019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

集まる虫たち

2014/07/31 11:53

昆虫観察会の開催地にあるシロヤナギの老木
この木の瘤に虫が集まってきます。
今日は、アオカナブンとコムラサキ、コクワガタがいました!
樹液

特に争うこともなく一緒に樹液をなめています。
コムラサキが羽を広げました!
きれいな紫色の光沢がきれい ・・・
樹液

隣の瘤には、キタテハが数匹集まっています。
樹液

エサを求めて飛びまわるチョウや甲虫は、エサ場で待つのが一番!
そばの草原のアザミの花ガザミグモが ・・・
脚を大きく広げて花に来る獲物を待っています。
ちょっと怖そう ・・・
クモ

ギボウシの花の中にはハサミムシがいました。
お尻に大きなはさみを持ち強そう!
やはり花に集まる虫を狙っているようです ・・・
ハサミムシ

小岩井農場の森や草地では、
昆虫たちが餌を求めていろいろ工夫をこらしています。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

散策路の脇の草原でトノサマバッタを発見
今年初めての対面です。
じっと草にとまって動きません。
いったん飛べば数十メートルも飛んで行ってしまう ・・・
トノサマバッタ

これはチャンスと接写
大きな顔!
トノサマバッタ

「ミツバにキアゲハの幼虫がいました」と ・・・
農場自然散策案内人の佐生さんからの情報
さっそく行ってみると5匹ほどの幼虫がカラフルな姿でミツバについていました。 
間もなく蛹になりそうな立派な姿です。
幼虫

2週間ほど前までゲンジボタルが飛んだ小川で
水面に浮かぶアメンボが涼しげです。
黒い影が川底に写りおもしろい!
アメンボ

農場自然散策にご参加になればいろいろな虫に出会えます。
毎日11:30スタート 所要時間60分 

8月2日(土)・3日(日)・9日(土)~17日(日)には昆虫観察会を開催。
虫が大好きな皆様、親子でおいでください。
13:30スタート 所要時間 90分

共に 入園口横テントで受付 
    大人 500円 子供 無料

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

梅雨明け

2014/07/30 10:24

緑
セミの声でいっぱいの小岩井農場です。
今日はいい天気。緑の陰影が濃い影を落としています。
岩手県も梅雨明けしましたね。

本部とネム
小岩井農場本部事務所のネムの木が満開になりました。

ネム
柔らかそうな花をいっぱいに咲かせています。
花が少ない夏の時期には貴重な植物です。

トラクター
さて、快晴にあわせて行われているのが、牧草地の二番刈り作業。
トラクターが忙しく往復しています。
牧草は、三日間ほど天日干しして収穫します。

岩手山
小岩井農場の牧草地は全部で600ヘクタール余り。
次の雨が来る前に、暑い中でも忙しい作業が続きます。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

真っ赤なキノコ登場

2014/07/22 13:38

毎年7月中旬から見られる真っ赤なキノコ
今年も出てきました!
白い卵の殻のような袋を破って赤い傘を見せる。
とても不思議な姿
キノコ

翌日、「どうなったかな?」と行ってみると!
こんなに大きくなっていました ・・・
速い 大きなオレンジ色のキノコが突っ立ていました!
キノコ

まわりを探すと真っ赤な傘のキノコ発見!
この時期を過ぎて、1日足らずで先ほどのキノコになったらしい・・・
キノコ

このキノコは「タマゴタケ」
食用になるそうだ
猛毒なキノコが多いテングダケの仲間とか ・・・
成長が早いキノコの世界 ・・・面白い

(齊藤)

今日の農場自然散策の案内人はボランティアガイドの佐生さんご夫妻
11:30開始の前に行うコースの下見に同行
事前の下見は欠かしません。
自然の中でのお客様との出会いが楽しみと ・・・
散策コースでトラクターバス1便に途中で出会いました!
トラクターバス

チダケサシ オトギリソウ オオウバユリ キツリフネソウ と
開花する山野草を確認していきます。
花も夏らしくなってきました。
佐生さんが見つけた茶白の小さな虫
これはヒメギス
キリギリスの仲間 
ヒメギス

小さなヒメキマダラセセリいました。
鮮やかな色で目立ちます!
ヒメキマダラセセリ

1時間ほど歩きまきば園に戻ると
トラクターバス2便が満席で出発していました。
トラクターバスツアー

青空と白い雲、さわやかな風がそよぐまきば園はにぎやかになってきました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

たくさんのお客様でにぎわう3連休のまきば園
普段立ち入ることができない森を走るトラクターバスは人気です
今日は2台をつらねて走りました。
まきば園を出発
1号車 2号車 合わせて40人ほどのお客様を載せて ・・・
トラクターバスツアー

走り出して5分もすると
小岩井農場の林業の歴史を語る100年杉林道に入ります。
緑に囲まれた林道に姿を現したトラクターバス
トラクターバスツアー

先導する1号車はジョンディアー2030
後続の2号車はジョンディア1630
共に現役引退した古い農業用トラクターが牽引
3便の1号車車掌は佐藤 運転手は佐々木
2号車車掌は斉藤 運転手は徳田
車掌の案内を聞きながらのトラクターバスツアー
いろいろ変わる車掌や運転手との交流も楽しい
トラクターバスツアー

100年杉林道で下車 思い思いに記念撮影
トラクターバス

再び出発 
次は、逢ノ沢渓流で下車してミニ散策
トラクターバスツアー

後続の2号車は初期の四輪駆動
大き目な前輪と大きなシャフトが特徴
トラクターバスツアー

通り過ぎていくトラクターバスをカメラで追っていると
足元の葉にキイトトンボがとまっていました。
水辺から離れたこの森の中にもいるのですね ・・・
キイトトンボ

毎日運行しているトラクターバス
これから繁忙期にはトラクターバスの2台運行も実施いたします。
2台並んだ姿は結構魅力的! と思うのは私だけ?

(齊藤)

カルガモの親子(小岩井農場のかわず池にて)
小岩井農場まきば園内のかわず池で、カルガモの親子の姿が見られるようになりました。
以前、一組のカルガモのつがいがいましたが、しばらく姿を隠していました。
きっと、安全なところで卵を抱いていたのですね。
6羽のかわいいヒナが親鳥と一緒に過ごしています。
小岩井農場にお越しの際には、まきば園のかわず池のカルガモたちもご覧ください。


動画でも撮ってみました。
かわず池の向こう岸近くにいたのでドアップでは撮れませんでしたが、ヒナたちのしぐさがかわいいですね。
6羽のヒナたちを見守る親鳥の姿にも、ほのぼのとします。

(高山)

夏休みがはじまる時期のなってきました。
小岩井農場まきば園では、
お子様づれのご家族がたくさん目につくようになりました。
子供達の関心の一つが虫
補虫網や虫かご、メモ帳などを持って自由研究に打ち込む姿も ・・・
各種トンボが舞い飛ぶ蛙池
蛙池ではギンヤンマが「つなぎトンボ」になって産卵しています。
水中に尾を入れて産卵しているメス
上で支えているのがオス
動きが速い!トンボを撮影できるのは、とまったときだけ ・・・
飛行中の姿の撮影は難しい ・・・
ギンヤンマ

咲きだしたオトギリソウを撮影しているとヒラタアブの仲間が飛んできました。
ホバリングをして空中で停止するので撮影できました。
姿はまるでハエのようですが
幼虫は害虫のアブラムシを食べるそうです! 益虫です。
もちろん蜂のような毒針も持っていません。
オトギリソウ

植物と昆虫のおもしろい関係を、
まきば園内で楽しく観察できる季節になりました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

あじさい見頃です

2014/07/14 17:27

農場内にある旧網張街道に行ってみました。

旧網張街道あじさい
丁度見頃を迎えています。
この街道は、小岩井農場の北にある網張温泉まで行くための旧道です。
今は、約2kmの杉とあじさいの並木になっています。

もう少し先まで行ってみると・・・

旧網張街道あじさい
こんな感じです。

こちらのあじさいは、ガイド付きバスツアー「小岩井農場めぐり」でご紹介しています。
ぜひご参加くださいね。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

横浜からおいでいただいた、お母様と娘さんをご案内しました。
曇りがちで、小雨が少しパラつきましたが、
あまり暑くもなくウォーキングには好条件!
娘さんがカメラをお持ちで、
植物を見たいとのご希望
さっそくハナイカダの葉に実がつく面白い姿を撮影
プレミアムツアー

オシダが繁茂する100年杉の森の中で記念撮影
プレミアムウォーク

キンセイランの花
見ごろでは最後の株です。
DSC_0031jh.jpg

自然散策コースの見所のひとつ
100年杉林道でも記念撮影!
プレミアムウォーク

逢ノ沢渓流では、100年杉を使いおもしろいアングルで ・・・
プレミアムウォーク

向こう岸には朽木に大きなキノコが!
白くてとても目立ちます。
キノコ

近くで同じキノコを発見!
プレミアムウォーク

散策路の脇に真っ赤なナニワズの実がありました。
とても鮮やかで、これも撮影しました。
ナニワズ

カボチャ畑の前、オオウバユリと並んで
プレミアムウォーク

そこにちょうど酪農部のトラクターが牧草を運んで通りがかりました。
運転手さんが手を振ってあいさつをくれました!
トラクター

所要時間1時間30分のウォークは、
最後にまきばの天文館でお茶を飲み見学して終了
お客様と、おいしい森の空気を吸いながら、楽しい時間を満喫できました。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

8日の夜に観察会終了後に撮影した観察地のホタルをご紹介します。
月齢13ですがずいぶん明るい月ですね。
12日が満月、週末は曇るといいですね ・・・
ホタル観察会

ゲンジボタルの発光飛翔
数匹のゲンジボタルが、目の前で舞う姿は幻想的
2か所目の生息地で遅れて飛びはじめました
ゲンジボタル

蛙池は、月明かりで照らされホタルもまぶしそう!
木陰の暗がりで、激しく点滅するヘイケボタル
ゲンジボタルよりもたくさん輝いています。
月明かりがなければイルミネーションの様に見事なはず!
ヘイケボタル

今週末は、ゲンジボタル、ヘイケボタル共に観察できそうです。
ただし、ゲンジボタルは最盛期を過ぎました。これから終息していくでしょう。
2つのホタルを見たい方は、今週末までにおいでください。
来週13日から21日の観察会は、生息状況をみて開催の有無をお知らせします。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

6月28日から毎日開催中、夜の小岩井農場はホタルの観察会で賑わっています。
5日(土)は142名、6日(日)は89名、たくさんのご参加ありがとうございました。
 
ゲンジボタルを探しながら歩いた真っ暗な森の中や、ヘイケボタル
が飛び交う幻想的な池のまわりは昼間はどんな様子なのでしょう?

RIMG0522.jpg
こちらはホタル沢入口。トンネルを抜けると・・

RIMG0520.jpg
頭上にゲンジボタルが飛んできてくれたホタル沢。
昼間はマイナスイオンたっぷりの、空間が広がっています。

RIMG0516.jpg

RIMG0515.jpg
真っ暗な中、恐る恐る歩いた散策道も、日中は気持ちのいい散策道。

RIMG0527.jpg
そしてヘイケボタルの光と、カエルの大合唱で賑やかだったカワズ池。

例年よりも1週間以上も発生が早かった、今年のホタル。
ゲンジボタルは最終盤。
昨日は10~15頭(ホタルは頭と数えます)ほどが飛ぶのみとなりました。
ヘイケボタルは、まだ100頭ほど観察できます。

開催期間は7月21日までを予定しておりますが、発生状況次第では
開催期間が短くなりますので、早目のご参加をお勧め致します。

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

自然散策案内スタッフからサンコウチョウを撮影したとの情報
さっそく現地へ
 「 ギイ ギイ ・・・」と鳴きながら枝から枝へと飛び移る尾が長い鳥発見
サンコウチョウです。私を見てもあまり警戒しない様子 ・・・
先月「ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイホイ」と独特な鳴き声を聞いていましたが姿は見えず
やっと姿を見ることができました。
サンコウチョウ

水色のアイリングと嘴が目立ちます。
南の国から渡ってきた渡り鳥 ・・・
サンコウチョウ

鳴き声に「月と太陽と星」と
3つの星が入っているので三光鳥と呼ばれるとか
運が良ければ農場自然散策で会えるかも!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

案内人と森を散歩

2014/07/04 13:42

今日農場自然散策には4人のお客様がご参加になりました。
まきば園から涼しい風が吹きぬける樹齢100年の杉の森に向かいます。
今日の案内人は松葉さん ・・・
農場自然散策

散策路沿いにはいろいろな草花があり
お客様から次々と質問がでました。
和気あいあいとゆっくり歩きながら森の中へ
農場自然散策

開催中のホタル観察会の会場である「ホタル沢」を歩きました。
大きな大木は湿地を好むハンノキ
この小川にゲンジボタルの幼虫が生息してます。
農場自然散策

ところどころに薄ピンク色をしたムラサキシキブの花が咲いていました。
紫色の実が秋にはつくでしょう。
農場自然散策

クモキリソウを観察
黄緑色の小さな花をつけて数株が並んでいました。
農場自然散策

次は話題のキンセイラン
下向きの花なので、お客様からお借りした鏡で観察
うす黄色の花がよく見えました。
農場自然散策

ハナイカダの葉に実がついた面白い姿を撮影
農場自然散策

帰り道、道端の葉にオバボタルがとまっていました。
夜に輝くホタルではありませんが
大きさや形がヘイケボタルに似ています ・・・
農場自然散策

案内人とお客様が自然を話題に楽しく交流できた1時間でした。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

初夏の涼しい森で

2014/07/03 16:24

農場自然散策コース
良く晴れて午後の日差しが森に差し込みます!
ホタル観察会で今使っている小川にも日差しが ・・・
農場自然散策

岸辺の葉にとまっているカワトンボと目があいました!
カワトンボ

ハナイカダの実が大きくなってきました。
ポツンと葉の上に並ぶ姿が面白い
これから黒く熟していきます ・・・
ハナイカダ

左の、大きな葉が4枚はフタリシズカ 5月に開花
右隣の、小さい葉が4枚はヒトリシズカ 4月に開花
今では実がついて地味な姿です。
共に、素敵な名前をもらいました。
農場

先月はツルアジサイが森の中で、幹に巻き付いて白い花を目立たせていました。
続いて、よく似たツル植物のイワガラミが花を咲かせています
イワガラミ

今日の外気温は30度ほど、森の中は3~4度は低い ・・・
暑い日は森で初夏の自然を楽しみましょう。
野鳥もさえずり、風が流れ ・・・
まきば園の夏は、自然散策の森の中で涼しさを
歩くのが苦手な方は、トラクターバスツアーでどうぞ!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。