019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

低気圧が通過すると雪が降り、その後は良い天気になる。
周期的に天気が変わるのは春の気配?

農場自然散策の案内人をしている小原さんと、長者舘二牧草地をスノーシューで歩きました。
小原さんはいつものように手作りの和かんじきを履いて ・・・ 私は西洋かんじきで ・・・
昨晩は風は強かったために、雪原に一面に風紋がつくられていました。
ザック ザックと解けては固まった雪の層を踏んで歩きました。
長者舘一牧草地 

西には秋田駒ヶ岳がくきりと見えていました。
真っ白に雪化粧しています。
脇の藪からキジのオスが飛び立ちました ・・・ 一瞬の出来事 ・・・
秋田駒ヶ岳

遠くをキツネが走っているのが見えました。
昼に出会うことはなかなかありません ・・・
ウサギを追って歩きまわっているのでしょうか。
時々、ダッシュして走ります。
キツネ

周辺のカラマツ林のまわりにキツネの足跡らしいものがありました。
雪面が固くて、肉球の跡がくっきりと分ります。
足跡

雪原を見渡す小原さん
長者舘一牧草地

3月から4月に観察会で楽しむゼンソウの芽を見つけました。
湿地内では雪が解けてたくさんの株を確認できます。
3月末からの開花が楽しみです。今年はアルビノザゼンソウは開花するかな?
ザゼンソウ

朽木にキツツキの巣穴がありました。
羽毛が残っています。
まだ使用中の巣なのでしょう。
キツツキの巣

帰り道に雪を運びにトラクターとダンプカーを見ました。
雪像の仕上げも近くなり、白くきれいな雪を集めているのでしょうか ・・・
雪まつり

今日はキジとキツネに出会うことができました。
春が待ち遠しい動物たちが元気に動きはじめています。

(齊藤)

今日は風がなく、気温も昼ごろには2℃まで上がりました。
まきば園の東側にある長者舘一牧草地から、雪像づくりに使う雪を盛んに搬出していました。
トラックに雪を積んでは会場へ運びます。

長者舘一牧草地

隣にある長者舘二牧草地は手つかずの銀世界。
午前9時半ごろには、まだ日差しが低く長い影法師が雪原を飾っています。

長者舘一牧草地

森の中には、ウサギの足跡がたくさんありました。
木の皮や草の茎に食痕があります。
雪面に枝や枯れ葉の影絵が ・・・

スノーシューウォーク

森の中から岩手山が見えました。

岩手山

再び森を出ると、青空と雪原と防風林とその影が織りなす大景観に感動 ・・・

スノーシューウォーク

森のまわりに、ハリギリの冬芽がありました。
もちろんタラの木もありました ・・・

ハリギリ

林道の脇の雪面で、ユキムシを発見。今年初めての確認です。
今日は暖かいので、出てきたようです。
この虫を見つける頃には、ちょっとだけ春を感じはじめます。

ユキムシ

まきば園に戻ってくると、雪まつり準備で園内は活気に満ちていました。
今日は同じ岩手山をバックに、静と動の二つの世界を楽しみました。

雪まつり

 

2

月1日(金)16:00からはじまる雪まつりが楽しみです。

(齊藤)

冬休みの子供会行事としてスノーシューウォークに26人がご参加になりました。
小学1年生から6年生までの子供たちと保護者の方々です。
低学年にはスノーシューを履くのが結構むずかしい!
準備が終わりみんなそろってスタート前の記念撮影。
スノーシューウォーク

100年杉林道をめざし新しいコースに出発。
今日も天気が良く、風もなく最高の条件です。
スノーシューウォーク

100年杉林道を歩きます。
日陰で粉雪が解けず、雪はやわらかく歩きやすい ・・・
スノーシューウォーク

100年杉林道で再び集合!
初めてのスノーシューウォークでしたが、だいぶ慣れてきたようです。
スノーシューウォーク

最後は長者舘二牧草地雪原の丘に上がりました。
岩手山も見え見事な眺めです!
スノーシューウォーク

疲れた!との声も聞こえるけれど ・・・ 力をふりしぼって上りました。
スノーシューウォーク

最後の記念撮影。 
みんな元気に笑顔で最後まで歩きました。
スノーシューウォーク

終了後はジンギスカンを食べてお帰りになるとのことでした。
きっとおいしい昼食になるでしょう。
夏にはコース途中にあったまきばの天文館のスターウォッチングにおいで下さい、とご案内しました。

(齊藤)

明日は子供会の皆様をスノーシューウォークでご案内します。
見所のひとつである矢取森牧草地に下見に行ってみました。
強い季節風で雪面には風紋ができ、日差しを受けて輝いていました。
矢取森牧草地

静寂の大雪原は日々姿を変えていきます。
雪原の脇には、オオウバユリが立ち並んでいました。
オオウバユリ

夏に白い大きな花を咲かせたユリです。
今でも存在感のある姿ですね。

(齊藤) 

最終日のスノーシューウォークには青森や秋田、地元岩手から8人の参加がありました。
皆様、これまで1度はこのスノーシューにご参加いただいた方々でした。
夜に降った粉雪が新たに10cmほど積もり最高の条件。
準備完了!和かんじきや西洋かんじきを履いてスタート!

スノーシューウォーク

雪化粧した森の中に入ります。
杉の枝に雪が積もりきれい!

スノーシューウォーク

ノリウツギにも粉雪が ・・・ 再び花が咲いたようです!

ノリウツギ

なだらかな長い斜面を上り、仁沢瀬牧草地を進む。

スノーシューウォーク

続いて矢取森牧草地に入りました。
さらに広い大雪原を歩く ・・・ 雪がふかふかして気持ちがいい。

スノーシューウォーク

お客様が思わず雪に寝転んで ・・・

スノーシューウォーク

雪原に見事な人型ができました!

スノーシューウォーク

矢取森の丘の頂上あたりを歩く一行。
人が小さく見えます ・・・

スノーシューウォーク

下から見上げてみると、結構高い所まで上がりました!

スノーシューウォーク

矢取森牧草地の頂上で記念撮影。
目的地到着の満足感がいっぱい!

スノーシューウォーク

今日は、風があり条件が良かったので凧揚げに挑戦しました。

スノーシューウォーク

初めて凧揚げをする子供たちは、アドバイスを受けて次第にコツをつかんできました。

スノーシューウォーク

風を受けて、高く高く舞い上がった凧!
矢取森の大雪原の上を飛ぶ凧はいいですね ・・・

スノーシューウォーク

最後はコースで3か所目の牧草地、長者舘牧草地の雪原で終了しました。

スノーシューウォーク

ネイチャーウォーク第一弾「スノーシューウォーク」が終わりました。
2月22日~24日には第二弾として、夜のスノーシューウォークとして「ムーンライトウォーク」を開催いたします。
いよいよ雪まつりの準備も本格化してきます。
これから小岩井農場まきば園では冬の楽しみがいっぱいです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は昨日よりさらに好天に恵まれました。
晴れて、風はなく、気温は低く粉雪 ・・・
今日のお客様は、東京からのご家族や地元の方々がご参加になりました。
準備を整えて出発!

スノーシュー

ウリハダカエデなど木々の説明を聞きながら100年杉の森を歩きました。

スノーシューウォーク

大雪原に到着!青空の下、雪原の丘を登る ・・・

スノーシューウォーク

さらに広い矢取森雪原を歩く ・・・ ひたすらさわやかな風を感じて歩きます。

スノーシューウォーク

矢取森牧草地の真ん中で休憩。
この辺まで来ると少し疲れが出てきますが ・・・
みなさんは元気いっぱいでした!

スノーシューウォーク

 

牧草収穫舎と矢取森牧草地。 日差しがまぶしい!

矢取森牧草地

雪原には、ウサギやタヌキの足跡がたくさんついていました。
今年はキツネの足跡が少ないような気がします。
昨日は雪煙が上がっていたところ ・・・

足跡

順調に歩き、今日は逢ノ沢の岸辺も案内しました。
渓流のせせらぎを聞きながら歩くのは、これまでとはまた違う面白さがあります。

スノーシューウォーク

長者舘二牧草地でも記念撮影。
岩手山山頂は雲に隠れていましたが ・・・ 
雲と青空、雪原、カラマツ林、杉の防風林の組み合わせが小岩井農場らしい風景です。

スノーシューウォーク

 

2時間のスノーシューウォークは終了。
気持ち良い運動をし、昼食とソフトクリームを食べて新幹線でお帰りになるそうです。
これからはじまるたくさんのプログラムを紹介して終了となりました。

(齊藤)

 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

初歩きとなるスノーシューウォークには13人のご参加がありました。
和かんじきやスノーシューを履いてスタート。
スノーシューウォーク

雪原に入り全員で気合を入れてポーズ!
小学生の子供たちがとても元気でした。
スノーシューウォーク

さっそくウサギの足跡を発見! 

スノーシューウォーク

ガイドがこれから入る100年杉の森の歩き方を説明。
森の中には、風に舞う雪煙が!

DSC_0032e.jpg

一列になって林道を歩きました。
斜面を下がり、また上るところでちょっと緊張!

スノーシューウォーク

森を抜けると広大な雪原が出現! 
さっそく今年はまだ未踏の雪面に入り歩きました。
粉雪が柔らかいクッションとなり歩きやすい ・・・

スノーシューウォーク

天気も良く、とても広い景観に一同感激!

仁沢瀬牧草地

時々吹く強い風で、七ツ森方面に雪煙が舞っていました。

七つ森

乾牧草を積み上げた収穫舎を横に見ながら、隣の矢取森牧草地雪原に入ります。
スノーシューウォーク

ガイドを先頭に、広々とした雪原を歩続けました。
このあたりから、ちょっと疲れてきた方も ・・・

スノーシューウォーク

ここは広い! 歩いても歩いても! まだ広がる雪原 ・・・

スノーシューウォーク

振り返ると私たちの足跡が雪原に残っています。
強い風で、足跡も明日には消えているのでしょう ・・・

矢取森牧草地

ウォークの最後は、長者舘二牧草地雪原で記念撮影!

スノーシューウォーク

雪質も良く好天に恵まれたスノーシューウォークは、明日、明後日にもあります。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年度最初まきばの天文館イベント「しぶんぎ座流星群観察会」を3日夜に開催いたしました。
15人のお客様が東京方面や地元からご参加になりました。
冬型の気圧配置で、雪雲が流れる変化が激しい天気でした。
雪が積もったドームの上の雲間にはカシオペヤ座あたりが見えていました。
まきばの天文館

次第に晴れて! オリオン座がきれいに見えてきました。
まきばの天文館

東の空には、北斗七星が上ってきました。
輻射点はまだ地平線の下です。時刻は9時34分。
時々、散在流星が流れています。
まきばの天文館

10時近くなって北から天頂にかけてしぶんぎ座流星群と思われる流星が流れはじめました。
出現数は少なく、撮影はできませんでした。
しかし、後で写真を見ると暗く長い流星?らしき線が写っていました。
人工衛星ではないと思いますが ・・・・
まきばの天文館

23時に観察を終了し、温度計を見るとマイナス11℃!
厳しい寒さに負けず頑張り、それぞれ数個の流星を見ることができたようです。

(齊藤)