019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

元旦からはじまるスノーシューウォークのスタッフ研修を行いました。
春から秋までお客様と農場自然散策で楽しんだ森の中の小道 ・・・
今は銀世界、葉が落ちて森の中は明るく ・・・
カワシンジュガイがすむ逢ノ沢にも岸辺につららが!
これまでは主に矢取森コースを使ってきましたが
今年はこの長者舘コースを使う予定。
スノーシューW

森から牧草地に出る所は上り坂
目の前に広がる世界は ・・・
スノーシューW

岩手山が眺められる大雪原
頂上に雲がかかっていますが大迫力の景観
長者舘牧草地と呼んでいます!
未踏の雪原にうさぎの足跡がたくさんありました。
スノーシューW

再び森に入り、ドイツトウヒの並木を歩く
道端にはいろいろな草木がありました! 
おもわず立ち止まってしまいます ・・・
スノーシューW

干しぶどうのようになったガマズミの実
木の実

今でもきれいなムラサキシキブ
木の実

これぞ干しブドウ?
とげがあるツルについたヤマガシュウの黒い実
食用にはなりません
木の実

岩手山を眺めながら
広~い 広~い 雪原を歩いて横断!
向こうにカラマツの森を目指して ・・・
スノー

近づいてみると ・・・ カラマツの地上から5mほどの所にキイロスズメバチの巣の残骸がついていました。
一部しかついていません! とても大きな巣だったのでしょう!
蜂の巣

下に落ちていた巣のかけらを発見!
蛹から成虫になった姿の死んだハチが入っていました。
静かなここは、蜂にとって絶好の場所だったのでしょう。
蜂の巣

晩秋に大型トラクターで耕した畑の土を見ながら戻りました。
スノーシューW

今のところ積雪は30cmほどです。大変歩きやすい!
帰り道にも小雪が降ってききました ・・・
お正月の朝には、新雪の大雪原が待っていることを願って研修を終えました。
スノーシューウォークでお会いしましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

葉が落ち、雪が降り、小岩井農場の自然散策も春までお休み・・ではありません!
この冬こそ森はとっておきの姿を見せてくれるんです。
元日から始まるスノーシューウォークの下見に行ってきました。

動物たち。夏も森の中にはいたはずですが、たくさんの葉や虫たちでにぎやかで、動物たちの気配は感じられませんでした。
しかし、冬は足跡を残し、静まり返った森の中に確かな気配を感じることができます。
こちらはウサギ。行ったり来たりしています。
ウサギ足跡.jpg

普段は立入厳禁の小岩井農場の牧草地が一面の大雪原に変わります!
その中をスノーシューで自由に歩ける雪の季節だけの特権です。
キツネの夫婦でしょうか?交差して歩いています。
キツネ交差点.jpg

ユキムシ発見!
雪虫.jpg

散策道の橋を渡ったのはタヌキでしょうか、タヌキも橋と階段の方が歩きやすかったのかな?
動物の足どりが分かったり、想像したりするのは楽しいです。
橋を渡るタヌキ?.jpg

こちらはウサギとリス。小さな足跡がかわいらしい。
ウサギとリス.jpg

スノーシューのメンテナンスも自然ガイドの大事な仕事です。
準備万端でお待ちしております。
スノーシュー整備.jpg

開催日は1月1(水)~5(日)
        11(土)・12(日)・13(月・祝)
        18(土)・19(日) の計10日間
10:00受付開始で10:30スタート、12:30終了予定です。
参加料は大人500円、小学生以下無料(別途スノーシューレンタル料500円が必要です)
ウィンターシーズン中ですので、まきば園入園料は無料となっております。
長靴やブーツをご用意のうえ、あたたかい服装でお越しください。

スノーシューは初めての方でも大丈夫、すぐに雪の上を自在に歩けるようになります。
運動不足になりがちなお正月休み、大雪原を一緒に歩きましょう!

(佐藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

三連休初日の小岩井ウインターイルミネーション銀河農場の夜。
16時、開園と同時に多くのお客様で会場内は賑わいました。

20131222tonnneru.jpg
入園後、長さ約40mある光のトンネルで記念撮影。

2013122hikarinoturi.jpg
こちらも人気スポットのひとつ「光のツリー」。
(記念撮影されるお客様の列ができる人気ぶり)

20131222hikarinomizube.jpg
光の水辺のイルミネーション。水辺の白鳥は子供達にも人気です!
(近くの木の枝に光っているフクロウにも注目です!)

20131222ginnga.jpg
軽食コーナー「銀河」。
ハートの入口が可愛く、店内も綺麗にイルミネーションされています!

20131222sannsaku.jpg
入園口付近にある小さなログハウス内も覗いて見てくださいね。
(中に入ることができないので、窓越しに見て楽しめます)

20131222sakura.jpg
入園口付近にある一本桜をイメージしたイルミネーション。
(バックにはトラクターバスも見え、小岩井農場らしさが伝わるスポット)

20131234.jpg
明日は連休中日。
明日22日(日)は、岩手県立大学アカペラサークル「Jelly Beans」によるゴスペルイベントがございます。(①17:00②19:00各回20分)
ご来場の際は、ぜひ、見に来てくださいね。

(菊池) 

イルミネーションの夜空に真ん丸なお月さん、満月(月齢14.5)が綺麗に見えました。
(カメラ持参であれば、このような場面を撮ることができるから楽しみも倍増!です。)
20131217makiba.jpg

月明かりがあることで、木々や岩手山など周囲の景色も見て楽しむことができます。
20131217hikarinotonnneru.jpg

来週はいよいよ★クリスマス★ですね。
(昨年は、雪が降ってホワイトクリスマスでしたが、今年は・・・?)
今年のクリスマスは、小岩井農場でイルミネーションを楽しむのもおすすめですよ!

(撮影:高橋敏明 文:菊池)

1月に開催するスノーシューウォークの下見をしました。
森を抜けると大雪原!
小岩井農場の景観を楽しむ絶景の一つ!
森林体験

葉が落ちたコナラにウスタビガの繭がぶら下がっていました。
よく見ると穴があいています!
何かに食べられてしまったのかな ・・・
ウスタビガ

足元に雪が紫色に染まっています!
山葡萄のような実
これはヨウシュヤマゴボウの実でした。
外来種

きれいに耕起された牧草地がありました。
雪原に広がる土色のじゅうたんがとても目立ちます。
長者舘二牧草地

1月の週末に開催するスノーシューウォークでは
真っ白な雪原に、また新しい発見があるでしょう ・・・
楽しみです。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

雪の中の小岩井ウインターイルミネーション。
家族連れのお客様やグループ、カップルのお客様が週末とあって多く来場。

20131215SL2.jpg
子供から大人まで大人気の「銀河鉄道SL」イルミネーション。
宮澤賢治の代表的な童話のひとつ「銀河鉄道の夜」の世界を想わせるような雰囲気たっぷり!
(銀河ステーションに停車している蒸気機関車といった感じですかね。)

20131215hanntenn.jpg
こちらは星空をイメージした「満天の星空」イルミネーション。
時より天から流れる流れ星は流星群を感じさせる、そんな素敵な空間です。
(ちなみに、来年の1月3日(金)「しぶんぎ座流星群観察会」を17:30~20:30 まきばの天文館にて開催!年初めの流星群だけに願い事をしてみたいですね)

20131215SL.jpg
晴天時の夜空には、月や冬の星座を見ることができます。
ぜひ、イルミネーションを見に来た際には、小岩井農場の夜空も見上げて見てくださいね。

(菊池)

雪景色

2013/12/14 13:45

つい先日まで降雪がなかったまきば園。
昨日のドカ雪で積雪およそ40㎝。一気に雪化粧しました。
20131214makiba1.jpg

園内の遊具施設も雪で・・・ブランコが。
20131214makiba2.jpg

小岩井農場の森。
水分の多い雪だったので、スギの葉にたくさん着雪。
20131214koiwai2.jpg

牧草の収穫舎。
20131214koiwai1.jpg
毎年この季節に見られる動物の足跡。(ちなみにこの足跡はキツネさんです。)
昨日は一日雪降りで天気が悪かったので、きっとこの収穫舎でキツネさんは休んでいたのでは。
ウサギやキツネ、タヌキなどの動物たちの一時的なシェルターとして冬場は使用されています。

これからの季節は、銀世界の小岩井農場を見て、感じて楽しむ季節でもあります。
来年1月には、「農場自然散策特別版 スノーシューウォーク」も開催いたしますので、ぜひ、参加してみてくださいね。

(菊池)

11月30日(土)からスタートした小岩井ウインターイルミネーション
銀河農場の夜、今日で13日目。
お陰様で来場者が1万人を突破いたしました。
ご来場いただきましてありがとうございます。
20131212irumi4.jpg

会期中、雪は舞うものの、なかなか積もることがありませんでしたが、
夕方前からの降雪で、初の「ホワイトイルミネーション!」となりました。
20131212irumi1.jpg
雪とイルミネーションのコラボで、さらに幻想的な世界ができました。

20131212irumi3.jpg
およそ6mの光のツリーも、光が雪に反射して素敵な光景を創り出しています。

20131212irumi2.jpg
こちらは銀河鉄道SL。
煙突からの煙が、冷たい空気に流される様子はなかなかカッコいいですよ!

雪の中のイルミネーションも、ぜひ、見に来てくださいね。

(菊池)

コケのモンスター

2013/12/10 17:57

来年の準備で湿地の整備中
おもしろいものを発見
切り株にコケがびっしりと生えて ・・・
2匹のモンスターに! 名付けて「コケモン?」
体を揺すって動き出しそうな気配 ・・・

コケ

ここはまきばの天文館のすぐ南の湿地
3月下旬~5月には ・・・
ザゼンソウやミズバショウ、サクラソウが咲くところです。
コケモンのすぐそばに緑色をした2株のザゼンソウが出てくるはず!

(齊藤) 

たくさんのお客様で賑わっている小岩井ウインターイルミネーション銀河農場の夜。

20131205hikarinotonnneru1.jpg
およそ40mの光の回廊「光のトンネル」イルミネーションも、さらにグレードアップ!
(まだご覧になっていない方も、一度ご覧になった方も、ぜひ、見に来てくださいね。)

7日(土)のイルミネーションイベント「キザトトによるクラウンパフォーマンス」では、240名のお客様にマジックやジャングリングなどを楽んでいただきました。
20131207kizatoto.jpg
小さいお子様でも見て楽しめる内容ともあって、会場内からは笑いと拍手が絶えませんでした。

8日(日)のイベント「★星あかりキャンドルナイト」(主催:NPO法人環境パートナーシップいわて)では、LEDのイルミネーションとロウソクの灯りが共演!
20131208hosiakari1.jpg
会場内ブースでは、LEDに関する環境展示パネルや手回し発電によるLEDについて体感できるコーナーもあり、たくさんの子供達が挑戦!

20131208hosiakari2.jpg
辺りが暗くなってきた頃、カラフルなLED球と暖かなロウソクの灯りの何とも言えない幻想的な光景を楽しむことができました。
(次回は、12月24日(火)16:00~20:00に開催します)

DSC_1504s.jpg
来週のイルミネーションイベントは、12月14日(土)(17:30~20:30)、「ふたご座流星群特別観察会」を開催いたします。
参加は無料(入園料別途、大人600円、子供(5歳~小学生)300円)です。
イルミネーションと小岩井農場の星空、流れ星を同時に楽しむことができますので、ぜひ、見に来てくださいね。

(菊池)

ザゼンソウの冬支度

2013/12/04 12:48

快晴の今日。
来年3月29日(土)から4月6日(日)まで開催する農場自然散策特別版ザゼンソウウォークの観察地整備を行いました。
苔が生えた湿地の中にすでに葉が顔を出しています。
この株がどんな形のどんな色をしたザゼンソウになるのか楽しみです。
ザゼンソウ

今晩もまきば園にはイルミネーションが飾られています。
一本桜とトラクターバス、そして岩手山 ・・・
イルミネーション

夜に華やかににぎわっているまきば園のまわりの森では ・・・
春の草花がしっかりと準備をしているのですね。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

銀河農場の夜

2013/12/03 19:07

11月30日からスタートした小岩井農場ウインターシーズンイルミネーション銀河農場の夜。
16時開園だとまだ空が多少明るく、真っ暗な中で見る幻想的なイルミネーションとはいきませんが、小岩井農場の風景や岩手山とイルミネーションの写真を撮るにはおすすめの時間帯のひとつでもあります。

20131203hikarinotonnneru.jpg
夕焼けの空に木のシルエットが綺麗に見える「光のトンネル」。

20131203iwateyamasakura.jpg
真っ暗だと気づきませんが、岩手山と小岩井農場の一本桜をイメージしたイルミネーション。

20131203torakutabasu.jpg
こちらは岩手山とトラクターバス。

(また空が明るくても見る楽しみはいっぱいありますよ。)

20131203D5168.jpg
銀河鉄道SL。(D51形式蒸気機関車)
(銀河鉄道のイメージでパシャリッ!ん~飛んで行きそうな感じがします。)

20131203roguhausu1.jpg
入園口付近にある電飾されたログハウス。
窓から中をのぞくと・・・、

20131203hoguhausu2.jpg
ひつじが、羊の本を読んでいる~!
(ご来場の際は、ぜひ、見てくださいね。)

この他にもまだまだ楽しめるイルミネーションがありますので、ぜひ、来てみてくださいね。

(菊池)