019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

馬そり準備万端です

2014/01/29 12:37

1月31日からの「いわて雪まつり」に向けて、まきば園内は雪像作りで大忙し。
でも、雪まつりは雪像だけじゃないんです。
岩手山を背に向こうからやって来るのは、そうです、馬そりです。
馬そり2.jpg

そりを引っ張る馬は2頭。気は優しくて力持ちの「ばん馬」です。
いわゆる農耕馬、チャグチャグ馬コや北海道のばんえい競馬でも活躍している馬と同じ種類です。
こちらは「藤姫」。人懐っこい可愛い系。17歳です。
流星.jpg

そして、こちらも雌の「流星」14歳。ちょっとすました美人系。
富士姫.jpg

雪まつりに来たらば、ぜひ藤姫と流星に会いに来てください!
お待ちしております。
馬ソリ1.jpg

(佐藤)

スノーシューウォーク最終日はこれまでで一番の天気。
9名のご参加がありました。まずはSL草地からスタート!
2013.5.4 079.jpg

夜の雪でこれまでの足跡が消え、また新しい動物の足跡がついていました。
こちらはウサギ。ガイドが足跡を解説。
2013.5.4 084.jpg

ウサギの足跡の近くには枝の先が噛み切られた食痕があります。
食べ物は何も無いように見える冬の森ですが、よ~く見ると木には冬芽がついています。
植物も春の準備をしているんですね。
2013.5.4 089.jpg

100年杉林道で記念撮影。
2013.5.4 097.jpg

「雪わたり」の一節を紹介しているところで、100年杉から雪が落ちました。
静かな森に雪けむりが舞い上がります。
2013.5.4 108.jpg

雪をかぶったオオウバユリと雪の伐採現場。
今日はウサギと出会うことはできませんでした、残念!
2013.5.4 117.jpg

この大雪原を「どこまでも好きなように」歩いていきます。
2013.5.4 128.jpg

空と雪と一体化。
2013.5.4 129.jpg

ゴールでは牧羊犬が顔を出して迎えてくれました。
その愛嬌にウォークの疲れも吹き飛びます。
2013.5.4 155.jpg

10日間のスノーシューウォーク、たくさんのご参加ありがとうございました。
次回の農場自然散策特別版は「ムーン&スターライトウォーク」。
冬の星空を眺めながら、幻想的な夜の森や雪原を歩きましょう!
ムーン&スターライトウォーク白黒チラシ.jpg

(佐藤・写真 花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

朝から小雪が降っていました。
スノーシューウォークの受付では条件が悪くちょっと心配 ・・・
それでも3組7人のお客様がいらっしゃいました。
小岩井農場の100年杉に負けないように背伸びをして準備体操!
スノーシューW

7月にはゲンジボタルが舞うホタル沢を歩きました。」
スノーシューW

100年杉林道入口で恒例の記念撮影
背景の雪景色が見事!
スノーシューW

雪化粧した林道は静寂の世界
粉雪を散らして歩く。
スノーシューW

100年杉の森の中でベンチに座り
宮沢賢治の童話「雪渡り」を紹介
 「かた雪かんこ しみ雪しんこ」
 「四朗とかん子とは小さな雪ぐつをはいてキックキックキック、野原に出ました・・・」
 森の中にはキツネの足跡がたくさんありました どこかで聞いていたかも?
スノーシューW

100年杉林道にはオオウバユリやウサギの食痕など話題はいろいろ
スノーシューW

長者舘牧草地につく頃には、雪も上がり日差しも見えてきました。
一番の見どころで好条件になりました。
スノーシューW

雪原で思いおもいにポーズをとり、皆様で記念撮影
スノーシューW

スノーシューW

最後はみんなそろって記念撮影
日もさして気分爽快! 
スノーシューW

大雪原を横切って歩きました。
スノーシューW

森の縁にはコブシの冬芽が ・・・
柔らかい毛におおわれた、とても暖かそうな姿
コブシ

明日は、最後のスノーシューウォークです。
まだご参加になっていない方、もう一度歩きたい方、是非おいでください。
お待ちしております。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

真冬にサワガニ!

2014/01/16 13:58

冬にサワガニは活動をやめて
岸辺に穴を掘って中に潜んでいると思っていました。
実際、真冬に出会ったことはありません。
逢ノ沢では岸辺にしぶき氷がついています。
逢ノ沢

川底に動くものが見えました!
黒い川底に、茶色っぽいものです。
よく見るとサワガニでした。
サワガニ

右に大きなハサミを持った立派なオスです。
ほとんどは穴に隠れていますが、このオスは特別なのでしょう。
サワガニ

今週末18日(土)19日(日)のスノーシューウォークではこの場所を通ります。
はたして出会えるでしょうか。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

昼の気温が氷点下の真冬日が続きますが
太陽高度が少しづつ高くなり雪原は明るくなってきました。
2月に開催する夜のスノーシューウォーキング
「ムーン&スターライトウォーク」の準備をしました。
さっそくユキムシに出会いました。
寒さで雪の結晶が大きく成長しています。
結晶の中を、大変そうに一生懸命歩く姿に応援!
ユキムシ

セッケイカワゲラは春の訪れを告げる虫です。
ユキムシ

冷たい風や雪にさらされて
ノリウツギも葉脈だけを残して、あみあみになっていました。
ノリウツギ

矢取森牧草地の大雪原には、ウサギの足跡が縦横についていました。
雪原の縁で木イチゴやタラの芽などを盛んに食べています。
矢取森雪原

雪原に見慣れない足跡が ・・・
引きずった様な溝がくねくねと曲がってついています!
驚き! 黒く小さなものがありました!
モグラ

近づいてみるとモグラでした!死んでいます!
農道縁の穴から出て、5mほどの距離を歩き力尽きたようです
モグラ

毛並みも良くとてもきれいな姿。
しっぽの毛並みが良くかわいらしい
春を待ちかねて、早く出て来たものか?

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

大雪原に抱かれて!

2014/01/13 14:07

今日のスノーシューウォークには17名のお客様に参加いただきました!
真冬日で氷点下のまま ・・・寒いものの、時々日がさし好条件でした。
準備完了! さっそくスタート!
先導するガイドの佐藤について元気に歩き出した子供達 ・・・
スノーシューW

最後尾には初めてスノーシューを体験するご家族が柔らかい雪を踏みしめマイペースでゆっくりと ・・・
スノーシューW

100年杉林道で記念撮影
スノーシューW

風もなく日がさしこむ静かな森の中で休憩
宮沢賢治の童話「雪わたり」の一節を楽しみました。
スノーシューW

道端のオオウバユリを観察
夏の見られる白く大きな花を写真で紹介
雪原にはたくさんの実が散らばり落ちていました。
スノーシューW

100年杉林道は風もなく、静寂の世界
わずかな風に、粉雪が枝からふわふわと落ちてくる ・・・
スノーシューW

長者館牧草地の大雪原でポーズ 記念撮影
スノー

雪原で大の字になって空を見上げる!
ふわふわの雪が実に気持ちがいい ・・・
スノーシューW

次第に青空が広がってきました ・・・
カラマツの林の前に来たころには「気持ちがいい」とため息が!
スノーシューW

カラマツの林を後に帰り道へ ・・・
下りは雪も軽くとても歩きやすい!
スノーシューW

雪原は杉の防風林に囲まれています。
この林の向こうがまきば園
スノーシューW

時々吹く風で雪が舞いはじめました。
DSC_0226nm.jpg

雪煙に日差しがキラキラと輝く!
スノーシューW

来週18日(土)19日(日)でスノーシューウォークは最後になります。
粉雪を踏みしめ一緒に歩きましょう!

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小岩井農場雪わたり

2014/01/12 16:08

スノーシューウォーク7日目は朝からの雪。ですが、「雪ニモ負ケズ」8名のご参加がありました。
今日はSLの前からスタート!
2013.5.4 095.jpg

今朝の雫石町の最低気温は-12℃!森体操で体を温めます。
「雪よ止め~」
2013.5.4 098.jpg

昨日までのウォークの足跡は全部消えてしまいました。
まっさらな雪の上にまた新しい足跡を描いていきます。
2013.5.4 100.jpg

雪も止み、穏やかな100年杉林道。願いが通じたかな?
2013.5.4 107.jpg

今日は100年杉の広場で宮沢賢治の「雪わたり」の一節を紹介しました。
「キック、キック、キック」森の中にこだまします。
ユキワタリ.jpg

ユキワタリ2.jpg

2013.5.4 131.jpg
この雪の中ご参加ありがとうございました。
ぜひまた小岩井農場の森に遊びに来てください。
次来る時は晴れますように!

(佐藤・撮影 花田)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スノーシューウォーク6日目。
今年一番の寒さにも負けず、7名様の参加がありました。
気温は低かったものの、風は穏やかで青空の絶好のスノーシュー日和となりました。
SLの前で小岩井農場の森体操でスタート!
1.11#7.jpg

ガイドの花田がウサギの足跡について解説。
静かな冬の森の中は動物の足跡でにぎやかなんです。
1.11#2.jpg

100年杉林道。青空が出てきました!
1.11#4.jpg

長者舘牧草地の大雪原で記念撮影。
岩手山もうっすら見えて360°のパノラマが広がります。
1.11#5.jpg

そしてこれをやるしかないでしょう!雪原と青空をひとりじめ!!
1.11#6.jpg

まっさらな雪の上に自分だけの足跡をつけて歩けるのが、小岩井農場のスノーシューウォークの魅力のひとつです。
そして牧草地を歩けるのは雪の季節の今だけ!大雪原を一緒に歩きませんか?
今月12(日)13(祝)18(土)19(日)の開催です。お待ちしております。
IMG_2577.jpg

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スノーシューウォークの準備でコースを歩きました。
強い寒気が入り込み粉雪が少しづつ積もっています。
冬至は過ぎたもののまだまだ日差しは低い!
長~い影が真っ白な雪原に伸びています。
見どころの長者舘二牧草地の雪原で見たカラマツの影と岩手山
長者舘雪原

雪面の雪の結晶が日差しでキラキラ輝きはじめました ・・・
真冬日の頃見られる雪原の宝石箱(写真に撮るのが難しい)

森に入ると日差しが雪面に影絵を映しています!
スノーシューW

午前11時30分頃なのに 夕方みたい ・・・
森の中の湧き水にクレソンが青々と生えていました!
ちょっと別世界 地熱は暖かいのですね!
ここはザゼンソウ観察会の観察地
3月には若葉がついてもっときれいになるでしょう。
クレソン

今週末11日(土)から13日(月)スノーシューウォーク開催予定
待ち遠しい春の気配を探して歩いてみませんか ・・・

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スノーシューウォークの5日目
地元のお客様4名にご参加いただきました。
いつもの通り、準備体操をしてからスタート!
「さあ 出発!」足どり軽く雪原を歩く ・・・
スノーシューW

100年杉林道入口での記念撮影
スノーシューW

元旦から雪がさらに深くなってきました。
スノーシューW

ウサギの足跡を見つけ、歩き方を説明するガイドの佐藤
「後ろ足がこのように前にきて ・・・」
スノーシューW

伐採地の雪原に新しいウサギの足跡がたくさんありました!
ウサギがいそうな感じ ・・・
スノーシューW

「うさぎ!」の声が ・・・
50mほど向こうを白いウサギが立ち止まりながら横切って行く!
背景が真っ白で保護色のウサギは分かりにくい ・・・
2回のチャンスでどうにか撮影できた写真です!
足跡は見れますが、ウサギの姿が見られるのは珍しい ・・・
ウサギ

逢ノ沢の岸辺を歩く
昨晩の冷え込みで氷柱が大きくなっていました。
スノーシューW

長者舘雪原を進む一行
今日の岩手山は裾野だけが見えています!
スノーシューW

雪原の真ん中でポーズをとって記念撮影
スノーシューW

ふかふかの雪原に、大の字に寝ころび青空を眺める!
スノーシュー

見上げた青空は ・・・
青空の中をゆっくりと流れていく白い雲が生き物のようでした。
スノーシューW

元旦から5日間のスノーシューウォーク参加者の足跡。
来週までには、また雪が降り消えていくでしょう!
スノーシューW

ゴールの天文館に向かい歩きました。
スノーシューW

お客様からは
「とても楽しかった!2月に開催するムーン&スターライトウォークにも参加します」
と感想をいただきました。
次回の開催は、1月11日(土)から13日(月)です。
お客様とまた白銀の世界を歩くのが楽しみです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スノーシューウォークのお客様は地元の方々3人のご参加でした。
スキー経験はあってもスノーシューは初めてというお客様が多いです。
今日の方々も小岩井農場で初めてのスノーシューウォークに挑戦!
ガイドの案内で約4kmの雪道や雪原を歩きながら自然を楽しみます。
スタートして間もなく、ナツハゼの実がまだ残っていました。
まるで干しブドウのような姿です!
ブルーベリーのような甘酸っぱい実です。
食べてみると酸っぱいけれど、もう甘みはない ・・・
ナツハゼ

100年杉林道の入口で記念撮影
美しい景観にお客様もマイカメラで撮影
スノーシューW

柔らかい雪を踏みしめて快調に ・・・
スノーシューW

100年杉林道では青空も見え見事な眺め!
風がまったく無く、綿帽子の様な雪が枝にふんわりとのっていました。
スノーシューW

沢沿いのコナラやミズナラに、雪が積もった枝ぶりが青空に映えてきれい!
スノーシューW

足元にツルアジサイの花が落ちていました。
すっかり乾いてドライフラワー ・・・
ツルアジサイ

今日の長者舘の雪原では岩手山が見えました。
スノーシューW

冬型の気圧配置なので雪j雲が西からどんどん流れてきます。
山中はまだ雲の中
岩手山

岩手山を背景に記念写真
澄んだ青空と白い雪のコントラストがいい ・・・
スノーシューW

広い長者舘雪原を横断!
スノーシューW

最後はまきばの天文館にゴールイン
スノーシューW

初めての方でも気軽に参加できます。
履物は、雪が中に入らないような絞り紐がついた長靴。
又はスノトレとスパッツなど 雪が履物の中に入らないもの!
スキーウエアなどの防寒着でご参加くいださい。
スノーシューはレンタルいたします。
マイスノーシューやストックの持ち込みはOKです。
ストックは必要によって無料でお貸ししています。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

大にぎわいの大雪原

2014/01/03 16:32

スノーシューウォーク3日目。
今日は岩手県内、東北のみならず、埼玉、愛知、和歌山、岡山、そしてオーストラリア!からも24名のご参加いただきました。
3歳の子を背負ってのお父さんや、5歳の子の初めてのスノーシューチャレンジなど、各々に期待と不安のスタートです。
1.3#1.jpg

いよいよ森に入っていきます。
夏にホタルの観察会やトラクターバスで来たお客様も、その時とは全く違う景色に驚きの声があがります。
1.3#2.jpg

青空が出てきて、100年杉が作るⅤ字形がいっそう際立ちます!
1.3#4.jpg

森を抜けると長者舘草地の大雪原に感動!
みなさんで今日の集合写真を撮りました。パチリ!
1.3#5.jpg

まきばの天文館でゴール!
はじめは転びながらのスタートだった子どもたちもみんな頑張りました!
全員そろっての完歩で、笑顔の終了となりました。
1.3#7.jpg

2月のムーン&スターライトウォークや、春からの植物観察会などなど盛りだくさんの農場自然散策の1年のスタートです!
小岩井農場の森でお待ちしております。

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は曇ったり小雪が降ったりまだ不安定な天気でした。
岩手と埼玉から2組5人のお客様にご参加いただきました。
メインガイドは佐藤、サブガイドは齊藤
スノーシューをつけて準備完了 まきば園入園口をスタート!
日がさして良い天気になってきました ・・・
スノーシューW

新雪が枝についてとてもきれいに雪化粧した100年杉林道を進む。
「夏にトラクターバスツアーでここを走ったね」とお子様からの声!
それを聞いてとてもうれしくなりました ・・・
思わず!「また来ていただき、ありがとうございました!」と
スノーシューW

森の中のベンチで一休み
雪化粧した樹齢100年の杉が取り囲む特別なところ
スノーシューW

夏には緑があふれ涼しげな森も
冬は別世界 ・・・ 氷点下の乾いた空気が流れていきます
100年杉林道

白い大きな花を咲かせたオオウバユリの実が残っていました。
立ち止まって観察 ・・・
スノーシューW

100年杉林道の見どころの並木を歩きました。
時々風が吹き、雪煙が舞い上がる 
スノーシューW

逢ノ沢の川岸もすっかり雪におおわれました
「ここに貝がいるんだよね」と男の子
「カワシンジュガイという珍しい貝がすんでいます」
「夏のトラクターバスツアーでも紹介しましたね」とガイド
スノーシューW

後半の見どころ 長者舘雪原に向かう
森の向こうには大パノラマが ・・・
スノーシューW

記念撮影をしました
背後の雪雲の中に岩手山が
裾野だけがうっすらと見えていました!
スノーシューW

あのカラマツの林を目指して進む
360度! 大雪原と雪化粧した針葉樹
スノーシューW

晴れてくると共に風が強くなってきました
雪煙が舞い上がる ・・・
スノーシューW

雪煙が私たちに降りかかってきました ・・・
頬にあたる雪が冷たく 気持ちがいい ・・・
ダイナミックな空気の流れの中を進んでいます
スノーシューW

軽い雪質で歩きやすく、天候も良く ・・・
スノーシューウォークは楽しく終了いたしました。
明日もスタッフ一同お待ちしております。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スノーシューウォーク初日は大雪で小岩井農場は真っ白!
湿った雪でとても重い! 
この天候で、お客様がいらっしゃらなかったのでコース点検に出発。
イルミネーション飾りで主役になっている蒸気機関車にも雪が ・・・
スノーシューW

SLを横目に見ながら100年の森に向かいました。
新雪はやわらかく歩きやすいですが ・・・ 
「粉雪ならもっと」と独り言いいながら静寂の世界を体感
スノーシューW

伐採した木の上に雪が積もりスノーモンスター出現!
恐竜の首に見えませんか?
スノーシューW

このコースは仁沢瀬(にさわせ)と矢取森(やとりもり)の牧草地が見所。
雪で真っ白な大雪原になっていました!
スノーシューW

矢取森雪原の真ん中を進む!
向こうに見える防風林の切れ目をめざして歩きました。
晴れれば ・・・
青空、白い雲、雪化粧した針葉樹の防風林が織りなす大景観登場!
スノーシューW

途中に橋を渡る逢ノ沢の岸辺もすっかり銀世界
せせらぎの音が、雪に吸収されてとても静かな流れ ・・・
スノーシューW

まきば園は森の向こうにあります。
約2時間歩くウォーキングは、もうすぐゴール ・・・
今年もこれからはじまる今年の農場自然散策プログラムの ・・・
「初歩き」でした。
スノーシューW

明日の天気はどうかな?
私たちと初歩きしてみませんか。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。