019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

野生ラン観察会初日

2014/05/31 14:09

野生ラン観察会初日は23名のご参加がありました。
森の中に可憐に咲く野生ランを探してスタートです!
まず登場したのはササバギンラン。野生のランはこんな控えめな花が多いです。
5.31野生ラン1.jpg

そしてエビネも見頃を迎えました。
5.31野生ラン2.jpg

今日は100年杉林道で記念撮影。
春からの観察会常連の方も、この100年杉林道は初めてのお客様が多かったです。
こんな森と牧草地の大景観が見られるのも、農場自然散策の魅力です。
5.31野生ラン4.jpg

100年杉林道でトラクターバスもやってきました。
森の中で出会うと、散策のお客様も、トラクターバスのお客様も自然と笑顔になります。
5.31野生ラン5.jpg

100年杉の秘密の場所で休憩。「森の広場」「森の教室」どんな名前がいいでしょう?
今日も30℃近くまで上がりましたが、森の中はさわやかな風も吹き気持ち良かったです!
5.31野生ラン6.jpg

野生ラン観察会は、これまでの春の観察会と違い、森の奥へと入っていきます。
歩いて探して、咲いているのを見つけた時の喜びは野生ラン観察会ならではです。
5.31野生ラン7.jpg

今年は早くに咲いたクマガイソウでしたが、なんとかもってくれました。
野生ラン観察会序盤の主役は明日までが見頃です。
今日は新緑の森の中をゆっくりじっくり歩き、これまでのミズバショウやサクラソウの群落ともまた違う、森の楽しい一面をお客様と再発見しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
5.31野生ラン8.jpg

今年の野生ランは開花が早目、前半のご参加がおすすめです。
ササバギンラン、エビネ、サルメンエビネ、そして後半の主役サイハイランへと続きます。
そして、キンランはいつ咲くのか?今年は咲いてくれるのか?!
「まきばの散歩道」でお知らせしたいと思います。

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

あす5月31日(土)から
6月1日(日)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)と野生ラン観察会がはじまります。
季節は初夏に向かい森の草花も華やかになっています。
真っ白い小さな花を咲かせたササバギンラン
野生ラン

小岩井農場といえばエビネ
野性ラン

色が薄いタイプが隣にサクラソウのように株分けと種子交配で増えます。
交配すると異なる色の花が生まれ、いろいろな花が並ぶお花畑に ・・・
野性ラン

エビネの仲間のサルメンエビネは今が見ごろ
花も草丈もひとまわり大きい株です。
野性ラン

開発や盗掘により激減してきた野生ラン
また、身のまわりの山々で自然の中の花を楽しむことはできないのでしょうか。
小岩井農場では環境保全の取り組みを進めています。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

サクラソウ観察会は今日が最終日。小岩井農場の森を初めて歩くお客様、
リピーターのお客様、お友達を連れてきてくださったお客様、北は札幌から、
南は福島まで、今年最高の38名のご参加がありました。
新緑の森へにぎやかにスタートです!
5.25サクラソウ1.jpg

今日はうっすら曇り空でしたが、岩手山は顔を出してくれました。
羊たちを眺めながら観察地へ向かいます。
5.25サクラソウ2.jpg

散策道路沿いに数株、本日の第一サクラソウ発見!
ですが、こんなものではありません、サクラソウの群落が待っています。
5.25サクラソウ3.jpg

今日も広大な牧草地を通って、小岩井農場の風を感じながら歩きます。
5.25サクラソウ4.jpg

アカマツの大木の下で少し休憩。
2時間の散策とはいっても、季節の山野草を紹介しながら、のんびりゆっくりの観察会です。
5.25サクラソウ5.jpg

水辺のサクラソウの前で「自然度の高い小岩井農場のサクラソウ」を紹介。
いろんな顔のサクラソウを探しに、いざ群落へ!
5.25サクラソウ6.jpg

盛りは過ぎたものの、まだまだ見事に咲いていました。
写真を撮ったり、じっくり観察したり、思い思いに歩きます。
5.25サクラソウ9.jpg

5.25サクラソウ7.jpg

5.25サクラソウ8.jpg

今年最後のサクラソウの前で記念撮影。
サクラソウ、また来年会いましょう!
5.25サクラソウ10.jpg

まきばの天文館でゴール。暑すぎず、とても気持ちのいい2時間の散策となりました。
5.25サクラソウ11.jpg

次は来週から始まる「野生ラン観察会」。
貴重な野生ランを探して新緑の森の中を巡ります。
開催日は5月31日(土)
      6月1日(日)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)の計6日間ですが、
野生ランも今年は開花が早く、前半のご参加がおすすめです。
また、平日11時半からの1時間の農場自然散策通常版でも野生ランをじっくり観察できます。
また小岩井農場の森でお会いしましょう!

(佐藤、撮影佐生)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は少し風が冷たかったものの、岩手山もくっきり見え散策日和。
24名のご参加がありました。
サクラソウの観察地まではおよそ30分。
小岩井農場の自然散策の中でも最も長いコースのひとつですが、途中お話をしながらのんびりゆっくり歩きます。
5.24サクラソウ1.jpg

広大な牧草地を眺めながら歩けるのも、小岩井農場の散策の魅力です。
「広い!」
5.24サクラソウ2.jpg

サクラソウの群落へ到着。
今の時期はサクラソウだけではありません。様々な春の山野草が花を咲かせ、森を歩くには最高の季節です。
こちらはエンレイソウとサクラソウ。
DSCN0743.jpg

そしてサクラソウの前で記念撮影。
今年のサクラソウは開花が早かったので心配でしたが、今日もまだまだ見頃、明日の最終日も楽しみです。
「次の野生ラン観察会も来ます!」とありがたいお言葉をいただきました。
野生ランも昨年よりも開花が早め、開催期間前半のご参加がお勧めです。
5.24サクラソウ3.jpg

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

青空が透き通るような好天
今日の農場自然散策の案内人は佐生さんご夫妻
前にウォーキングに参加していただいた方と
マラソン大会に参加なさった帰りにいらしたお客様でした。
足元に広がるムラサキサギゴケを見ながら散策コースへ
農場自然散策

雑木林に入るといろいろな草花が咲いていました。
フデリンドウが小さな花束のように ・・・
フデリンドウ

湿ったところによく見られるオオウバユリが、大きな葉を広げはじめていました。
夏に咲く大きな花は見応えがあります。
自然散策

4月にミズバショウが咲いていた湿地は
ミズバショウの大きな葉が伸びて別世界になりました。
自然散策

ミズバショウの葉の間に、今はサクラソウが光を浴びて咲いています。
ピンクの花はとても目立ちます!
自然散策

このコースのサクラソウは5月上旬から咲いていました。
まだまだ見ごろのサクラソウが ・・・
早く咲きはじめましたが、いつも通りに咲く株もありました。
サクラソウ

昼は静かな上丸牛舎構内を歩く
植栽したレンゲツツジやヤマツツジが見ごろです。
自然散策

1時間の農場自然散策は、あっという間に終わりました。
またのおいでをお待ちしております。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

去年まきば園の森に設置した巣箱にシジュウカラが卵を産みました。

シジュウカラの卵

抱卵期間は14日。雛は羽化してから16~19日で巣立つそうです。

シジュウカラ抱卵

あ、抱卵中でしたね。ごめんなさい。
これからは、コッソリ観察して見守っていきたいと思います。

(花田)

今日は多少冷たい風が吹くものの、天気は晴れ!
30人のお客様と観察地に向かいました。
途中、森の中を走るトラクターバスツアーと出会いました。
サクラソウ観察会

矢取森牧草地を右に見ながら歩きました。
サクラ

緑の海と青空、白い雲 まさに小岩井農場らしい大景観
矢取森牧草地

サクラソウ自生地の入口にあるサクラソウが迎えてくれました。
小川の岸辺に寄せ植えのように咲く姿はかわいらしい。
案内をするガイドの佐藤
サクラソウ観察会

自生地の中央には、たくさんの花が咲き乱れています!
まさに満開 良く見るといろいろな色や形の花が ・・・
サクラソウ観察会

花びらが細長いタイプ
サクラソウ

花びらの幅が広いサクラソウも
サクラソウ

花の違いを見ながら、カメラを向けて撮影するお客様
サクラソウ観察会

座ってのんびりと観察するお客様
サクラソウ観察会

自由に観察したお客様と記念撮影
広がるピンク色のサクラソウを前にして ・・・
サクラソウ観察会

サクラソウ観察会を
第3回 ・24日(土)、第4回・255日(日)に予定しております。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小岩井農場の水辺に春を告げる花、サクラソウの観察会が始まりました。
初日の今日は岩手県内、宮城、東京から20名のご参加がありました。
風も冷たく、あいにくの曇り空でしたが、満開のサクラソウが待っています、
元気にスタート!
5.17サクラソウ1.jpg

小岩井農場の森の特徴を紹介。
サクラソウ自生地まで、お話をしたり、季節の山野草を観察したりしながら、のんびり歩きます。
5.17サクラソウ2.jpg

ザゼンソウ観察会でも歩いた猫石沢沿い、杉林の中のサクラソウ観察。
5.17サクラソウ3.jpg

お待たせしました。サクラソウ観察地に到着、「おお~っ」と歓声があがります。
DSCN0736.jpg

いろいろな顔のサクラソウを探しながら写真を撮ったり、じっくり観察したり思い思いに歩きます。
「上から見たサクラソウもおもしろいよ」お客様が教えてくれました。
5.17サクラソウ5.jpg

最後は満開のサクラソウと記念撮影。
DSCN0745.jpg

今日はたくさんのご参加ありがとうございました。
次回「野生ラン観察会」でまたお会いしましょう。
また、平日開催しております農場自然散策「通常版」の1時間の散策でもサクラソウや春の山野草をゆっくりじっくり観察できます。

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年はサクラソウの開花は一週間程度早めです!
もう満開になった株も多く見られます。
一方、早さについていけず未だに蕾の株もあります ・・・
水辺はピンク色であざやか
サクラソウ

サクラソウの目が大きくかわいらしい株
サクラソウ

暖かい日差しを浴びて ・・・
サクラソウ

花びらが丸く ふくよかな花
サクラソウ

花弁が細長く スリムな花
サクラソウ

日差しに向かい、花弁を開くサクラソウ
サクラソウ

珍しい花弁が4枚の花
よく見てみると、見つかります!
サクラソウ

花弁に白い筋がうっすらと入ったおしゃれな花
サクラソウ

たくさんの花が咲く自生地で
ひとつひとつ、花を楽しんでいると時間の経過を忘れてしまいます。
17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)に開催予定のサクラソウ観察会で皆様もお楽しみください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年、初めてのプレミアムツアーには
6人のお客様にご参加いただきました。
二日目の午前中は、ガイドが案内する自然散策、
7月にホタルが飛ぶ水辺は、サクラソウがほぼ満開!
春の山野草を話題に、質問が飛び交い話は弾みました・・・
サクラソウ

100年杉林道で記念撮影
プレミアムツアー

普段は見ることができない林道を歩きながら、森林浴を楽しみます。
プレミアムツアー

森の中で見つけたツバメオモトの群落を前に
プレミアムツアー

木漏れ日が当たり ・・・ 輝くように咲いていました。
ツバメオモト

真っ白い花が見事! 今が見ごろ ・・・
ツバメオモト

まわりの森にはオシダの群落が広がっています。
巻き込んでいた葉がだいぶ伸びてきました。 
プレミアムツアー

見上げると、日差しを受けた林間の広葉樹の若葉がきれいです。
100年杉林道

残雪の岩手山、牧草地の新緑が美しい長者館牧草地
岩手山

天文館カフェでお茶を飲み休憩
空気望遠鏡など、まきばの天文館ならではの展示物を見学
まきば園内の昼食会場 炭火焼バーベキューレストランへ
プレミアムツアー

気温は25度 少し暑くなってきました。
これから炭火焼バーベキューレストランで昼食になります。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

桜の季節も終わり、農場内は新緑の季節に変わってきました。
そんな中、夏から秋にかけての野菜収穫体験用のじゃがいもを植えました。

0510まきばの畑.jpg
今年は、まきば園内のひまわり畑の隣(農場資料館西側)に収穫体験用の畑を作っております。

0510じゃがいも植え体験①.jpg
秋田県から来ていただいた3才の男の子も一生懸命じゃがいもを植えてくれました。
『いっぱいじゃがいもができますように!』

0510さつまいも植え体験.jpg
盛岡から来ていただいた家族も一生懸命さつまいもの苗を植えてくれました。
3才の女の子も『大きくなりますように!』と願いつつ植えてくれました。

11日(日)①9:30~11:00、②13:30~15:00の時間内に、「さつまいもを植えよう」を実施いたします。
小さいお子様から大人まで気軽に体験できますので、ぜひ、この機会参加してみましょう!
(作業用の手袋・靴カバーはお配りしております。また、参加料金は、無料となっております。)

(菊池)

ゴールデンウィークが明けても好天が続いています。
農場自然散策に陸前高田市からのお客様がいらっしゃいました。
今日の案内人は小原さん
暖かい日差しを受けて、芽吹き吹きが進む雑木林を散策 ・・・

農場自然散策

池のまわりに広がる湿地にはサクラソウがたくさん咲きはじめました。
ここはまきば園周辺では一番最初に咲きだすところ

農場自然散策

コバギボウシの葉とサクラソウの花

サクラソウ

一つのつぼみだけ残してほぼ満開
輝くようなピンク色 ・・・

サクラソウ

サクラソウの近くにエゾタンポポが咲きはじめました!
ニッポンタンポポのひとつ 人里では珍しくなりました。

エゾタンポポ

宮沢賢治詩碑を紹介する小原さん
心象スケッチ『春と修羅』にある長編詩「小岩井農場」の一節

農場自然散策

農場めぐりバスツアーでは車窓から見学するだけですが、上丸牛舎構内をゆっくり歩きました。
大きなレンガ造りのサイロを見上げて ・・・

農場自然散策

桜が散り葉桜になってきました。

農場自然散策

小鳥の声が響く静かな構内で
ゆったりと草を食べるホルスタインに見送られながら
1時間の自然散策は終わりました。
「サクラソウ観察会でまたお会いしましょう」と挨拶を交わしてお別れしました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

変わり種の桜

2014/05/08 09:07

シダレ花芽
場内のソメイヨシノの見ごろは終りましたが、今シダレザクラやその他の桜が満開です。
モクレンやツツジも咲き出し、農場の風景は一気ににぎやかになりました。

シダレザクラ
シダレザクラのうしろの木は・・・桜???

桑と桜
こちらはなんと、農場創業時に植えられた桑の木のまたから生えている桜です。
昨年もこのブログでご紹介しましたが、今年も満開になりました。
なんとも不思議な光景ですね~。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

5月4日(日)みどりの日に撮影したトラクターバス 
10:00出発 第一便
D51と岩手山を北に眺めながら走る一号車と二号車
トラクターバスツアー

岩手山の南麓に位置する小岩井農場ならではの写真
一本桜にも負けない構図と思っていますが ・・・
トラクターバスツアー

今日は「こどもの日」
たくさんの子供たちがご家族で乗車しました。
子供にも大人にも人気の乗り物になりました。

(齊藤)

農場自然散策には、東京方面や近県からのお客様が参加。
出発前に挨拶をする案内人の三浦さん
小岩井の名の由来から、今にいたる歴史や事業を簡単に紹介
農場自然散策

上丸牛舎構内を一望できる見所
緑になってきた牛を放すパドック
その向こうに牛舎と桜並木が並ぶ
農場自然散策

4月にミズバショウが咲いていた湿地
サクラソウが開花していました。
農場自然散策

ミズバショウやザゼンソウ、オオウバユリの葉がかなり伸びてきました。
農場自然散策

池のミツガシワも開花しました。
可憐な白い花が水面に写り、とてもきれいです。
ミツガシワ

宮沢賢治詩碑を見学
小岩井農場の酪農発祥の地 上丸牛舎構内にある名所
農場自然散策

5月は上丸牛舎の国登録有形文化財も見学
2棟並ぶ、レンガサイロは目を引きます!
農場自然散策

上丸牛舎構内の桜は満開
パドックの牛を見ながら桜並木を楽しみました。
農場自然散策

静かな散策路で春を楽しみながら
1時間の農場自然散策は終了しました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

ゴールデンウィーク後半がはじまりました。
トラクターバスツアーは、6日まで各回2台で運行します。
乗車定員は2台で40人 先着順に受付 全席指定席
園内小岩井農場物語ツアー受付で乗車券をお買い求めください
大人800円 子供200円 所要時間40分
出発時刻 10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00

14:00便の乗車受付の様子
トラクターバスツアー

まきば園の外に広がる森や畑の大景観を目指して出発
トラクターバスツアー

2台は満員のお客様を乗せて
トラクターバスツアー

明日も盛況のまきば園
トラクターバスに乗って、静かな森や草地を走りましょう。

(齊藤)

早春植物も終わるころ
ミズバショウやキクザキイチゲにお花がまだ残る小岩井農場の森
森は木々や草は続々、芽生えがはじまりました。
日々、黄緑色や赤く染まっていく森の変化が楽しみ ・・・
ミズバショウは、花が終わり、ほとんどの株は大きな葉になりました。
一本だけ咲いていたミズバショウ
ミズバショウ

森の中には、
キクザキイチゲの白や紫の花火のような形の花々が並ぶ
キクザキイチゲ

真っ白い花がぎっしりと並ぶ群落
キクザキイチゲ

水色の花びらがきれいな花
キクザキイチゲ

白と紫のグラデーションの花
キクザキイチゲ

少し離れたところに同じような花がありました
遺伝的につながっている株なのか
キクザキイチゲ

暖かい日差しと共に、これらの早春の花々は終わりはじめて ・・・
5月 サクラソウや菜の花の春に季節は移りかわってきました。

(齊藤)

5月! ソメイヨシノやエドヒガンは満開!
サクラソウ観察会(5月17日・18日・24日・25日開催予定)の準備に行きました。
水辺でひっそりと開花を待つサクラソウ ・・・
濃いピンク色の花弁が見えてきました!
サクラソウ

つぼみが大きく膨らんで
連休後半には、早い株は咲きだしそうです ・・・
サクラソウ

近くの森に、イヌザクラ?の花が咲いていました。
花数が少なく 寂しげなサクラですが 
イヌザクラ

野生のサクラソウは農場自然散策でお楽しみください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。