019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

春、見つけた!

2014/03/31 14:59

ザゼンソウ観察会3日目。今日はポカポカの絶好の散策日和。
森の中に春を見つけに出発!
2013.5.4 136.jpg

小岩井農場の絶景ポイントのひとつ、上丸牛舎のレンガサイロと岩手山の前で昔の写真を紹介。
「昔のままの景色です!」
2014.3.31.2.jpg

上丸湿地に到着。思い思いにザゼンソウを観察しながら歩きます。
おもしろい形のザゼンソウ見つけたかな?踏まないように気を付けましょう。
2014.3.31.3.jpg

温度計で「発熱する」ザゼンソウを観察、今日は23℃ありました。
子どもたちも興味深々。
2014.3.31.4.jpg

池の中にも春を見つけました!
2014.3.31.5.jpg

じゃじゃーん!ヤマアカガエルの卵です。
昨日初めて産み付けられ、今日はさらに数が増えてました。
2014.3.31.6.jpg

ここにも春、見つけた!北国に春を告げる花、コブシです。
皆で「北国の春」を歌いました。
2014.3.31.7.jpg

今日も巨大ザゼンソウ・ミズバショウの前で記念撮影。
拝むとご利益があるかも?
2014.3.31.8.jpg

こちら杉林の中には雪が残っていました。雪とザゼンソウ、絵になりますね。
写真を撮るのにも力が入ります。
2014.3.31.9.jpg

今日はたくさんのご参加ありがとうございました。
春の陽気にウキウキした気持ちの楽しい2時間でした。
またぜひ小岩井農場の森に遊びに来てください!

(佐藤・撮影 花田)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小雨の中でスタートした2日目のザゼンソウ観察会
雨にもかかわらず熱心なお客様がいらっしゃいました!
ガイドの佐藤の案内で上丸牛舎構内を歩く一行
ザゼンソウ観察会

観察地はしっとりと雨に濡れ ・・・
あの色変わりのザゼンソウたちが迎えてくれました!
ザゼンソウ観察会

水辺に咲くザゼンソウを観察
スマートフォンで撮影をしたり! 触れてみたり ・・・
ザゼンソウ観察会

昨日までの暖かさで、ヤマアカガエルがついに産卵。
二三日前から鳴き声が聞こえていました ・・・
カエル達も春本番!
ザゼンソウ観察会

イタヤカエデの樹液採集を説明するガイドの太田
雨の中の移動!甘い樹液に感激!
ザゼンソウ観察

チェーンソーアートを入れて記念撮影
まわりの雪がさらに解けて少なくなりました。
ザゼンソウ観察会

ここにある緑色が入った株はちょうど見ごろ
ザゼンソウ観察

2箇所めの観察地は、小川に沿った湿地
木道を歩いていろいろな色と形をしたザゼンソウを楽しみました。
ザゼンソウ

コケの中に仏炎苞を出した株が2つ。
色を見比べると面白い!
左は赤紫に黄色いグラデーションが入った仏炎苞
右は前にも紹介した珍しい黄色株
この株は新しく顔を出したもの!これからが楽しみな株です。
色素が少ないために黄色くなります。こういう株は弱く数年で消えることが多い ・・・
ザゼンソウ

今晩が雪が降るとか、ザゼンソウが再び雪を解かすチャンスになるか?

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

待ちに待った春の到来。ザゼンソウ観察会初日は17名様の参加がありました。
ポカポカした陽気の中、ワクワクした気持ちとともに出発!
牛舎を通り上丸の湿地帯を目指します。
3.29ザゼンソウ1

上丸のハンノキの湿地帯。心配されていた雪もすっかり融けて明るい広々とした湿地帯です。
今日はこちらと、杉の林の沢沿いのザゼンソウの対照的な2か所の観察地をご案内しました。
3.29ザゼンソウ2

発熱するザゼンソウ。温度計で計ると、内部の温度は24.4℃!
不思議がいっぱいのザゼンソウの生態をガイドが紹介します。
3.29ザゼンソウ3

こちらは昨日の、まさに雪を溶かして出てくるザゼンソウ。
こんな雪の中のザゼンソウをお見せしたかったのですが、ここ数日の暖かさで急激に溶けてしまいました。
ちょっと残念・・
3.29ザゼンソウ6

普段は入ることができない上丸牛舎のパドック沿いを歩いていきます。
まさに小岩井農場を裏から眺める感じ。
2時間の散策とは言っても、途中で止まったりお話したりしながら、のんびりと歩きます。
小岩井農場の森は平坦なので小さなお子さんでも大丈夫。
3.29ザゼンソウ4

中間地点でみんなで春の森の恵みを味わい元気100倍!
そして今日は新しい森のシンボルの前で記念撮影。日本一大きいかな?
3.29ザゼンソウ5

杉林の中の猫石沢に入っていきます。いろんな色や形を見られるのが、自然の中の山野草の魅力のひとつです。
こちらは色素の薄い緑がかったザゼンソウ。
3.29ザゼンソウ7

森の中はまだまだ緑は少ないですが、だからこそザゼンソウの赤紫と葉の緑に喜びを感じます。
3.29ザゼンソウ9

今日は昨年からのリピーターのお客様にもたくさんお越しいただき、久しぶりに一緒に歩くことができて嬉しかったです。
そして、今日初めて小岩井農場の森を歩いたというお客様も、ぜひまた別な季節もお越しください!
森は季節季節で様々な顔を見せてくれますし、いろいろなコースを歩きます。
ザゼンソウ観察会は4月6日(日)まで毎日の開催です。お待ちしております。

(文:佐藤、撮影: 花田・佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

4月18日(金)まきば園オープンに向けて
農場自然散策のスタッフ研修会を実施しました。
案内人は社員と一般から参加のスタッフで構成されています。
上丸牛舎構内で記念撮影
農場自然散策

明日からはじまるザゼンソウ観察会のコース下見を兼ねて開催しました。
農場自然散策の常連のお客様、江田さんも特別参加!
noujyou

観察地で見つけた珍しい黄色株
これから開花して、どんな花を咲かせるのかが楽しみ!
ザゼンソウ

雪が急激に解けたので ・・・
まだ仏炎苞が開かない株が、湿地ににょきにょきと出ています!
ザゼンソウ

大きく開いた仏炎苞はまだまだ少ない ・・・
ザゼン

農道を歩くスタッフ 
春めいた暖かい日を浴びて ・・・
農場自然散策

スタッフの佐藤が製作した、
ザゼンソウとミズバショウチェーンソーアートを入れて記念撮影
農場自然散策

明日から6日まで開催する
農場自然散策特別版「ザゼンソウ観察会」は
私たちがご案内いたします。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まきば園オープンと共に、運行をはじめるトラクターバスのトラクター
ジョンディア2030のオーバーホールが終了して戻ってきました。
エンジンの中はススがずいぶんたまっていたそうです。
後輪が大きく、前輪が小さいリアドライブ
キャビンもない古いデザインが魅力!
トラクターバス

2007年から営業運行をはじめました。
昨年はたくさんのお客様にご乗車いただきました。
普段入れない生産事業現場の林道や農道を、
ガイドが説明をしながら走る、小岩井農場ならではの乗り物です。
ガイドはウォーキングツアーのガイドも兼ねる自然好きなスタッフ!

前から見ると、ヘッドライトがかわいらしい ・・・
トラクターバス

エンジン音が快調です。
来月の運行が楽しみです。

(齊藤)

葉が伸びはじめてきました。
これは以前にも紹介した株、
黄緑色の葉が加わり色合いもいいですね。
ザゼンソウ

コケの上に咲いたザゼンソウ
ふんわり暖かそうな環境ですね。
こちらは緑色がかった仏炎苞が目立ちます!
ザゼンソウ

雪のそばに咲く株。
残雪のあいだから私をのぞいているように見えます。
ザゼンソウ

すっかり雪が解けた地面にスマートに立つ株
このところの暖かさで、雪の中から現れました!
ザゼンソウ

暖かい日差しを受けて輝くザゼンソウ
色が薄くきれいです。
このあたりは、色白のザゼンソウが多くみられるところ ・・・
ザゼンソウ

花序に虫がとまっていました。
レンズを向けても、ずーっと離れません
発熱するのは、虫を呼ぶためとも言われています。
まだ花粉はついていません ・・・
ザゼンソウ

明後日29日(土)からはじまるザゼンソウ観察会では、
雪解けが進みたくさんの株をお見せできそうです!
コースには残雪がまだ多い所があります。
是非長靴持参でおいでください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

先日まで観察地は深い雪でおおわれていました。
続く暖かい日に、どんどん解けています。
解けた雪で、林の中に小川が出現していました!
ザゼンソウ観察会

雪解けが進んだところ
ハンノキの林床に咲いたザゼンソウ
春の日差しを受けて仏炎苞を輝かせていました。
ザゼンソウ

「あった!」思わず歓声
雪面に顔を出している株がありました ・・・
雪が残るこの時期だけの姿
4月になるとここの雪は解けてしまいます。
ザゼンソウ観察会

29日(土)からはじまるザゼンソウ観察会は見ごろになりそう!
雪解けのザゼンソウを見たい方はお早めにおいでください。
今年もザゼンソウを楽しみながらのんびり歩いて春を楽しみましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まぶしい春の雪原!

2014/03/23 12:30

チェーンソーアートで作ったザゼンソウとミズバショウ!
自然散策ガイドの佐藤がザゼンソウ観察会に向けて作っています。
まだ途中ですが ・・・ 
小岩井農場めぐりバスツアーガイドの由美子さんと並んで
皆様もザゼンソウ観察会で記念撮影を ・・・
ザゼンソウ

2月~3月にムーン&スターライトウォークで
お客様と夜に歩いた矢取森牧草地の大雪原を歩きました。
雪原に雲の影が映し出され縞模様になりこちらに流れてきます!
気分最高!
矢取森牧草地

雪原の遥かかなたに防風林が並ぶ絶景
矢取森雪原

雪原に寝転び春の日を満喫
足元の方角に牧草の収穫舎が見えます
矢取森牧草地

ザゼンソウ観察会の観察候補地のひとつ巡り沢でザゼンソウ探し
巡り沢

源流の湧き水がしみ出ている湿地は雪が解け、
このような所のザゼンソウが咲きはじめています。
巡り沢

予想通り!由美子さんがザゼンソウ発見!
成熟した大きな株がありました
ザゼンソウ

花序を接写
モザイク状になって見えるのはたくさん花が集まっているから ・・・
おしべが中心から突きだし花粉をつけています。
ザゼンソウ

流れの中に取り残された株も
すっかり水の中に ・・・・
倒木が流れをせき止め、水が溢れてこのようになりました。
ザゼンソウ

これから数日暖かい日が続きます。
昨晩積もった雪もすぐに解けていくでしょう。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

またまた雪が降りました。一面また真っ白!
1週間後にはザゼンソウ観察会がはじまります。
観察地のザゼンソウは再び厚い雪に覆われてしまいました。
しかし、水辺のザゼンソウは大丈夫 ・・・
今日も何もなかったように、
さらに花が咲きちょうど見ごろになりました!
いい形ですね ・・・
ザゼンソウ

こちらのコケの中に生えた株もきれいに咲きだしました。
ザゼンソウ

来週はだいぶ暖かくなるようです。
雪の下で春を待つザゼンソウが順番に雪を解かして顔をだしてくるでしょう。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

ザゼンソウの様子を調べに、ちょっと遠い巡り沢自生地に行きました。
まだ雪が残っているのでスノーシューを履いて!
水辺は雪解けが早くザゼンソウがあるはずと ・・・
ぼろぼろになったザゼンソウ発見
最初に見つけた株は食べられていました。
ザゼンソウ

次に見つけた株もまた!
仏炎苞も花序もみんな食べられています。
 
毎年ここでは、はじめに咲いた花がよく食べられています。
ヤマドリなど小動物も食べるようです。 
ザゼンソウ

やっと無傷な株が見つかりました
大きく立派な株です!
ザゼンソウ

コケに上にチョコンと小さなザゼンソウ
やっと陸上でも咲きはじめました。
ザゼンソウ

こちらは水辺に ・・・
ザゼンソウ

こちらにもありました。
流れの中に、続々と開花してきました。
ザゼンソウ

黄色いザゼンソウ発見
以前話題になったアルビノには及びませんが
色素がだいぶ少なく珍しい ・・・
ザゼンソウ

今年は積雪が多く、陸上のザゼンソウはまだほとんど顔を出していません。
発熱しても雪は解かしきれない?
水辺のザゼンソウは続々開花しています。

(齊藤)

「3月はずいぶん雪が降りますね」という声がちらほら耳に ・・・
小岩井農場の森や牧草地は50㎝ほどの積雪
それも重い春の雪!
観察地の下見をする農場自然散策ガイドスタッフ
小川や水辺の雪は解けています!
ミズバショウやザゼンソウの芽がちらほら ・・・
ザゼンソウ観察会

岸辺に顔を出してきた株
葉の中から赤紫色の仏炎苞が見えています。
奥にももう一株ありました!
ザゼンソウ

コケの間から黄色みがかった小さな仏炎苞が顔を出していました。
ザゼンソウ

小川沿いを上流に歩きながらザゼンソウを探しました。
色鮮やかな株を見つけました。
仏炎苞に雨粒がついて、しっとりとした肌に!
ザゼンソウ

開いた仏炎苞をのぞいてみると ・・・
中の花序には、花粉をつけた雄花が咲いています!
もうこの株は成熟してもう満開!
ザゼンソウ

さらに歩くと、またきれいな株を発見
ザゼンソウ

花序をのぞいて見てみると ・・・
こちらはめしべの柱頭が見えています。
まだ咲きはじめですね!
ザゼンソウは一斉には咲きません。
それぞれの環境に合わせ、マイペースで咲いていきます。
1本 1本 じっくりと観察して楽しみましょう!
ザゼンソウ

3月29日(土)~4月6日(日) 10:30~12:30
まきば園入園口で当日受付 
春の草花が大好きな皆様!私たちと一緒に歩きましょう!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

本日で今季最後となるムーン&スターライトウォーク
あいにくの雪降り ・・・
それでも、5人のお客様がいらっしゃいました。
3週連続ご参加のお客様も!
雪ダルマに見送られて出発しました。
ムーンライトW

10cmほど新雪が積もった柔らかな雪面は歩きやすい ・・・
100年杉の森をガイドの佐藤が案内
ムーン

逢ノ沢渓流では、雪が着雪した枝がはりだして
これまでにない幻想的な空間となっていました。
ムーンライトW

ぼんやりと月が見えてきました!
「あっ はっきりと見える!」
月を見上げる一同
ムーンライトW

矢取森牧草地雪原は、すっかり雪化粧
雪化粧した森をバックに月明かりの光で記念撮影
「ハイ 3秒間動かないで ・・・」
ムーンライトW

東に見えたお椀を伏せたような形の燧堀山(カドホリヤマ)を説明
石っこ賢さん・宮沢賢治も玉髄を拾ったところ ・・・
ムーンライトW

森の中の休憩所で今晩も童話「よだかの星」の一節を紹介
古星図の一つバリット星図の星座絵を見ながら ・・・
ムーンライトW

ランプを囲んで記念撮影
ムーンライトW

雪もあがり
林道を語り合いながら歩きました。
何かしら暖かい気持ちなってきたようです。
ムーンライトW

思うままに道から外れて雪原で道草
帰り道は時間を忘れて歩きました
ムーンライトW

ゴールに着く頃
頭上には、月と木星が並んで輝いていました。
まさにムーン&スターライトウォーク!
ムーンライトW

2月14日から週末に9日間開催
日々変わる天気と夜空を楽しみながらお客様と一緒に歩きました。
「来年も また 必ず来ます」との感想をいただき終了しました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

昼には激しい雪降り!間もなく青空も ・・・
出発時、頭上に半分に欠けた上弦の月が輝く好条件。
福島県、青森県、地元岩手県のお客様にご参加いただきました。
メインガイドは花田、サブガイドは齊藤。
まきば園に展示してあるD51のそばの雪原で準備体操!
SLの上には今日も北斗七星が輝いていました。
ムーンライトW

森を通り抜けて、仁沢瀬牧草地雪原に向かいました。
月光が差し込むものの、静寂と闇が広がる世界。
ムーンライトW

広がる仁沢瀬の雪原を、月明かりを浴びながら歩きました。
灯りをつけなくても見えます ・・・
ムーンライトW

冬に植林地では伐採作業をします。
小岩井農場山林部が生産する100年杉が倒され置いてありました。
大木の年輪を観察するお客様とスタッフ
ムーンライトW

次の大雪原は、矢取森牧草地
少し小雪が降ってきました
ムーンライトW

ここで記念撮影
ストロボを使ったらこんな写真に!
ムーンライトW

ストロボ無しで3秒間露出
「動かないでください ぼけて写ります ・・・」
「ハイ うまく撮影できました」
ムーンライトW

月明かりに浮かび上がるまきばの天文館の銀色のドーム
ムーンライトW

森の木々は月明かりで、くっきりとした影を雪面に映していました。
ムーンライトW

まきば園内に戻りまもなく終了
園内の施設が月明かりに照らされています ・・・
サイロ展望塔とおおいぬ座・シリウス
ムーンライトW

ゴールした時には、月と冬の星座が競って輝いていました。
本日9日(日)が今シーズン最後のムーン&スターライトウォーク。
どうやら条件は良さそうです!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

3月7日のムーン&スターライトウォークは雪の予報の影響もあってか参加者は県内からの2名様。
月明かりとろうそくの灯を頼りにのんびりスタート!
仁沢瀬草地ではフィールドスコープで月を観察。
明日が上弦の月、クレーターまではっきりと見えました。
このあと天気は荒れ模様に・・
3.7ムーンライト7.jpg

途中、林業の伐採現場を通りました。
自然散策の途中に林業の現場があるというのも、生産農場である小岩井農場ならでは。
普段は間近に見ることのできない林業用重機に興味津々の様子。
3.7ムーンライト8.jpg

そして、伐採直後の100年杉。
まだ丸太にも木材にもなっていません、倒して枝葉を払った状態です。
なんと良い香りなんでしょう!新鮮で鮮烈、ある意味贅沢な香りとも言えます。
3.7ムーンライト1.jpg

星空観察は諦めかけていたら、矢取森草地ではあっという間に雲が晴れ穏やかな天気になりました。
月明かりで自分自身の影が雪原に映し出される青と白の幻想的な世界です。
180度パノラマの大雪原で冬の星座をひとりじめ、吹雪の後だけに喜びもひとしおです。
ウォークの最後は賢治の「よだかの星」で締めくくりました。
3.7ムーンライト5.jpg

この天気の中ご参加いただきありがとうございました。
ムーン&スターライトウォークもあと2日。
寒い夜、外に飛び出して星と雪の幻想的な森を歩いてみませんか?
ランタンに灯をともしてお待ちしております。
3.7ムーンライト2.jpg

(佐藤・撮影花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

春の日射し

2014/03/04 09:05

一号牛舎
3月に入って日が長くなり、日射しも暖かくなりました。
牛たちの運動場も雪が消えて、土が見えてきましたね。

岩手山と四号牛舎
今日は岩手山もすっきり見えています。
でも、先日一度気温が上って暖かさを実感してしまったせいか、ここ数日の気温は寒く感じられます。

四号牛舎の牛
牛たちも春を満喫・・・というよりは、早く暖かいおうちに入りたがっているみたいですね。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

雪解けが進み
農場自然散策コースのホタル沢の雪が少なくなってきました。
ホタル沢

小川の底をみると、細長い溝がたくさんついていました。
ホタル沢

これはカワニナがはい回った跡 ・・・
まわりを探してみると、数個のカワニナを発見
この頃の暖かさで活動をはじめたようです!
今日は日差しはあるものの季節風が冷たく
貝殻の中に体をかくしていましたが ・・・
カワニナ

暖かくなり、アカマツの根本もぽっかりと雪が解けています!
森の中もどんどん雪解けが進んでいます。
ホタル沢

岸辺のイヌコリヤナギの芽も冬芽を脱いで銀色に輝きはじめていました。
イヌコリヤナギ

雪解けが進むと共に、動植物たちの動きが活発に!
今週末は、今季最後のムーン&スターライトウォークを3日間開催します。
宵の夜空には東に春の星座が見えはじめています。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。