、生き物探しの場所までもう少し。
城北小 (6).jpg

城北小 (7).jpg

城北小 (8).jpg

到着!
サワガニを探したり、カワシンジュガイを観察したり、みんな全力で沢遊びしました。
城北小 (10).jpg

城北小 (11).jpg

お昼は岩手山と羊たちを眺めながらお弁当を食べました。
いっぱい歩いた後のお弁当は格別!
城北小 (12).jpg

午後は馬とのふれあい体験と、馬のお仕事紹介。
普段のにぎやかなまきば園とは違う、のんびりとした空気の中、乗馬コーナーへ向かいます。
城北小 (13).jpg

馬に触れて、馬小屋に入って、そして馬のお話も聞いて。
いつもの乗馬コーナーではできない、馬とのふれあいに、みんな馬を好きになってくれたかな?
城北小 (17).jpg

城北小 (14).jpg

城北小 (18).jpg

もちろんお勉強も忘れません。みんな真剣そのもの。
城北小 (15).jpg

森、沢、岩手山、牧草地、そして、馬、と小岩井農場の自然を満喫した1日でした。
最後はハイタッチでみんなとお別れ。いつまでも忘れない1日になってくれたら嬉しいです。
ぜひまた、小岩井農場の森に遊びに来てください!

(佐藤、花田、乗馬高橋)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

森に小さな干し柿のような実が
日ざしを受けて鮮やかに輝いていました。
これはコマユミの実です。
木の実

この実を食べに来たかのように? しゃくとり虫が ・・・
頭をふりながら、枝を伝え歩きしていました。
幼虫

見上げると ・・・ 日ざしを透かして
茶色の模様がおもしろいトネリコの黄葉
黄葉

トネリコの下には、遅いハツタケが顔を出していました。
見渡すとアカマツもあり発生の条件が整っています。
キノコ

今日、岩手山に初冠雪があったとのニュースを聞きました。
冬将軍が高い山の上にやってきました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

牧草刈

2014/10/07 14:37

牧草刈

秋晴れです。
現在、三番牧草の刈り取り中。
牧草地から追い出される虫や小動物を狙って、上空をトンビが飛び交っていました。

岩手山も中腹まで赤く染まっています。
農場の木々もなんとなく色づいてきました。

(野沢)

木の実の観察会2日目

2014/10/05 14:58

木の実を探しながら、秋の森をのんびり歩く親子に人気の観察会。
今日も岩手県内、秋田、宮城から21名のご参加がありました。

まずは、まきば園内からスタート!
じつは園内でも、たくさんおもしろい木の実が見つかるんです。
木の実 (9).jpg

「見つけたー!」
かわいらしい松ぼっくりはメタセコイヤ。
木の実 (10).jpg

「この物体はなんですか?」
ホオノキの実です。
木の実 (11).jpg

今日一番大きかった木の実はきれいなトチの実。
木の実 (14).jpg

「これは木の実ではありません。クスサン(蛾)の繭(マユ)です。」
と言った瞬間、子どもたちが後ずさり。
木の実 (12).jpg

木の実拾いは子どもも大人も熱中します。
ブナの実は今年は少なめでした。
木の実 (13).jpg

今日は休憩場所でポニーのミント君も登場。
乗馬のガイドさんの馬のお話を聞いて、なでてあげました。
動物とふれあうと元気をもらいます。後半戦、森の中へ出発です。
木の実 (15).jpg

木の実 (2).jpg

緑の中に鮮やかな紫色はムラサキシキブ。
だんだんと目が慣れてくると、普段は素通りしてしまうような所にもいろいろな発見があります。
木の実 (1).jpg

上丸牛舎の裏をのんびり歩きます。
今日は秋の森の散策にはもってこいの、気持ちのいい日和でした。
木の実 (3).jpg

クリの登場でいよいよ木の実拾いはヒートアップ。
木の実 (16).jpg

クルミの実を観察したり、オオウバユリのタネを飛ばしたり。
秋の森はネタが満載です。
木の実 (4).jpg

木の実 (7).jpg

そして「上丸カツラ」で記念撮影。
木の実 (17).jpg

帰りは牛舎を見学しながらゆっくりとまきば園に戻りました。
木の実 (8).jpg

木の実の観察会は来週11日(土)・12日(日)・13日(月祝)も開催します。
10時受付開始。10時半スタート、12時半終了です。
(11,12,13日は11時半からの農場自然散策通常版は開催しません)
家族でカップルで秋の森を歩きませんか?
来週はいよいよ上丸カツラは真っ黄色のじゅうたんになりそうです。

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

岩手山は中腹まで紅葉が進み
小岩井農場も広葉樹の葉も次第に色づいてきました。
今日のプレミアムツアーのウォーキングには
4組8名のお客様がご参加になりました。
実が茶色になり割れ種子がこぼれているオオウバユリを見ながら散策路を歩きはじめました。
散策路

森の中で異彩を放つマムシグサの実
アオカメムシがついていますね ・・・
キノコや草花の実が話題になりました。
マムシグサ

100年杉林道で記念撮影
夜露で濡れた草地を歩くこの季節は長靴に履き替えて歩きます。
プレミアムウォーク

100年以上の歴史を持つ小岩井農場の林業の歴史を
生産現場を歩きながら体感していただきました。
道端の木の実の写真を撮りながら楽しく散策 ・・・
プレミアムウォーク

艶がある赤い実が目立つミヤマガマズミ
実は丸く大きく、葉の表面がすべすべしているのが特徴
木の実

間もなくよく似た実を見つけました。
葉の表面がザラザラして、実が少し小さ目なガマズミ
触れたり、時には匂いを確かめ秋の山野草や木々を観察
木の実

逢ノ沢渓流の散策路から森を抜けると
大きく視界が広がり大景観が現れます!
岩手山と長者館牧草地を背景に
プレミアムツアー

森の中で目立たないけれど見ごろなのがムラサキシキブ
今年はたくさんの実がついていました。
木の実

葉が薄紫に染まっている木もありました。
木の実

最後は、まきばの天文館カフェでコーヒータイム
テーブルを囲み話が弾みました。
昼食会場の炭火焼バーベキューに到着
「また、農場自然散策で歩きましょう」と挨拶を交わしてお別れしました。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。