019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

青空と白い雲が広がる小岩井農場
さわやかなそよ風が流れる初秋の雰囲気
プレミアムウォークにご参加の客様と森を歩きました ・・・
静かな空間をひとりじめ 「この静けさがいいですね・・・」と
プレミアムウォーク

途中、農場自然散策ガイドの三浦さんと出会いました。
毎日11:30出発を前にした下見です。
プレミアムウォーク

ウォーキングコースを舞い
日差しを受けて気持ちよさそうに羽を広げるメスグロヒョウモン
チョウ

逢ノ沢渓流は、ウォーキングコースの目玉
たくさのお客様が、豊かな水辺の自然を楽しんでいただく所
逢ノ沢

川沿いの倒木に生えたコケ、その上にはさらに木々の芽が伸び ・・・
時間をかけて循環する自然のひとこまを感じる時間
逢ノ沢

陽だまりに見えるカワシンジュガイの黒い姿
100年以上生きているという、長さ10cmほどの二枚貝が川底に
ここにも長い時間をかけた自然のドラマが ・・・
カワシンジュガイ

一面!晴れ間をねらって刈った牧草
これから乾燥し収穫していく広大な牧草地の姿
「干し草の香りがいい!」
プレミアムウォーク

きれいに刈られた丘が連なる牧草地を見ながら ・・・
ゴールのまきばの天文館まで歩きました。
プレミアムウォーク

初秋の小岩井農場をのんびりと歩いたプレミアムウォーク
これからの紅葉やキノコ、木の実 
森の癒し効果を体感 小岩井農場の森についてはじめて知ったこと
サクラソウやミズバショウなど春の山野草のお花畑も話題になど
終始、話が弾むプレミアムツアーウォークでした。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

夏休みのにぎわいが終わり、いつのもまきば園にもどってきました。
静かな農場自然散策コースでコゲラを見つけました。
地味な色柄をしており、動いていないとよくわからない ・・・
木々を渡り歩き餌を探して嘴で木をつついている。
ちょこ、ちょこと絶え間なく動くのでなかなかカメラのピントが合わない!
コゲラ

時々、小さな頭を振ってドラミング
コゲラ

もう一羽やってきました。つがいでしょうか?
コゲラ

普段の静かな森の農場自然散策では、このような出会いもあります。

(齊藤)

1か月ほど前にも生えてきたタマゴタケ
ここ数日で、2回目の発生を迎えました!
白い卵の殻のような袋を破り、赤い傘が顔を出します。
この姿が一番好きですね。かわいらしい!
タマゴタケ

6時間後に再び見てみると ・・・
袋から黄色い足に赤い頭のかわいらしいキノコが登場!
タマゴタケ

脇に大きく開いたタマゴタケが ・・・
タマゴタケ

傘を上から見ると 中央に突起があり、縁には放射状の細かい溝
上から見てもきれいなキノコ
タマゴタケ

朝夕ずいぶん冷え込む様になりました。
続々と朽木や地面で、いろいろなキノコのたちが
盛んに子実体(胞子をつくるキノコの部分)をつくっているようです。

(齊藤) 

ツユクサのアルビノ

2014/08/26 12:55

自然散策コース入口に青い花のツユクサが咲いています。
その中に白い花の株がありました。
花びらに色素がないアルビノです。
青と白が並んで咲いています!
そのまわりはすべて青い株 ・・・
ツユクサ

アルビノは形や大きさは変わらず
花びらの色だけが真っ白!
山野草には、時々このようなアルビノが見られますが珍しいものです。
ツユクサ

その近くに、赤い実が落ちていました。
こちらはとても目立ちます!
ホウノキの実です。
自然散策のお客様がよく見つけ手にとるもの ・・・
ホウノキ

道端の草むらで見つけた初秋の話題。

(齊藤)

久々の好天で強い日差し! 
さわやかな風が吹く絶好のウォーキング日和
今日は神奈川県からご参加の2組5名の皆様をご案内しました。
雨の日が続き、森の中はぬかるんでいるところもあり、
長靴に履き替えてスタート 
大木が立ち並ぶ木陰の小道を歩くと ・・・
地面が柔らかく!ふわふわしていて別世界
プレミアムウォーク

10:00発のトラクターバスと100年杉林道で出会い
手を振って挨拶を交わしました
「乗って楽しむのもいいけれど、やはりのんびりと歩きたい」との声
プレミアムツアー

100年杉林道でトラクターバスを背景に記念撮影
これからさらにおいしい空気を吸いながら歩きます ・・・
プレミアムウォーク

再びまきば園に帰るトラクターバスと出会いました。
プレミアムウォーク

後半は、逢ノ沢沿の散策路を歩きました。
カワシンジュガイやヤマメなど多様な生態系残された貴重な川です。
せせらぎを聞きながら歩くウォーキング格別
長靴で歩くことにも、すっかり慣れてきた様子
プレミアムウォーク

再びまきば園に戻ってきました。
まきばの天文館前で最後のポーズ
プレミアムウォーク

2時間ほどのウォーキングは無地終了
最後に長靴を脱いだら「足が軽くなった ・・・」と一言
2日間で小岩井農場の歴史や事業、自然環境など
中身の濃い体験を私たちの案内で楽しんでいただきました。
季節を変えてまたおいでください。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

久しぶりに青空が見えてきました。
盛岡市の松園セラバンド・ウォーキングサークルの皆様37人が
農場自然散策団体予約版にご参加になりました。
ガイドは齊藤 お客様は全員女性
歩きはじめて20分 100年杉林道で記念撮影
農場自然散策

終始笑顔で、歓声があがる楽しいウォーキング
「気分がいいね」「木陰が涼しい・・」
農場自然散策

道端に咲くツリフネソウを見つけ観察
農場自然散策

まだまだ見ごろ
濃い色 薄い色 など バラエティに富んだ花々が並ぶ
ツリフネソウ

ウワバミソウ(ミズ)のむかごがずいぶん大きくなってきました。
まもなく収穫時期になりますね。
ミズ

青い実を持って「この実は何ですか?」と
「これはアブラチャンの実です。
 実に傷をつけると、柑橘系のような匂いがします
 昔、実や枝から油をとって灯油として使ったとか ・・・」
アブラチャン

まきばの天文館に到着
1時間のウォーキングは終了しました。
昼食は小岩井農場卵を使ったオムライスを紹介
ほど良い運動の後の昼食。きっとおいしく食べていただいたでしょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は朝から小雨が断続的に降り続いています。
トラクターバスは、9:00発の特別便から各便、
たくさんのお客様が乗車になりました。
農場自然散策にも県外からのお客様が2家族ご参加になりました。
長靴を履いて、100年の森のコースをガイドの佐生さんの案内で ・・・
お盆期間、多少の雨の中でも ・・・
全国からたくさんのお客様に遊びに来ていただいています。

私は現在準備を進めているキノコの収穫体験場の調査をしました。
マイタケが発生する菌床をおおう落ち葉に黄色いものがついていました。
触れてみると水っぽくドロドロしています。5分も見ていると動いているように見えます!
インターバル撮影で5分毎に100分間撮影してみました。
木の枝についている部分に注目!
キノコ

40分後には ・・・ 少し広がっています!
キノコ

100分後には、枝をおおい尽くすほどに増えています!
キノコ

調べてみると粘菌の仲間でススホコリと呼ばれるものらしい。
このように変形体で動物のように動いて成長
その後、子実体で胞子を作って増殖するそうです。
これからどうなるのか楽しみ!
そばにかわいらしいキノコが生えていました。
キノコ

スジオチバタケらしい
これから小岩井農場の森の中では、
粘菌や菌類が目に見えるように活発に活動します。
彼らが枯れ木や死骸を分解し、自然環境を支えているのですね。

(齊藤)

今日は曇り、気温は20度ほど、涼しい小岩井農場
トラクターバスツアーは毎回満席の人気
乗車希望が多い時間帯は2台で運行
10:00発 本日2便目をコースで待つ
エンジン音を響かせ100年杉林道に入ってきたトラクターバス
トラクターバスツアー

先導する1号車 運転手は佐々木 ガイドは花田
ガイドの車内での案内の声が聞こえてきました ・・・
トラクターバスツアー

後続は2号車 運転手は工藤 ガイドは佐藤
ジョンディア1630は四輪駆動 3気筒 
1号車のジョンディア2030は後輪駆動 4気筒
エンジン音が違います ・・・ 
共に農作業からは現役引退した古いトラクター
トラクターバスツアー

100年杉林道で下車
おもいおもいに記念撮影をする2号車の皆様
トラクターバスツアー

1号車もトラクターバスに前に並び記念撮影
背後に写る林道のv字型の並木とトラクターのフロントマスクが見所
トラクターバスツアー

トラクターバスは次の見学場所 逢ノ沢渓流に向かい出発
昨日の強い雨も上がり
いつものように澄んだ流れだそうです。
トラクターバスツアー

トラクターバスの人気は急上昇中 
昨年よりさらに多くのお客様がご利用になっています。
乗車定員があります。入園後早めに受付を済ませ席を確保してください。

(齊藤)

9日から17日(日)まで開催する「水ロケット飛ばし」
夏休み特別企画の園内体験のひとつ
開催時間 14:30~17:00 参加無料
広いまきば園ののびのび広場で打ち上げています。

14日の様子を紹介
自転車用空気ポンプでペットボトルタンクに空気を押し込みます。
タンクにはあらかじめ水を入れておき、
発射台に装着します。
発射レバーを引くと、圧縮された水と空気を吹き出しながら飛び上がります!
水ロケット

小さな子でもスタッフと一緒に発射できます。
水ロケット

50mほど上がったロケットは、上空で姿勢を水平に保ちゆっくりと落ちてきます。
子供たちが、キャッチしようと走り出しました ・・・
水ロケット

今日と明日も開催予定です。
まきば園においでの際は親子でご参加ください。

(齊藤)

6月から7月に産卵をしたモリアオガエル
オタマジャクシから子ガエルとなり、ササの葉の上で眠っていました。
黒いオタマジャクシは子ガエルとなり緑色に
葉の上で緑色の保護色で身を隠す作戦
私の気配に気づき小さな目を開けて警戒態勢に ・・・
モリアオガエル

足元の地面にには、黄色あざやかなキノコが
調べてみるとニカワホウキタケ
名前はホウキタケですが、キクラゲに近い仲間らしい
比較的気温が低い地域又は標高が高い針葉樹林内で見られるそうです。
小さいけれどとても目立つキノコですね。
キノコ

ガイドと秋らしい話題を楽しむ農場自然散策
日替わりの季節の話題を一緒に楽しんでみませんか!

(齊藤)

おもしろい虫たち 

2014/08/10 09:00

昆虫観察会を開催している雑木林で
キマワリがよく見つかります。
体長2cm 黒い色をした姿は地味
その名のとおり、長い足で朽木の上をすばしこく走りまわります。
キマワリ

カブトムシのような角やクワガタのような大アゴはないが ・・・
正面からアップで見てみると
大きな複眼が目立つなかなか怖そうな顔!
キマワリ

葉の上に、よく見るとおもしろい虫がいました。
「小さな蛾かな?」と
頭が大きくて変だ!
ベッコウハゴロモらしい!
カメムシの仲間
クズやヤマノイモなどの茎から汁を吸う。
1cmほどの小さな虫ですが、羽の模様や形がとてもユニーク。
幼虫は、もっと面白い形をしているとか、是非見てみたい。
ハゴロモ

ツユクサと並んで咲くゲンノソウコの花に来たヒラタアブ
大きな目に黄色とこげ茶色の色合いがかわいらしい!
ヒラタアブ

足元に出てきたキノコ
8月7日の立秋も過ぎて、暦の上では秋に!
キノコ

西日本で被害を与えている台風12号が北上して来ます。
今日は北よりの風が吹き外気温は20度と涼しい!
一日中雨降りの予報
明日の午後あたりからの天気の回復を期待して・・・

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

2組、6人のお客様とプレミアムウォーク。
小雨がぱらつく中を散策コースに出発
小岩井農場の林業のシンボル100年杉林道で記念撮影
まきば園とは別世界 
プレミアムウォーク

道端の草花を楽しみながらぶらぶら歩く 
高さ20mを超える杉が立ち並ぶ林道が小雨に煙る ・・・
プレミアムウォーク

長靴を履いて歩くと、森の自然に抱かれたような感じが ・・・
プレミアムウォーク

道端のハナイカダの姿に感激
見事なつややかな黒い実がついていました。
ハナイカダ

ツリフネソウが咲いていました。
赤紫色の花がとてもきれいで目立ちます。
ツリフネソウ

薄いピンク色の花もありました。
良く見ると色の濃さがずいぶん違っています!
受粉で種子がつくられ増えている ・・・
野性の花の特徴が良く分かります。
ツリフネソウ

後半はまきばの天文館に立ち寄り天文館カフェでティータイム
天体観察ドームに入り見学
プレミアムウォーク

ウォーク終了後、炭火焼バーベキューの昼食が待っていました。
プレミアムウォーク

ガイドと2時間半ほど歩き、
自然と生産事業の調和が生み出した
とっておきの世界を楽しんでいただきました。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

夏休みは子供会での参加も多い森林体験。
今日紹介するのは下太田第一子供会様20名。
雨に降られることの多い森林体験ですが、この日は快晴!
下太田子供会 (1).jpg

出発する前に、ウルシやハチ、クマ、森の危険についても学びます。
こちらは小岩井農場のかわいいクマさん。
下太田子供会 (2).jpg

杉の森はひんやりして気持ちがいい。
お昼のミズを収穫です。
下太田子供会 (3).jpg

森のトイレも勉強のひとつ。
でも普段の環境との違いからか、恥ずかしさからか、いまいち人気のない
森のトイレ。
みんな!積極的にトイレを使いましょう!
下太田子供会 (4).jpg

そしてイワナつかみ。
夏休みの大きなチャレンジです!
下太田子供会 (6).jpg

下太田子供会 (5).jpg

お昼を食べた後は、沢遊び。
はじめは遠慮がちだった子も、最後はみんな全力で遊びました!
下太田子供会 (8).jpg

下太田子供会 (7).jpg

高学年の子たちのリーダーシップと、みんなのチームワークが素晴らし
かったです。学校生活でもぜひ生かしてくださいね。
そして、夏休みはまだまだこれからです。外でいっぱい遊ぼう!

(佐藤)

夏休みシーズン、イワナつかみや沢遊び、森遊びなどの「森林体験」で
賑やかになる小岩井農場の森。今日は岩手県市町村健康福利機構様
をご紹介します。

県内から55名、16組のご家族が参加、いつものように100年杉体操で
スタートです!

福利機構1 (1).jpg

まずは山菜採り、お昼のお味噌汁の具になるミズです。
自分が食べるものは自分で採るのが基本です。
福利機構1 (2).jpg

そして沢に移動してイワナつかみ。子どもたちが張りきります。
「お母さんの分まで捕るよ!」
福利機構1 (3).jpg

そして自分たちでさばきます。今度はお父さんの出番!
福利機構1 (4).jpg

ミズの下ごしらえもやります。
初めてのミズの味はどんなかな?
福利機構1 (5).jpg

午後は森でみんなプロの林業家に変身!
杉の木を伐り倒します。
福利機構1 (7).jpg

ノコギリも初めてのチャレンジ!
福利機構1 (9).jpg

「倒れたー!!」
福利機構1 (8).jpg

枝を払って、みんなで協力して、森から運び出します。
福利機構1 (12).jpg

福利機構1 (10).jpg

福利機構1 (13).jpg

ここからが本番。
運び出した杉を丸太に切って、森の中に16個のブランコ作り。
ロープを投げて結んで、家族で工夫しながら世界に一つだけの
森のブランコを作りました。
福利機構1 (14).jpg

完成!!
福利機構1 (15).jpg

福利機構1 (16).jpg

みなさん、家族でイワナをつかみ、木を伐り倒し、ブランコを
作り上げた満足感と達成感の笑顔にあふれていました。
ぜひまた小岩井農場の森で会いましょう!
来年は何を作ろうかな?

(佐藤)

今回紹介するのは盛岡の本宮保育園様。
今日も100年杉体操でスタートです!
RIMG0631.jpg

森に入る前に記念撮影。
「がんばって歩くぞー!」
RIMG0635.jpg

森の中では上を見上げてみよう!
新しい発見があります。
RIMG0638.jpg

RIMG0646.jpg

沢に到着!
まずは森のトイレの使い方を教えます。
森に来たらば、ゴミを持ち帰るのと一緒。これも貴重な体験です。
RIMG0653.jpg

沢で思う存分遊びました!
RIMG0675.jpg

箱メガネで水の中も観察。
RIMG0701.jpg

大きなツチガエルも見つけた!
RIMG0706.jpg

イワナもつかまえて、最後は全員で「捕ったぞー!!」
本宮 (22).jpg

自分で捕ったイワナは自分でさばきます。
はじめは「かわいそう!」「気持ち悪い!」と言っていた子どもたちも、
がんばります。
森の中での体験は一つ一つがチャレンジです。
本宮 (24).jpg

自分で串に刺して、美味しくいただきました。
「いただきまーす!」
本宮 (29).jpg

本宮 (37).jpg

もりもり食べて、元気100倍。
午後は森の中で隠れ家作りをしました。
2013.5.4 049.jpg

枝や葉っぱ、森の中のものを使って、工夫して作ります。
みんなのアイディアを出し合って、一つの隠れ家が出来上がっていく様は、
ミラクルです!
2013.5.4 057.jpg

ずっと忘れないような思い出になってくれたら嬉しいです。
また小岩井農場の森に遊びに来てください!
2013.5.4 069.jpg

(佐藤)

現在トラクターバスは毎日2台運行
10:00出発便が羊の飼育棟前を通過
羊飼いの松島さんと木股さんが牧羊犬と共に手を降り挨拶 ・・・
トラクターバスツアー

11:00発の2便
このツアー 一番の見所 逢ノ沢渓流を楽しむために
自然散策休憩所で2度目の下車
そして車掌の案内で渓流沿いの散策路へ
トラクターバスツアー

この渓流は、岩手山の溶岩や火山岩がごろごろ
深い森の中を流れて 木陰が涼しいところ
逢ノ沢

1号車、2号車と分かれて渓流の景観や川の生き物を楽しみます。
トラクターバスツアー

2号車のお客様に説明をする車掌の花田
トラクターバス

1号車のお客様に説明する車掌の佐藤
トラクターバスツアー

暑い夏 !
小岩井農場で、おいしいソフトクリームやジェラートと共に
森の涼しさをトラクターバスツアー100年のもり号でお楽しみください。

(齊藤)

夏休みシーズンに入って、農場自然散策に、トラクターバスに、と
賑わっている小岩井農場の森。この季節はもうひとつ、「森林体験」で
森の中が子どもたちの声でいっぱいになります。
イワナつかみをしたり、森や沢で遊んだり、隠れ家を作ったり、の
自然体験です。7月に開催した森林体験のいくつかをご紹介します。

今シーズンのトップバッターは盛岡市のわかば保育園様。
朝からあいにくの雨でしたが、子どもたちは元気そのもの。
雨にも負けず出発です!
2013.5.4 011.jpg

イタドリの笛でクマ退治?
「クマ、出てこないでねー!!」
2013.5.4 027.jpg

沢まで頑張って歩きます。
途中でおもしろ~いハナイカダの木を紹介。
2013.5.4 032.jpg

2013.5.4 036.jpg

沢に着いたらば、「晴れたー!!」
沢で思いっきり遊びました。
2013.5.4 043.jpg

わかば7.9.jpg

2013.5.4 061.jpg

そして第2ラウンドはイワナつかみ。
はじめは怖がっていた子どもたちも、自分でつかまえて、自分でさばいて、
自分で串に刺して、イワナの命ををいただきました。
2013.5.4 082.jpg

2013.5.4 122.jpg

2013.5.4 125.jpg

午後も元気に森を歩いたり、竹笛を作ったり、木の実を拾ったり、
森を満喫しました!
2013.5.4 136.jpg

2013.5.4 137.jpg

木の中になにかいるかも?
森の中はドキドキ、ワクワクでいっぱいです。 
2013.5.4 144.jpg 

少したくましくなって到着。
自然の中での子どもたちの元気にはいつも驚かされます。
ぜひまた小岩井農場の森で遊びましょう!
2013.5.4 145.jpg

(佐藤)

家族で昆虫観察会

2014/08/02 15:38

夏空のまきば園は子供達でいっぱい
二組のご家族が昆虫観察会に参加しました。
ガイドは小原さん、農場自然散策の案内人
子供の頃から虫が好き、目を輝かせて話をしてくれます。
まきば園から歩いて、雑木林がある観察地へ
昆虫観察会

補虫網をくばる小原さん 準備OK
昆虫

森に囲まれた草地で、思い思いにトンボやチョウを追いかける。
どんなところに、何がいるのか考えながら・・・
昆虫観察会

小原さんのアドバイスで、大きなヤナギの木へ
どんな虫がいるのか ・・・ 見てみると
コクワガタのメス? カミキリもいました。
コクワガタ

捕まえた昆虫を囲みながら、みんなで観察
小原さんが虫の名前や特徴を説明
昆虫観察会

目を輝かせて話を聞く子供たち 
昆虫観察会

捕まえた虫を持って記念撮影
昆虫観察会

虫との触れ合いは素晴らしい体験
捕まえた虫たちは、捕獲したところに放しました。
昆虫観察会

後半は池で水の中の生き物を網で探しました。
昆虫観察会

捕まえたアメリカザリガニとヌカエビ
子供たちの関心は大きなザリガニへ
最後「エビは池に返すが、ザリガニは戻さない」と言ったら
「ザリガニをどうするの」と子供たち
「アメリカザリガニは外国から来て、この池の生き物を食べつくす怖い生き物」
「池の生き物を守るためにおじさんが後で殺します」と答えました。
子供たちは「かわいそう!」と
大切な命についてちょっと考えていたようです。
しかし、最後は分かってくれました。
昆虫観察会

小さい時から、このような体験をしていくことはとても大切なことと
改めて感じた今日の昆虫観察会した。
次のひとコマは
今日とても良く撮れた1枚 
最年少の彼も網を持って ・・・
みんなこんな雰囲気でかけまわりました。
昆虫観察会

家族で楽しむ自然体験
「昆虫観察会」は楽しく終わりました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。