019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

キンセイランが開花

2014/06/29 15:49

先ほどブログで紹介したキンセイラン
食害を受けて無残な花でしたが ・・・
その後、さらに自然散策コースを探してみました。
やはりありました! きれいに咲いているキンセイランが ・・・
キンセイラン

小雨の中で、傘を差しながら撮影
森の中は暗くなって 手振れがしそう!
どうにかうまく撮れました。
小さいランですが姿が素晴らしい ・・・
キンセイラン

これから一週間程度観察できそうです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

初夏の森を飾る小さな山野草が咲きだしました。
樹齢100年の杉林の林床に白い小さなが咲いています。
イチヤクソウです。
農場自然散策

スズランのような白い花が下向きに咲いています。
下からのぞいて見ると 立派なめしべとおしべがありました!
イチヤクソウ

オシダの葉の下に咲くクモキリソウは
下のつぼみから咲きだし、まもなく満開!
クモキリソウ

黄緑色の花は地味ですが、
小雨に濡れたつややかな葉と咲き並ぶ花は、まさに野生ランの姿 ・・・
クモキリソウ

ショック!
最初に咲きだしたキンセイランの花を何者かが食べた?
欠けた花弁に黒い糞のようなものがついていました。
これから咲き出すつぼみに期待!
キンセイラン

林床に、にょっきりと頭を出してきたオニノヤガラ
オニノヤガラ

これも野生ランの仲間だそうです。
高さ50cmほどの背丈 ・・・
オニノヤガラ

タマガワホトトギスも咲きだしました。
シャンデリアの様な、派手なデザインがおもしろい!
タマガワホトトギス

7月の農場自然散策にご参加になり、
これらの初夏の山野草をお楽しみください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

6月28日(土)からホタル観察会がはじまります。
会場は、まきば園内とその周辺の小岩井農場のホタル生息地
今年は、6月18日に発光を確認しました。
例年より1週間以上早い出現!
昨晩のホタルの状況を紹介します。
蛙池ではヘイケボタルが30匹ほどが発光飛翔
すでに結構見応えがあります。
ホタル観察会

逢ノ沢ではゲンジボタルが見ごろを迎えています。
川沿いをゆったりと飛ぶ姿が見所
15分間に飛ぶホタルを撮影しました。
ホタル観察会

森の中のホタル沢は、林内を飛ぶゲンジボタルが見所
頭上を舞うホタルは星のようにも見えます。
ホタル観察会

その日、最良の観察地を選び2か所程度をご案内いたします。
見ごろが早くなっただけ、発光飛翔の終了も早くなる可能性もあります。
7月21日まで開催期間を設定していますが、発生状況によっては早く終了することもございます。
お早めにおいでください。
虫さされなど防止ために、肌の露出が少ない服装でご参加ください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

牧草地
少々雲も多いですが、今日は青空が広がっています。
牛のエサ用とうもろこし、デントコーンの畑は、順調に成育中です。

網張街道
杉並木が美しい「旧網張街道」に行ってみました。

アジサイ
杉の下のアジサイ並木が色づき始めていました。
来月には見ごろを迎えそうです。

こちらの街道はバスツアー「小岩井農場めぐり」でガイドがご案内しています。
7月は下車ポイントにもなっていますので、間近で見ることもできますよ。
どうぞお楽しみに♪

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日も晴天、散策日和ではありますがカエルを見つけるには難しい天気。
モリアオガエルを見つけることはできるかな?

「見つけた!」の声でみんな集まります。
こんなに人気者の生き物は、小岩井農場では子羊かモリアオガエルかでしょう。
IMG_3366.jpg

カエルが苦手なお父さん、お母さんも、「ちょっとかわいいかも・・」
IMG_3368.jpg

カワズ池にぶら下がった卵塊。
ふわふわのアワアワ卵だと思ってた感触は、
意外にも「カサカサしてる!」
IMG_3369.jpg

前日に捕っておいたツチガエルと一緒に観察タイム。
観察会に来るだけあって、今日の子どもたちは皆たくましかった!
IMG_3370.jpg

最後は、池に放します。
「また来年会おうね!」
IMG_3372.jpg

後半戦は、森の中の池に移動。
こちらの池には以前はモリアオガエルがたくさん住んでたんですが、アメリカザリガニが増えて生き物のいない池になってしまいました。
今はどんな生き物が住んでるかの調査と、モリアオガエルの住む池に戻そう!とザリガニ捕りをしました。
IMG_3376.jpg

みんなの楽しみながらの、この頑張りが自然再生につながります。
IMG_3378.jpg

生きもの大好きな子どもたちとのあっという間の2時間でした。

次は、今月28日からのホタルの観察会が始まります。
夏休みの農場自然散策通常版では虫捕り網を持って涼しい森を歩くのも楽しいですし、9月のカワシンジュガイの観察会では森の
中の沢に入って生き物探しをします!
ぜひ、ご家族で、小岩井農場の森での自然体験してみませんか?

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は県外からのお客様が3名ご参加になりました。
大船渡市に復興支援で来ていただいているご夫婦
エコツーリズムに興味をお持ちの男性
和気あいあいと話は弾み、話題が広がるウォーキングでした。
100年杉林道で記念撮影
プレミアムウォーク

森の中の休憩ベンチは切り出した丸太の残材
100年を読み取れる年輪を観察 
プレミアムウォーク

渓流のせせらぎを聞きながら歩き
魚、水生昆虫、貝など豊かな生態系を持つ逢ノ沢を紹介
カワシンジュガイが川底に刺さり並んだ様子が見えました
プレミアムウォーク

かぼちゃを植えた畑をバックに
収穫の秋が楽しみです!
プレミアムウォーク

最後は、昨晩、土星と火星を観察したまきばの天文館でお茶を飲み終了。
昼食場所の炭火焼レストランへ向かいました。
「小岩井農場の人と自然の共生から生まれた環境の活用」を
紹介するウォーキングいかがでしたでしょうか。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

モリアオガエルの観察会 1日目
天気は晴れ、自然散策には最高の条件
しかし、モリアオガエルの観察は少し雨っぽいほうが良いのです!
今日は20名ほどのお客様がご参加になりました。
ガイドは齊藤 サブガイドは松葉
さっそく観察地に歩いて移動
子供たちと元気よく、蝶やトンボを見つけながら
モリアオガエル観察会

さっそく観察地の池でモリアオガエルの卵塊を見つけました。
岸辺の卵塊の中が溶けて、小さなオタマジャクシが動いています!
モリアオガエル観察会

木の枝についている卵塊も発見
卵塊の底が溶けて、オタマジャクシが落ちはじめていました。
モリアオガエル観察会

3箇所目の池は、10年前にはモリアオガエルの産卵池でしたが ・・・
今は、アメリカザリガニが大繁殖して、産卵が見られなくなりました。
昨年から、重点的に駆除していますが、なかなか減りません!
今回は、どの程度自然が復活してしているのかと、お客様と生物調査をしてみました。
モリアオガエル観察会

20分ほどで、ザリガニ20匹 
1匹だけ大きな成体 あとはまだ小さい幼体
幼体の割合が高くなっているのは、駆除の成果?
モリアオガエル観察会

長さ3cmほどの体が透き通ったヌカエビが10匹
アメリカザリガニに負けずに生き延びてきました。
モリアオガエル観察会

フナの子供が2匹つかまりました
これも昔から生息しています。他は何もみつかりませんでした。
トンボが飛び、モリアオガエルが産卵する池にするにはまだ遠いようです。
モリアオガエル観察会

アメリカザリガニと遊ぶ子供達
処分してしまうことに、かわいそうとの声も ・・・
池の生態系を守るためには必要なことと話すと、うなづいていました。
「トンボやゲンゴロウを守るために身のまわりで見つけたら駆除してね」と ・・・
モリアオガエル観察会

最後の観察地は、いろいろなトンボが舞い飛ぶところ
モリアオガエルの卵塊がたくさんモミジの枝についていました。
卵塊のそばで休むオスを見つけ観察
夜に、確保しておいたモリアオガエルのオスをみんなで観察
「かわいい ・・・」の歓声が
モリアオガエル観察会

卵塊探しから、生息環境調べ、
最後に豊かな自然を再生した蛙池でモリアオガエルと対面
2時間の観察会は、子供たちの熱気を残しながら終わりました。
「明日も来たい!」との声が ・・・
明日22日(日)が2回目で最終日となります。

(齊藤 :撮影松葉) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

ホタルが飛んだ!

2014/06/20 09:06

昨晩、21日(土)・22日(日)に開催予定の
モリアオガエル観察会準備のために園内の池を夜に観察しました。
順調に卵塊が増えています。
抱接しているペアを何組か発見!
モリアオガエル

池の岸辺の草の中に光るものが ・・・
まだ例年より1週間程度早いですが! ホタルです。
赤い胸の部分を見ると黒いすじが入っています。ヘイケボタル!
ヘイケボタル

それではと、ゲンジボタルが生息する逢ノ沢に行ってみると ・・・
いました! 1匹のゲンジボタルが川に沿ってゆったりと点滅しながら飛んでいました!
足元の草でもう1匹が光っています。
今年の小岩井農場のホタルは例年より1週間ほど早く輝きはじめました。
ゲンジボタル

モリアオガエルもホタルも、梅雨空を喜ぶように元気です。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

少し肌寒い、曇り空
二人のお客様をガイド2名でご案内する自然散策でした。
ホタルやサクラソウの観察会にご参加いただいていたお客様でした。
散策コースの入口で、桑の実を見つけました。
野性ラン観察会

黒い実はもう食べられます ・・・
メインガイドの佐藤が説明
木の実

森の中で、期間中咲き続けてきたサルメンエビネを観察
大きな黄色い花がまだ健在!
野性ラン観察会

下についた花は終わり、実が膨らんできていました。
先についた花はまだまだきれいです ・・・
サルメンエビネ

今回の主役はサイハイラン
色素が少ないこの株は、今が一番美しい姿に ・・・
野性ラン観察会

こちらは、1本だけ花茎がたっていた株
薄ピンクと赤紫と黄色の配色と姿が見事 ・・・
野性ラン観察会

途中で100年杉の森の休憩所に立ち寄り
佐藤が林業の話題も含め小岩井農場の森の魅力を紹介 
野性ラン観察会

100年杉林道で、11:00発のトラクターバスと出会い挨拶を交わしました。
この広い自然散策コースを私たちで貸し切り ・・・
野性ラン観察会

今日はたくさんの鳥たちの鳴き声を聞きながら歩いていました。
鳥にお好きで双眼鏡をお持ちのお客様が、「そこにキビタキが・・・」
と教えてくださいました!
野性ラン観察会

森の緑に埋もれたように、ひっそりと咲くクモキリソウはまだつぼみ
野性ラン観察会

道端のツルアジサイを見ながら帰途につきました。
日が少し差しはじめ、雨にもあたらず、楽しい観察会になりました。
野性ラン観察会

来週は「モリアオガエル観察会」
蛙池の木には、たくさんの卵塊がついていました!
モリアオガエル観察

小岩井農場は梅雨本番を迎えています。
長靴を履いて、家族でモリアオガエルを観察しましょう。
モリアオガエルが自然についていろいろ教えてくれます!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まきば園内の水路にモリアオガエルが卵塊を産みつけました。
最近の雨は、カエルたちにとって恵みの雨!
モリアオガエル

白くみずみずしい様子から、昨晩産みつけられたようです。
観察地には、卵塊が毎日増えています ・・・
6月21日(土)・22日(日)に開催予定の「モリアオガエル観察会」が楽しみです。
カエル好きな皆様一緒に観察しませんか?

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

雨が心配されましたが15名のご参加がありました。
長靴を履いてスタートです!「降りませんように!」
6.8野生ラン.jpg

森に入って、本日最初のランはエビネ。
緑色のもの、赤っぽいもの、いろいろな顔のエビネを観察します。
6.8野生ラン2.jpg

ホタル沢で少し降ってきましたが、森の中では気にならないほどの雨でした。
むしろ、森の中はひんやりとして気持ちよかったです。
6.8野生ラン3.jpg

ブロロロ・・
6.8野生ラン4.jpg

トラクターバスは100年杉林道へ。
我々は100年杉林道からさらに森の中深くへと進んでいきます。
6.8野生らん5.jpg

100年杉林道も雨あがりで幻想的な雰囲気。
6.8野生ラン6.jpg

今日も人気者のサルメンエビネ。
6.8野生ラン7.jpg

アルビノサイハイランは来週に見頃を迎えそうです。
6.8野生ラン8.jpg

今日も100年杉の広場で休憩。
マイナスイオンたっぷりのとっておきの場所です。
6.8野生ラン10.jpg

6.8野生ラン9.jpg

後半戦スタート。
さらに森の奥へと入り、キンラン、エビネ、サルメンエビネをじっくり観察。
森の中は雨あがりで緑が生き生きとしていました。
6.8野生ラン13.jpg

6.8野生ラン11.jpg

6.8野生ラン12.jpg

最後には陽射しも出てきました。
「雨で行こうかどうか迷ったけど、来て本当に良かった!」
と、ありがたいお言葉をいただきました。
6.8野生ラン15.jpg

野生ラン観察会は、来週14日(土)・15日(日)の残り2回。

平日11時半からの1時間の散策、農場自然散策通常版でもじっくり野生ランをご覧いただけます。

今日は新潟からもご参加いただきました。
県内に、そして全国に小岩井農場の森のファンが広がっていくことはとても嬉しいです!

(佐藤、撮影 花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

先週に続きて、野生ラン観察会を開催しました。
グループ参加の若い方々と一般のお客様を合わせて
30人ほどのご参加がありました。
今日はあまり暑くなく散策には好条件
ずいぶん緑が濃くなってきた森に入る前にガイドが説明を ・・・
野性ラン

途中、100年杉林道で記念撮影
森を出ると!V字の並木が現れる見所!
野性ラン観察会

林道を歩きながら森の中で、次々とみられる花を楽しみました。
樹齢100年の丸太の前を歩いて ・・・
野性ラン観察会

ランの群落を見つけて観察 撮影 
野性ラン観察会

まだ見ごろなサルメンエビネ
野性ラン

定番のエビネは、そろそろ終わりに近い花も出てきましたが
まだまだ見ごろな株のたくさんあります。
紫色が濃いめできれいな株
野性ラン

帰り道に見つけたコウモリソウの仲間
先に若い葉が、本当にコウモリが飛んでいるように見えます!
次々と出てくるいろいろな花や葉がおもしろい時季 
野性ラン観察会

明日8日(日)、来週14日(土)・15日(日)
も開催します。

(齊藤 撮影:佐生) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

野生ラン観察会での一番の人気者、キンランが咲きました。
6.4キンラン1.jpg

今年はこの1株のみ。
6.4キンラン2.jpg

今週末7日(土)・8日(日)の野生ラン観察会の主役です。
そして来週14日(土)・15日(日)はサイハイランが見頃となりそうです。
6.4キンラン3.jpg

(佐藤)

牧草刈り

2014/06/04 08:54

今年も牧草収穫の時期がやってきました。
ここのところの好天続きで、作業が進捗しています。

駅前草地
小岩井農場の牧草刈りは年3回。
今は、一番刈りの季節です。
農場内をトラクターに曳かれた大型の機械が行き交います。

円馬場
こちらは刈り取った牧草を乾燥して、広げて、反転して・・・を繰り返す作業中。
三日間、天日干しで乾燥させると、牛にとってはおいしい乾牧草ができあがります。
トラクターが行き交う様は壮観です。
運がよければ、バスツアーでも見かけることができるかもしれません。

雨が降る前に作業を終らせないと大変です。
忙しい日が続きます。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

真夏のような暑さが続くせいか、本日の参加者は少なめの7名。
その分じっくりと写真を撮ったり観察したり、野生ランを満喫しました。
6.1野生ラン1.jpg

こちらは色が薄めの緑がかったエビネ。
いろいろな色のエビネが見られるのも、自然度が高い小岩井農場の森の魅力です。
6.1野生ラン2.jpg

ランの生態について解説。
6.1野生ラン3.jpg

今日も100年杉林道で記念撮影しました。
6.1野生ラン4.jpg

皆がシャッターを押す、人気者はサルメンエビネ。
6.1野生ラン5.jpg

100年杉の広場は、今日も涼しかったです。
6.1野生ラン6.jpg

後半戦スタート。
探しながら歩く、野生ラン観察会ならではの楽しさです。
6.1野生ラン7.jpg

そして今日のクライマックス。
今年最後のクマガイソウを観てゴールとなりました。
6.1野生ラン8.jpg

野生ラン観察会は7(土)・8(日)・14(土)・15(日)と続きます。
今年は開花が早いので前半のご参加がおすすめです。

また、平日11:30~12:30、1時間の農場自然散策通常版でも野生ランをご紹介しています。

暑い日も、森の中はさわやかです。
一緒に新緑の森を歩きませんか?

(佐藤)


「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。