019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

パンスターズ彗星第2回観察会3月16日(土)は曇天中止でした。
昨日の第3回に期待をかけました。昼は良く晴れていましたが ・・・ 
午後になり、うす雲が広がり次第に濃くなってきました。
開催についてのたくさんのお問合せもあり、スタッフとしては空を見上げて悩むところ ・・・
開催を決定し準備をしました。
たくさんのお客様がいらっしゃいました。
大部高く輝くようになった月や木星を観察しながら暗くなるのを待ちました。

パンスターズ彗星

 

18時15分頃、かなり暗くなりもう確認できるはずですが ・・・
大型双眼鏡や望遠鏡、望遠レンズをつけたカメラで彗星の姿を雲間に探しました。
無情にも雲は濃くなり、観察は断念!

パンスターズ彗星

 

明日以降も双眼鏡などで見えることをお話して解散となりました。

パンスターズ彗星

 

それでも残りスタッフの案内で冬の星座を楽しむお客様もありました。
「双眼鏡や望遠鏡をお持ちの方は、太陽から離れて次第に暗くなるパンスターズ彗星を追いかけてみてください」と ・・・

11月~12月に期待されているあアイソン彗星に心は向いていました。

(齊藤)

昼からたいへん良く晴れ絶好の観察日和。
西の空が良く見えるまきば園内に、特設観察場所を準備しました。
口径15cmの大型双眼鏡や口径32cmドブソニアン望遠鏡などを設置 ・・・

パンスターズ彗星

 

彗星を確認できるほどには、なかなか暗くならず三日月を観察したり ・・・
彗星の写真を是非撮りたいと、撮影法についての質問など、楽しく待ちました。

パンスターズ彗星

 

西の空にはほとんど雲もなく、いよいよ彗星が見えてくるはず ・・・
双眼鏡や望遠鏡での掃天がはじまり ・・・ 静けさも ・・・

パンスターズ彗星

 

「見えた!」と大型双眼鏡担当からの声が上がりました。
肉眼では見えません! 位置が分れば口径3cm双眼鏡でも確認。
大型双眼鏡で順番に観察をはじめました。
「尾が見える!」 「よくわかる」 など歓声が上がりました。
カメラと三脚を持参したお客様は撮影に挑戦!

パンスターズ彗星

 

全員が尾を伸ばしたパンスターズ彗星を見ることができました。
400mm望遠レンズで撮影したパンスターズ彗星の姿です。

パンスターズ彗星

 

この後、下に見える雲がどんどん広がり ・・・ ついには観察不能に!
5分間の短い時間でしたがみなさん大満足の観察会でした。
頭上は晴れあがり、木星やオリオン座がきれいに輝いていました。

今日の天気はいまのところ曇り ・・・ 2日目はむずかしいかな?

(齊藤)

3月14日の夕方、滝沢村大崎からパンスターズ彗星が観察できました。
近日点通過後、夕方の西の空低く見えるはずのパンスターズ彗星でしたが ・・・
冬型の天気が続き、常に西の山並みに雲がかかっていました。
昨日、午後6時16分雲間にやっと見えました。
細く欠けた月の下の雲間に見えています ・・・
パンスターズ彗星

400mm望遠レンズで拡大すると、小さいながらも左上に尾が伸びています。
パンスターズ彗星

トリミングして拡大して見ると ・・・
パンスターズ彗星

6時25分頃にはまた雲の中に隠れてしまいました。
4月になると北の空に移動して明け方にも観察できるようになります。
しかし、明るくなった今でも、肉眼で見るにはきびしい明るさです。
これからさらに暗くなってくるので、双眼鏡や望遠鏡は必要です。
3月15日(金)・16日(土)・17日(日)とまきばの天文館ではパンスターズ彗星観察会を開催する予定です。
きびしい観察条件ですが、晴れることを祈りましょう!

(齊藤)

3月29日(金)からはじまるネイチャーウォーク「不思議なザゼンソウを探して」の下見をしました。
そろそろ最初に出てくるザゼンソウの仏炎苞が見られるはずと ・・・
スタッフ3人で観察地となる湿地に行ってきました。
途中、足元の雪原にネズミの足跡を発見!
小さな足跡としっぽの跡がかわいらしい ・・・

足跡

足跡をたどって行くと、木の根元からトンネルが雪の中に続いています。
寒い冬に、雪の下で暮らすネズミ君の家があるのでしょう ・・・
春が近くなり、もぞもぞと活動をはじめたようです。

足跡

急に強い風が吹いて、雪原は地吹雪に覆われました。
森の中を歩いていたので助かった!

矢取森雪原

目的地の湿地に到着!
さっそく雪解けが早い水辺を探すと ・・・
「あった!」
早速 写真撮影!

ザゼンソウ

湿地の中に赤紫色の仏炎苞が鮮やかに1個だけ顔を出していました。
他はまだ雪の中です。

ザゼンソウ

近づいてじっくりと観察。
仏炎苞は固くとじています。
花が咲き発熱をはじめるのはこれからです。

ザゼンソウ

帰り道は、まだ雪が残る牧草地の雪原を見ながら歩きました。
冬型の気圧配置で、西の空にはもやもやした雲がかかっています。
真っ白な雪原は、表面が固くなりスノーシューで歩きやすい!

矢取森雪原

遠くの杉の梢が、雪原に生えて?いるように見えました!
雪煙が雪原を這うように流れてきます ・・・・

矢取森雪原

強い風が大きな波のような雪庇を雪原につくっていました。
こんな純白の世界も春の訪れと共に終わりになります ・・・

矢取森雪原

ザゼンソウは例年通り春を運んで来てくれそうです!

「パンスターズ彗星観察会」が小岩井農場まきば園で開催予定です。
3月15日(金)・16日(土)・17日(日)午後5時~6時 まきばの天文館主催
西のもやもやした雪雲が晴れてくれればいいのですが ・・・

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。