019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

子供たちは夏休みに入りましたが、雨模様や曇りがち ・・・
今日もたくさんの親子がまきば園においでになっています。

農場自然散策コースには夏の山野草が花をつけてきました。
花壇の花にとまるナツアカネの未成熟のオス。
成熟すると赤トンボになります。
ナツアカネ

100年杉林道で見つけたヌスビトハギとクモ
名の通り、ハギの花に良く似た花をつける草です。
種子は毛が生えて衣服につくので、俗に「どろぼう」と呼ばれる草の一つ。
ヌスビトハギ

黄色がまぶしいキンミズヒキ
赤いミズヒキはまだ咲いていません。
まもなく2種が並んでいるところを楽しむことができます。
キンミズヒキ

そろそろ花期が終わりになってきたチダケサシ
小さな花がたくさんついた花穂を良く見てみると ・・・
その可憐さに驚きます!
チダケサシ

アカツメクサは蜜源植物の一つ
たくさんの蜂などが吸蜜にやってきます。
キマダラセセリ?がおいしそうに口唇を伸ばしていました。
キマダラセセリ

ネジバナにやってきたヒメヒラタアブ。
大きな目がかわいらしい小さなアブです。
ホバリングしながら花をまわります。
ヒメヒラタアブ

夏の自然散策コースでは花と虫の両方を楽しめます。
ガイドがご案内する農場自然散策でプチ観察を是非お楽しみください。
11:00スタート 12:00終了(参加料大人500円、子供無料)

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

ネジバナがきれい 

2013/07/29 16:57

野生ランのひとつのネジバナが、従業員駐車場の脇に咲いていました。
小さい花ですが、良く見ると見事な花の並び方 ・・・
思わずカメラを出して撮影!
ネジバナ

規則正しく螺旋状に並ぶ!
一つ一つの花も、拡大してみるとラン独特の形をしています。
ネジバナ

「アッ すごい羽音が・・・」
隣のアカツメクサに、オオマルハナバチが飛んできました。
私を気にすることもなく、目の前で吸蜜をはじめました。
オオマルハナバチ

そのままカメラのレンズを向けて撮影。
黒々とした毛だらけの姿はマルハナバチらしい姿です。
口もとには花粉もついていました。
オオマルハナバチ

久々に晴れて青空がのぞいた今日は、たくさんのお客様がまきば園にいらっしゃいました。
たくさんの虫たちも花をまわり飛びまわっていました。

(齊藤)

雨あがり

2013/07/29 11:28

久々に朝から蒸し暑い夏らしい天候になった小岩井農場です。

網張街道
先週までの涼しさのおかげか、まだまだあじさいが見頃です。
旧網張街道沿いに植えられたあじさい並木は数キロに及びます。

あじさい
こちらのあじさいは、バスツアー「小岩井農場めぐり」や「プレミアムツアー」でご紹介しています。
小岩井農場へいらしたら、ぜひご覧になってくださいね。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

3人のお客様をプレミアムツアーウォークにご案内いたしました。
朝方の雨がうそのように天気が回復しました。
暑くもなく、気持ち良く出発!
ホタル沢で今見頃のオオウバユリの花と並んで記念撮影。
プレミアムツアー

サンショウやアブラチャンなど快い香りを楽しみながら歩きました。
森の中を歩きながら、話は弾み ・・・
自然や宮沢賢治が大好きな皆さまでした。
プレミアムツアー

雨に濡れた畑が、一面に黒々と広がっていました。
まきば園の南に広がる広大な仁沢瀬牧草地。
プレミアムツアー

遠くの七つ森を背景に記念撮影。
土づくりからはじまった小岩井農場の酪農を紹介。
プレミアムツアー

逢ノ沢では、川の中にカワニナとカワシンジュガイを見つけました。
自然度が高い環境を維持している川には生き物達が豊富。
プレミアムツアー

輪切りになった残材を使って年輪を数えたり
ホウノキの葉で作ったお面や、
苔むした切り株を見つけて写真に撮ったり ・・・
プレミアムツアー

最後は、放牧された羊を見ながらまきばの天文館でティータイム。
今回も話が弾んだアッと言う間のウォーキングでした。
話題になったミズバショウやサクラソウ、天文館でのスターウォッチングなど ・・・
また楽しみにおいでください。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

農場自然散策やトラクターバスツアーのコースで
オオウバユリがどんどん開花しはじめました。
湿った水辺に咲く少し地味な花。
花が咲くころに葉が枯れるので「葉がない=歯がない」から姥百合だそうです!
オオウバユリ

白っぽい黄緑色の花びらが大きくて目立ちます。
森の木陰にたくさんの株が立ち並んでいました。
オオウバユリ

森の中から、アブラゼミやヒグラシ、エゾゼミの鳴き声が聞こえてきます。
オオウバユリのつぼみにセミの幼虫がよじ登っていました。
オオウバユリ

花の内側には黒っぽい斑点が ・・・
クリーム色の大きなおしべが目立ちます。
オオウバユリ

暗い森の中でそっと咲いているオオウバユリ ・・・
夏の小岩井農場を代表する山野草のひとつです。
オオウバユリ

これからさらに大きな株が咲き出します。
1株に30個以上も花をつける株も登場します。
秋には大きな実をつけて、また話題を振りまくこの花を
農場自然散策やトラクターバスツアーで楽しんでみましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

夏休み 森林体験

2013/07/26 13:47

岩手県市町村職員健康福利機構様御一行が、小岩井農場で森林体験を行いました。
午前中は「イワナつかみ」と「ミズの味噌汁づくり」午後は森での遊び体験。
夜は、まきばの天文館でスターウォッチングを計画しています。
山林部の神山事業所に集合。
開会式では挨拶を交わし、参加家族の自己紹介など ・・・
森林体験

杉の植林地に入り、味噌汁の具にするミズを採りました。
「どれが ミズですか」の声に、「これら全部がミズ ・・・」
太いものを選び採りました。
森林体験

続いて川に入りイワナのつかみ獲りです。
養殖イワナを網で区切った川の中に放して捕まえます。
森林体験

子供たちはみんな初めてのつかみ獲りで、初めは戸惑っていましたが ・・・
お母さんやお父さんの声を受けて、上手に捕まえはじめました。
森林体験

もう1グループは、ミズの筋を取って味噌汁の準備をしました。
男の子も女の子も良く働きます!
森林体験

捕まえたイワナは内臓を取って、川の水で洗いました。
細かいところはお母さんに手伝ってもらいながら ・・
森林体験

スタッフの作業を見ながら、親子でイワナをさばきます。
熱心に話を聞くみなさん!
流れる血に驚く子もいましたが、
「こうして食べ物になる魚を大切に食べましょう」
という説明を聞きながら、さばいたイワナを握りしめて次の作業へ ・・・
森林体験

並んだイワナの焼け具合をも守る子供たち ・・・
森林体験

隣の釜戸では、味噌汁づくりがはじまりました。
火をおこして、湯をわかしています。
森林体験

味噌汁の準備では味噌を解かして味をつけに入りました。
12時をまわり、お腹が空いてくる頃 ・・・
みんな一生懸命に作業を続け、昼食がまもなくはじまります。
森林体験

私も焼き上がったイワナをいただきました。
骨を柔らかく、まるごと食べられました。
森林体験

午後は、森ですみかを作って遊ぶそうです。
心配した雨も上がり、楽しい森林体験がつづいています。

(齊藤)

いま、自然を考える

2013/07/24 17:52

7月21日に行われた森の散策を紹介します。
JAF岩手様主催の自然体験イベント「いま、自然を考える。小岩井農場ネイチャーウォーク」、47名のご参加をいただきました。

小岩井農場の森林体験ではおなじみ、100年杉体操でスタート。
246.jpg

タマゴタケ発見!
259.jpg

森をぬけて、広大な生産現場を見渡しながら歩くのも小岩井農場の散策の魅力。
296.jpg

カワシンジュガイでーす!
312.jpg

童心に帰ってホオノキでお面作りに挑戦。むむむ。
319.jpg

100年杉林道で記念撮影。
340.jpg

森や木、沢、牧草地、生き物などなど小岩井農場の自然を満喫する楽しい散策になりました。
そして、最後は100年杉の森の教室で小岩井農場の環境の取り組みのお話も。
またぜひ小岩井農場の森へ遊びに来てください!
ありがとうございました。

(佐藤・撮影花田)

昨日7月21日(日)を持ちましてネイチャーウォーク「水辺のホタルを見に行こう」は終了いたしました。
期間中約500人のご参加をいただきました。
最終回は、佐藤がホタルの解説を担当しました。
ホタル観察会

彼が手作りのホタル模型?を使いました。
お客様にお手伝いをいただき分りやすく説明 ・・・
ホタル観察会

風も無く、暖かく、曇りで月明かりもなく条件は良し!、
ホタル沢と蛙池で、ヘイケボタルの幻想的な発光飛翔を観察できました。
残念ながら観察地でのゲンジボタルの発生は終わったようでした。
今季のゲンジボタルの発光飛翔を撮影した私のベストショットを紹介します。

6月25日 昨年より1週間早くホタル沢で発生!
ゲンジボタル独特の長い発光時間から、長い光跡を撮影。
ホタル

7月2日 逢ノ沢でも発光がはじまりました。まだ薄明が残る川辺 ・・・
川面をゆったりと飛ぶゲンジボタルは優雅 ・・・
ホタル

7月8日 逢ノ沢で発光飛翔最高潮に!
10分間に飛んだゲンジボタルを撮影。
比較明合成という手法をはじめて使ってみました。
ホタル

7月10日 少し少なくなりましたがまだ見頃 少し寒かった!
ホタル

7月14日 蒸し暑く小雨ながらも結構たくさん飛びました。
ホタル

今年は昨年に同様に雨不足渇水が続きました。
生息環境が悪化したせいかヘイケボタルの発光飛翔は少なくなりました。
ゲンジボタルは例年通りで森の中の川は大丈夫でした。
観察会の最後に、スタッフが事前に農場内の沢から採集したカワニナをお客様と放流しました。
来年も美しい発光飛翔を見せてもらえることを願って!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

涼しい小岩井農場の森や水辺へお客様をご案内しました。
本日で最後のホタル観察会の会場となる蛙池をのぞいてみました。
ここは自然を力を生かして、マルタニシやヤマアカガエルの子供など、
たくさんの動植物が見られるようになった人工池です。
ビオトープ「蛙池」は、これから来園なさるお客様の自然との触れ合い場所。
池の前でまず1枚 ・・・ 夜にはヘイケボタルが輝いています。
プレミアムツアー

まきばの天文館に立ち寄り、観察ドームに入り見学。
カフェでお茶を飲んで一休み!
プレミアムツアー

後半は100年杉が立ち並ぶ植林地や、それをとり巻く自然の中をウォーキング。
プレミアムツアー

焦げ茶色の大きなキノコを発見!
傘の裏はスポンジのようになっています。
イグチの仲間のニガイグチかな ・・・ 立派です!
ニガイグチ

ホタル観察会コースにもう一つ大きなキノコがありました。
鮮やかな赤色に一同立ち止まりました。
プレミアムツアー

これはタマゴタケ、食用になるそうです。
とてもおいしいとのことですが、私は食べたことはありません!
テングダケの仲間は毒キノコが多いので怖い ・・・
タマゴタケ

花が終わり、マタタビの実が大きくなりはじめてきました。
マタタビは葉が白く変色しておりたいへん目立ちます。
マタタビ

仁沢瀬牧草地で風にのってくる土の匂いを体感!
一面に広がる大景観に感動!
プレミアムツアー

向こうで大型トタクターが並んで作業をしていました。
ここは小岩井農場の酪農部の生産現場。
仁沢瀬牧草地

カワシンジュガイがすむ逢ノ沢を渡りました。
岸辺でお嬢ちゃんがカワシンジュガイを見つけてくれました。
子供の目は素晴らしい!私には見えなかった ・・・
プレミアムツアー

この森を抜けるとまきば園に戻ります。
炭火焼バーベキューで昼食。
適当な運動でお腹も空いたようです ・・・
プレミアムツアー

ここ数日の寒さで、森ではキノコがたくさん顔をだしてきました。
今年の夏休みの天気はどうでしょうか。涼しいか暑いか?

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日も青空が広がるまきば園。
先月に引き続き「まきばでサイエンスショー&ワークショップ第3弾」を開催。
お子様が夏休みに入ったこともあり関東方面の家族連れなど120名が参加。

syabonndamasaiennsu0720.jpg
今回のサイエンスショーのテーマは、「シャボン玉であそぼう!」
さまざまな道具を使って、ショボン玉を作っていく様子は、参加したお客様から
「おぉ~スゴイ!」
と歓声があがりました。
小さいお子様から大人まで楽しめました。

wa-kusyoppu0720.jpg
午後はワークショップを開催。今回のテーマは、「マーブリングうちわ」づくり。
特殊な絵の具を水に入れ、表面に浮き上がった色を白いウチワに写しとるもので、こちらも子供も大人も一緒に楽しめて好評でした。

次回の「まきばでサイエンスショー&ワークショップ第4弾」は、8月24日(土)に開催を予定しておりますので、ぜひ、参加してくださいね。

(菊池)

青空に綺麗な彩雲(さいうん)が昼ごろみえました。
saiunn0720makiba.jpg
彩雲は、太陽近くを通りかかった雲が、緑や赤などに彩られる現象と言われています。

saiunn0720koiwai.jpg
あまり見る機会が少ないだけに、カメラでパシャリ撮った一枚です。
この彩雲は数分後には消えましたが、また、いつか見てみたいな~と思いました。

(菊池)

12:00 まきばの天文館では、「天文館カフェ」のコーヒーの香りが ・・・
窓の外には岩手山の絶景が広がります。

久々の晴れ間、まきばの天文館で昼の星空観察会を開催。
東京からおいでの3人のお客様がご参加になりました。
ニコン製20cm屈折天体望遠鏡を使い太陽を投映法で観察。
昼の星空観察会

白い紙に投影した太陽像を観察します。
昼の星空観察会

小さな黒点がいくつか現れていました。
黒点活動はあまり活発ではありません ・・・
昼の星空観察会

続いて、特殊なフィルターをつけた太陽望遠鏡でプロミネンスを観察。
赤い色をした太陽像は意外にのぞきにくい!
昼の星空観察会

接眼レンズをのぞくのに慣れてくると ・・・
赤い太陽の縁に小さな炎のようなプロミネンスが見えてきます。
昼の星空観察会

晴れた日には、お茶を飲み、宇宙の話を聞きながら ・・・
楽しい時間をまきばの天文館でお過ごしください。

(齊藤)

あじさい

2013/07/16 10:50

小岩井農場もあじさいが見ごろになりました。

網張街道
バスツアー「小岩井農場めぐり」などでもご案内する旧網張街道です。
美しい杉並木の下をよ~くご覧ください。

あじさい
咲き競うあじさいたちです。
よく見るといろんな種類が咲いています。

ぴんくあじさい
小岩井農場の土は酸性が強いので、青い花がきれいなのですが、たまにはこんな美しいピンクの花もあります。

あじさいの見頃は7月いっぱい続きそうです。
バスツアーにご参加の際は、こちらの花々の美しさにもぜひ注目してくださいね。

(野沢)

「ガイド付きバスツアー小岩井農場めぐり」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

県内外からのお客様150人が参加した「ホタルとジンギスカンの夕べ」。
夕方は曇り空でしたが、観察会直前から雨が・・・。

0714hotartunoyuube.jpg
小岩井農場のホタル観察前の「ホタルのお話」では農場内で見られるホタルの種類や、ホタルの一生などわかりやすくガイド。

0714koiwaigennji.jpg
ガイドの佐藤さんがこの日のためにつくった自作のホタル!(なかなかうまくできている!)
参加されたお客様にも協力していただき熱心にホタルのお話を聞いていただきました。

0714koiwahotaru.jpg
実際に小岩井農場のゲンジボタルとヘイケボタルを観察した後にお客様から感想をいただきました。
宮城県利府町から参加していただいたご家族。
お兄ちゃん(小2)
「ちゃんと見れたし(ホタル)、近くで見れて、ほんとの形やホタルが飛ぶところが見れて良かった。ホタルのお話の時に、ホタルの役もできてうれしかった。」
(ぜひ、また小岩井農場のホタルを見に来てくださいね。)

(菊池)

三連休の中日とあって、朝から多くのお客様で賑わうまきば園。
この三連休限定イベント「小岩井農場 知・食(ししょく)ラリー」を開催しております。
小岩井農場のおススメな商品を試食しながら、小岩井農場を知ろう!
というイベントで、お客様には好評です。

sisyomaki0714.jpg
チェックポイントの牧場館売店内では、「チーズケーキ」「アイスクリーム」の試食。

ミルク館では、手作りチーズの試食、こちらも大人気!

sisyoku0714.jpg
スタッフの分かりやすい説明をききながら、まさに「知・食(ししょく)」を体感!

sisyo714.jpg
東京・福島から初めて小岩井農場に来ていただいたお客様、
「めっちゃ、うまいっ!」(ありがとうございます!)

「小岩井農 知・食(ししょく)ラリー」は、明日まで開催しておりますので、小岩井農場のおススメ商品を楽しみながら参加してみませんか。

(菊池)

いよいよ小岩井農場の森や川を使った森林体験が本格的にはじまりました。
今日は北松園風の子保育園さんが体験にいらっしゃいました。
1泊2日の本格的な自然体験です。
先生方が事前に下見にこられて、私達と共に十分な準備をしてきました。
あいにくの雨の中ですが、子供たちも先生も元気!
合羽を来て活動開始 ・・・ まずは小岩井農場の森体操!
森林体験

さっそく昼ごはんの具に使うミズを採りに森の中へ!
一面、ミズ ミズ ミズ ・・・
森林体験

「1人三本とってください」との指示で、太いミズの株を探す!
バケツに入れて ・・・
森林体験

次は、「イワナのつかみどり」をするために川への移動。
途中で、めずらしいササの花が見かり説明を聞きました。
フキの葉っぱの傘がかわいらしい ・・・
森林体験

川に元気に入る子供たち!
はじめは慎重に歩いていた子供たちですが ・・・
慣れてくると、おおはしゃぎ!
森林体験

川の中で、恒例の記念撮影!
先生の掛け声で「ばんざーい」
森林体験

川の中には、いろいろな生き物がいることが分りました。
トビケラやカゲロウの幼虫が川の中の石についている!
「これ見て ・・・ 動いてる」
森林体験

岸辺につくった仮設の池でイワナを手でつかみ取りします。
川から石を運び仮設池の中に入れました。
森林体験

平気で手づかみにする子 恐るおそるイワナを追いかける子
森林体験

さばいたイワナを川で洗いました。
森林体験

イワナに櫛を通して、塩をひれにつけます。
「塩をつけすぎると しょっぱくなるよ・・・」
森林体験

自分のイワナを釜戸に並べて焼きます。
香ばしい匂いがしてきました。もう12時になりました!
味噌汁づくりがまだです ・・・
森林体験

あっと言う間にお昼になりました。午後は楽しいお昼の時間!
夜は晴れれば星空観察です。織姫星や彦星が見られるかな!
明日も元気に遊びましょう。

(齊藤)

ゲンジボタルの様子

2013/07/11 09:21

7月5日から開催しているネイチャーウォーク「水辺のホタルを見に行こう」は、観察地の水不足の中ではじまりました。
気温が高かったせいか、6月23日にはゲンジボタルが飛びはじめました。
最初に発光飛翔していたホタル沢では、だいぶ数が少なくなり終わりそうです。
1週間遅れで、飛びはじめた逢ノ沢は今が見ごろです。
昨晩20時15分ころの様子です。
5分間露出で飛んでいたホタルを写真にとりました。
(実際より少し多めに見えます!)
ホタル

ゲンジボタルの発光飛翔を観察するお客様
ゲンジボタルは今週末で終了しそうです。お早目においでください。
その後はヘイケボタルの観察になります ・・・
ホタル

雨降りが続いています。観察会では、草地や地面を歩きます。
ぬかるんでいるところもあるので、長靴でのご参加がお勧めです。
濡れても良い準備でおいでください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

農場自然散策コース調査中に、セミの羽化を目撃しました。
笹についた幼虫の背中が割れて、体の半分が見えていました。
綺麗な黄緑や水色の体に驚き!
セミ

体が出てくると共に、頭が下がってきました。
足をゆっくりと動かしながら ・・・
水色の翅がかわいらしい!
セミ

30分ほどすると、体を持ち上げて抜け殻につかまりました。
思わず「がんばれ!」と応援 ・・・
セミ

45分ほどで翅も大きく広がり、セミらしい形になりました。
セミ

思わず見とれてしまった「セミヌード」。
開催中のホタルの観察会でも、運がよければ蝉の羽化が観察できます。
虫たちが飛びまわる楽しい夏がやってきました。

(齊藤)

季節の自然を話題にまきば園周辺の生産現場をガイドがご案内する農場自然散策。
6人のお客様がご参加になりました。
今日のガイドは佐生さんご夫妻。
入園口横の散策受付ログハウス案内板の前から11:00スタート
農場自然散策

さっそく森に入り、今が見ごろのキンセイランを観察。
この花を見るためにご参加いただいたお客様もいらっしゃいました!
農場自然散策

薄黄色の可憐な花はとても魅力的 ・・・
キンセイラン

葉の上に実がのっているハナイカダを撮影。
農場自然散策

マタタビの花が見頃です。
そろそろ花弁が落ちる花もではじめました。
クワの実やモミジイチゴの実を食べながら自然散策を ・・・
マタタビ

仁沢瀬牧草地は一面土色の大地になっていました。
火山性土壌はやせています。たい肥をたっぷり入れて耕します。
風にのってたい肥の香しい匂いがしてきました。
仁沢瀬牧草地

逢ノ沢のカワシンジュガイは増水のため見つけられず ・・・
岸辺に落ちていた貝殻を使って説明。
農場自然散策

散策路に咲いていたヤマアジサイの花に立ち止まる ・・・
農場自然散策

100年杉林道入口からの大景観
農場自然散策

樹高25mほどの、100年杉の森の中を歩きました。
農場自然散策

まきば園にもどり蛙池でモリアオガエルの卵塊やコウホネの花などを観察。
今晩もこの池はヘイケボタルの光で飾られます。
ネイチャーウォーク「水辺のホタルを見に行こう」開催中
農場自然散策

ガイド、お客様方共に、とても熱心で少し終了時間オーバー ・・・
農場自然散策は、雨にもあたらず楽しく終了。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は5人のお客様がプレミアムツアーのウォーキングにご参加になりました。
雨で潤った森や草地を眺めながらのんびりと歩きました。
夜にゲンジボタルが舞うホタル沢で記念撮影。
昨晩のホタル観察会にもご参加になったとか ・・・
プレミアムツアー

「これサンショウ!」との声が!
緑の実がつき、葉を揉むと特有な芳香が ・・・
プレミアムツアー

途中で出会ったトラクターバスツアーとご挨拶!
満員でした!
プレミアムツアー

初夏の森の中は実りの季節に ・・・
クワの次はモミジイチゴの実が食べごろになっています。
「甘い」との感想が ・・・
モミジイチゴ

マタタビの花が満開に 
下向きに咲く花は目立たない。
葉が白く変色し虫に知らせているとか ・・・
マタタビ

仁沢瀬牧草地のトラクターによる耕起作業が行われていました。
季節の農作業が着々と行われていく生産現場です。
プレミアムツアー

森の中にはヤマアジサイが咲いていました。
梅雨の季節を代表する花!
ヤマアジサイ

100年杉林道で後半の記念撮影。
緑が濃くなった杉の大木が並んでいます。
プレミアムツアー

100年杉の森の中に、野生ランの一種「オニノヤガラ」が咲いていました。
一本だけ立ち、オシダの葉から顔を出して ・・・
オニノヤガラ

林床に隠れるようにひっそりと咲いているキンセイラン。
木陰は暗く、撮影がちょっと難しい ・・・
プレミアムツアー

ゆっくりと歩きながら、お話をしながら楽しんだウォーキングでした。
2時間半はあっという間に終わりました。
昼食は炭火焼バーベキューをめしあがるそうです!
また小岩井農場の自然散策においでください。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

先月の野生ランウォークでは、まだつぼみでお客様に花を見ていただけなかったキンセイランの花が咲き出しました。
金星蘭、金晴蘭、金清蘭とも書かれます。
いずれも素敵な名前です!
希少植物で珍しい野生ランのひとつ。小岩井農場では所々に散在 ・・・
緑が濃くなった森の中にひっそりと咲いています。
キンセイラン

小さい花なので接写してみました。
あわい黄色の花弁と、広がったガクがいかにも野生ランという風格!
キンセイラン

隣の株の花を見てみるとほとんど同じ ・・・
エビネやサイハイランのように個性的な花は見当たりません。
キンセイラン

離れたところで見つけた株の花は微妙に色や形が違っていますが ・・・
キンセイラン

まだクモキリソウが花をつけていました。
こちらの花期はそろそろ終わりそうです。
クモキリソウ

7月の夏の農場自然散策では、キンセイランがおすすめです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小岩井農場自然散策のマスコットのクマくんの名前を募集していましたが、「アベア」に決まりました。
岩手の方言「あべ」=一緒に行こう、行きましょう。と、クマのベアをかけています。

アベアです。よろしく。
今日は雨です。
育成(2)畑.jpg

「小岩井農場の森さあべ!」
(小岩井農場の森にいこう!)
育成日記(2)畑2.jpg

ホタルの観察会が昨日5日から始まりました。
雨だったもののゲンジも、そしてヘイケも出てきてくれて、1組のご家族とホタルを満喫。雨の中のご参加ありがとうございました。
ここ数日の雨でモリアオガエルの卵塊も増えました。
にぎやかな夜の森でお待ちしております。 

(佐藤)

おりひめ星とホタル

2013/07/03 10:02

7月7日七夕がもうすぐです。
この辺りでは月遅れの8月に七夕お祭りをします。
暗くなると共に、水面をはうように飛ぶゲンジボタルたち ・・・
水辺では今夜もにぎやかな光の競演がはじまりました。
ホタル

時間と共に飛翔しはじめたゲンジボタルが高く舞い上がり ・・・
月明かりがない晩は、星とホタルの競演が見どころです。
おりひめ星(こと座のベガ)と並び輝いていました!
ホタル

麦星(うしかい座のアークトゥルス)も負けずにホタルと共演!
ホタル

森の中のホタルは、高く高く舞い上がり輝きます!
「星になったホタル」というような姿に感動!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まきば園周辺の夜の水辺 ・・・
ゲンジボタルが点滅しながら飛びまわり、この時季だけの別世界を演出しています。
午後8時頃、薄明がおさまり暗くなるほどに ・・・
暗がりから湧き上がるように、ゲンジボタルが点滅しながら飛翔しはじめます。
ホタル

間もなく、数は増えて一斉点滅をはじめました。
ホタル

今年のゲンジボタルは平年より早く最盛期を迎えそうです。
月明かりもない開催期間前半が見ごろです。お早目に!
7月5日(金)から21日(日)開催予定の
ネイチャーウォーク「水辺のホタルを見に行こう」
でお会いしましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。