019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

まきば園内にある栄森ではヤマモミジの紅葉が見ごろになっています。
栄森

園内では、お客様が紅葉をバックに記念写真を撮って楽しんでいらっしゃいます。
赤いヤマモミジと黄色いイタヤカエデ ・・・
まきば園

農場自然散策コースの100年杉の森の中は、黄色に色づいたヒトツバカエデがきれいです。
ホウノキの葉が茶色に枯れ、ガサ!と音をたてて落ちはじめました ・・・
100年杉林道

黄色い葉が透けて輝いて見えます。
杉の濃い緑色とのコントラストが見事 ・・・
ヒトツバカエデ

2本の樹齢100年以上の杉の大木と、2本のヒトツバカエデが森の真ん中に並んでいました。
DSC_0112s.jpg

さらに歩いていくと、カワシンジュガイが棲む逢ノ沢があります。
岸辺はアブラチャンやミズナラなどの黄葉でいっぱいです。
逢ノ沢

岸辺の木にマタタビの実が熟してついていました。
カメラを向けていると右側のシワシワの実が、ポトンと落ちてしまいました。
秋が深さを感じるシーンでした!
マタタビ

園内のモミジの紅葉は、今が盛りですが ・・・
森のヤマモミジの紅葉はまだこれからです!
気のはやいモミジが色づいていました ・・・
100年杉林道

これから、杉と真っ赤に紅葉したヤマモミジのコントラストを楽しめる時季になります。
高山のモミジが終わる頃、小岩井農場の紅葉や黄葉が見ごろになります。
のんびり草をはむ羊や秋の景色をお楽しみください。

(齊藤) 

栃木交通ツアーのお客様が、農場ウォークをご体験になりました。
宇都宮からバスでいらして、最初の訪問地が小岩井農場でした。
長時間のバス移動の後のウォーキング。
さっそく1時間の逢ノ沢コースにご案内しました。
小岩井農場の100年の森とその周辺の雑木林や牧草地を見て歩きます。
最初にホタルが飛ぶ森を歩きました。

農場ウォーク

森の隣には草地が広がります。
岩手山をきれいに見ることができました。
思い思いに写真に収めていらっしゃいました。
ウォーキングに参加した方だけが見ることができるとっておきの景観です。

農場ウォーク

ここで1枚目の記念撮影。

農場ウォーク

森の中の散策路ではイタヤカエデやヒトツバカエデの黄葉が目立ちます。

紅葉

オオウバユリの実も種を飛ばしていました ・・・

オオウバユリ

カラマツの森の中には大きなキノコ(ハナイグチ)がありました。

ハナイグチ

矢取森牧草地農道から東に広がる風景を紹介。

農場ウォーク

100年杉林道で2枚目の記念撮影!
イタヤカエデの落ち葉が足元に落ち始めています。

農場ウォーク

1時間のウォーキングはあっという間に終わりました。
まきば園内の散策路を歩きゴールへ ・・・

農場ウォーク

この後はお買い物や上丸牛舎見学と、皆様は園内に散らばっていかれました。
次は八戸に行くそうです。おいしい海の物、楽しみですね ・・・

(齊藤・太田)

今日は低気圧が抜けて好天に恵まれました。
入園口あたりに農場自然散策受付ハウスやハロウィンで飾り付けた馬車があります。
その脇に黄色く黄葉したユリノキ(左)とシラカバがあります。
青空にそびえたつこの2本の木は、入園口のシンボルツリー!
まきば園

導線を歩いて天文館方面に向かいます。
左手を見るとまだ緑のカシワと赤くなったモミジの間に、山頂に雪が見える岩手山が見えます。
手前には花壇もあり、なかなかいい景観です。
まきば園

まきば館の裏側にあるのがビオトープの蛙池。
夏にはモリアオガエルの産卵や、ヘイケボタルの飛翔など昆虫やカエルで楽しませてくれました。
今飛んでいるのはアキアカネ ・・・ 底にはタニシがたくさん見えます。
まわりの草木が紅葉し、ここもなかなかの景観。
奥のカツラの黄葉が甘い香りをただよわせています。
蛙池

坂を上ってまきばの天文館に向います。
右手に、この春からリニューアルオープンした栄森自然散策路があります。
クリの板で作って看板は独特のにじみがついて貫禄がついてきました。
天然木はいいですね ・・・
栄森

チップを敷いた散策路のまわりの紅葉がじはじまりとてもきれいです。
栄森

特にヒトツバカエデ(黄色)やウリハダカエデ(オレンジ色)の紅葉が進んでいます。
栄森

ハウチワカエデも赤くなりはじめました。ヤマモミジはこれから ・・・
栄森

見あげるとミヤマガマズミの赤い実が、日差しを受けて輝いていました。
栄森

栄森の隣が、まきば園の東エリアの中心施設まきばの天文館。
そこから見える岩手山の大景観は素晴らしい!放牧された羊も見えて ・・・
まきばの天文館

10時30分から11時まで、まきばの天文館で開催している太陽観察会(毎日晴天時)のために歩いてきました。
20分ほどかけた私の「まきば園秋探し」でした。

(齊藤)

10/21は、オリオン座流星群の極大が予想される日です。
ウェザーニュースさんが恒例のまきばの天文館でのオリオン座流星群ライブ中継を行いました。
当館では一般観察会はありませんでしたが、あまりの好天に、私たちも夜空を見上げ流星を探しました。

8時半には、東の空に木星がすばるやカペラが並んで上ってきました。
木星

10時頃には月も低くなり星々は益々輝いて見えてきました。
東に空高くカシオペヤ座のあたりの銀河も良く見えました。
木星

天文館の横に、北十字を形作るはくちょう座と、こと座のベガが沈みかけていました。
北十字

時計がまもなく0時をさすころ、観察をはじめて3時間半以上たった時!
ついにオリオン座流星群の流星の撮影に成功しました。
後から他の写真を調べてみると、数分前にもう1個木星のあたりに写っていました。
この2枚から、流星群の放射点を確認できました。
オリオン座流星群

そろそろカメラのバッテリーも切れそうになる0時半ころ、冬の大三角が東の空に見えてきました。
冬の大三角

あまりの条件の良さに、明け方まで観察したい気持ちもありましたが ・・・
翌日のことを考え・・・店じまいをしました。
次の11月17日(土)開催予定の「しし座流星群観察会」に心は向いていました ・・・
一般のお客様も参加できますので、防寒対策をしておいでください。

(齊藤)

少し風が強かったものの秋晴れの中、プレミアムツアーの午後メニューのウォーキングを行いました。
10人のお客様がご参加のツアー。食事を終え元気にスタート。
約3kmの林道や農道をガイドと歩きながら小岩井農場の自然を満喫!
途中、トラクターバス「100年の森号」を見送りながら歩きました。

プレミアムツアー

きれいな岩手山をバックに記念撮影。
秋っぽい雲が青空に広がっています。

プレミアムツアー

森の中は夕日が入り、黄色くなったヒトツバカエデが輝いて見えました。
もうすぐ一面黄色に色づきます。

ヒトツバカエデ

マタタビの実も黄色くなってきました。

マタタビ

足元にはハナイグチのかわいらしい姿がありました。
ちょっと大きいけれど「ナメコのようだ」と ・・・

ハナイグチ

森を出ると西日を浴びた杉の防風林が立ち並びます。
防風林をバックに記念撮影。
牧草の種類や育て方などいろいろな質問がありました。
皆さまとても熱心です。

プレミアムツアー

逢ノ沢は人気が高い観察地です。
カワシンジュガイやサワガニ、カワニナ、ヤマメの話 ・・・

プレミアムツアー

「あっ サワガニがいました」
指さす先の川底をサワガニが歩いていました。
けっこう素早い動きで、間もなく石の下に隠れました。

サワガニ

今日のお客様は大人の方々でした。
「昔は身近で、普通にホタルやサワガニがいましたよね ・・・」
「今は、コンクリートで護岸が固められていなくなってしまった ・・・」
小岩井農場には、懐かしい昔の里山が残されています。
最後に、「今日一日思っていたよりも、さらにプレミアムに楽しませていただきました」とお礼をいただきました。

(齊藤) 

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

明け方のはグッと冷え込む秋本番!
開園前に15分ほど園内から散策コースをカメラを持って歩きました。
まきば園では、ハロウィンかぼちゃを飾り付けた馬車と岩手山が青空に映えています。
まきば園

岩手山は中腹から裾野のかけて、赤から緑のグラデーションがかかり素晴らしい姿を見せはじめました。
これから1週間が撮影のチャンス!
まきば園

散策路のコナラの根元のツタの紅葉がかわいらしい
紅葉

見あげると光を受けて透けて見えるツタウルシ。
もっともっと赤くなるものもあります ・・・
ツタウルシ

赤いツタウルシとまだ緑のフジの葉が青空に映えて見えます。
まきば園

足元の小川には、みずみずしいコケと若葉が、木漏れ日を受け輝いて ・・・・
ほたる沢

雑木林で見あげると黄葉したヤチダモがとてもきれいです ・・・ 
周囲の木々がまだ緑色なのでとても目立ちます!
ヤチダモ

まきば園では紅葉がはじままりました。、岩手山など周囲の山々は今が見頃です。
カメラを片手に小岩井農場の自然散策においでください。
特に晴れた日は、素晴らしい写真が撮れるでしょう。

(齊藤)

今日の農場自然散策は三浦さんの案内。
関東から九州、遠くはカナダまで、17人のお客様がご参加になりました。
曇が多いものの、風はなく遠景まで見える良条件でした。
小岩井農場の創業の話や生産事業を紹介をしてスタート。

農場自然散策

樹齢100年の杉の森の散策路を歩きました。
林床には野生ランが咲くところ ・・・ 春から夏の姿を紹介

農場自然散策

スギ植林地のまわりにあるコナラやハンノキが生える雑木林。
春にはサクラソウが花を咲かせ、夏にはホタルが舞う湿地を紹介。

農場自然散策

見あげるとヤマブドウの葉が紅葉してきれいでした。

ヤマブドウ

草地を歩きながら広がる大景観を満喫。
紅葉がはじまった岩手山を後ろに見ながら歩きました。
振り返って写真撮影も ・・・

農場自然散策

植林地の林道を歩き、足元にはいろいろなキノコがありました。
「秋の森にはまた楽しさがいろいろありますね!このキノコは食べられますか?」とか ・・・
オオウバユリが実をつけた姿がとても目立ちました。

農場自然散策

森の中には逢ノ沢が流れています。
豊かな生態系を維持するこの川の魅力を紹介。
三浦さんがカワシンジュガイを持って説明。
農場自然散策

100年杉林道の景観は見事と、写真を撮られる方がたくさんおられました。

noujyou

今回初めての農場自然散策への参加とういうお客様方でした。
お客様のズボンの裾には、チジミザサの種がついている方もおられました ・・・。
「小岩井農場の素晴らしい自然に触れ、いろいろお話ができたことがとても良かった!」
と声をかけていただき終わりました。
「またおいでください」

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

関東方面からご参加の2組4人のお客様をご案内いたしました。
風もなく日差しが暖かく秋の散策には絶好のコンディション。
散策コースのあちらこちらに、いろいろなキノコや木の実などありました。
川岸で見つけたナラタケの群生を撮影。

プレミアムツアー

逢ノ沢では絶滅危惧種のカワシンジュガイを探してもらいました。

プレミアムツアー

川底に刺さって立つ黒い二枚貝がカワシンジュガイです。

カワシンジュガイ

すぐに見つけることができました。貝の大きさや100年は生きているということに驚き!
100年の森と共に生きてきた生き物たちの大切さをお話しました。

プレミアムツアー3

番草の刈り取りが終わった仁沢瀬牧草地で七つ森方面をバックに記念撮影。
「広いですね!」 と ・・・

プレミアムツアー

森で大きなコナラの木を観察。
「どうして5本の幹が並んで立っているのでしょうか ・・・」
「切り株に新しい芽が出て、それらがそろって成長したものです ・・・」
「切り株更新といいます ・・・」

プレミアムツアー

いつもの100年杉林道で記念撮影をしました。
道端には昼食で食べたミズのむかごがまだたくさんありました。

プレミアムツアー

ウォーキングが終わる頃には、またお腹が空いてきていただいたでしょうか?
「午前中のバスツアーから午後のウォーキングまで、これまで知らなかった小岩井農場の魅力をたくさん体感できました」とのご感想をいただきウォーキングは終わりました。
「またゆっくりと時間をとっておいでください」とご挨拶を交わしお別れしました。]

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

昨晩の土曜日の夜、まきばの天文館で定例のスターウォッチングを開催いたしました。。
雲が多少ありましたが、月がなく、澄んだ空に星が輝き、素晴らしい星空を楽しむことができました。
地元だけではなく、千葉県や秋田県などからお客様がご参加になりました。
秋の星空の目印「ペガススの四辺形」と天体観測ドーム。
盛岡市の街明かりで南東方向は少し明るくなっています。
アンドロメダ銀河も写っています ・・・
まきばの天文館

北の空では、岩手山の上に北斗七星が輝いています。
昼に初冠雪が見えた岩手山ですが、山頂の雲はなかなかとれません。
まきばの天文館

北東の空には、おなじみのカシオペヤ座が上ってきました。(右下)
星が暗く目立たないケフェウス座も今日ははっきりと見えます。(中央)
カシオペヤ

西の傾いた夏の大三角はドームの上に輝いています。
天の川が西の地平線に流れ落ちていく様は秋ならではの姿です。
左がわし座のアルタイル 右がこと座のベガ 上に北十字とも呼ばれるはくちょう座のデネブ。
まきばの天文館

終了の時間が近くなった20時30分頃、東の空低く雲間に木星がひときわ明るく輝きはじめました。
その上には、プレヤデス星団(すばる)が見えます。
今年の冬の星空は木星が加わりさらに明るい星が一番多く華やかな星空になるでしょう。
まきばの天文館

今後の定例スターウォッチングは10月20日、27日、11月3日の土曜日開催予定。
しし座流星群観察会11月17日(土)、12月15日(土)ふたご座流星群観察会は開催予定。
18:30まきばの天文館で受付 大人500円 小学生300円
今年に秋から冬の星空や流れ星を一緒に楽しんでみませんか!

(齊藤) 

今日13時頃、岩手山に初冠雪が見えました。
朝から山頂に雲がかかっていましたが ・・・
雲間に少しだけ白いものが ・・・ 右斜面に ・・・

岩手山

望遠レンズで拡大して見るとはっきりと分りました。

初冠雪

数分してまた雲に覆われてしまいした。
まきば園は、紅葉が少しはじまったところです。
まだ木々の緑が濃く、夕日にヤマミミジの紅葉が輝いて見えました。

まきば園

天気が良い日は、夜から朝はグッと冷え込みます。
そして、どんどん紅葉が進んでいきます。
これから紅葉は次第に里におりてきますね ・・・

(齊藤)

冷え込みがグッと厳しくなってきました。
朝夕はジャンパー一枚では寒いようです。
それとともに散策コースには、一気にいろいろな種類のキノコが顔を出してきました。
これは名前は分りませんがテングダケの仲間?
白い袋を破って傘が出てきています。

キノコ

2本並んでかわいらしいですね。
「アッ! また2本あった!」
このキノコは知っています。「ナラタケ」です。
このあたりではボリとかカックイとも呼んで食菌としてよく知られています。

キノコ

「また2本あった!」
傘の下がスポンジのようになっているのでイグチの仲間です。
ヤマイグチかな?ちょっと傘の模様が気になる ・・・

キノコ

また、また2本!
白い大きめな、きれいなキノコです。

キノコ

とても気になったので翌日も見てみました。
傘がすっかり開いていました。成長が速いですね。
傘の裏はうす紫色です。たぶんオオシロハラタケかな?

キノコ

小岩井農場のキノコはすべて2本並んでいるわけではありません。
2本並んだキノコがかわいらしいので選び撮影しました。
たくさん群生しているものもあります。

成熟して白い胞子をまき散らしているナラタケ。

キノコこちらは若いナラタケの株。

キノコ

キノコは成長が早く、胞子をまき散らすようになると形が崩れていきます。
一つのキノコを楽しめる期間は短く、雪が降るまで次々と姿を変えていきます。
農場自然散策で今だけの姿を、写真におさめてみてはどうですか!

 

(齊藤)

 

体育の日の今日は、小岩井農場も快晴です。
まきばの天文館にもたくさんのお客様がおいでになりました。
まきばの天文館

まきば園の東側にある天文館から見える岩手山は最高の景観。
羊が放牧されのんびりと草を食べています。
まきばの天文館

10時30分から太陽観察会を開催しました。
50人ほどのお客様がご参加になりました。
あまりにも天気がいいので、その後に金星を特別に観察しました。
肉眼では見えないので、太陽からの角度を目安に15倍のファインダーで探します。
青空にうずもれるように、輝く金星が見つかりました!
金星

倍率を150倍まで上げてみると ・・・
太陽熱で地表が暖まり上昇気流が激しく、金星像は激しく揺らいでいました。
カメラを接眼レンズにあてて手持ちで撮影してみました。
半分近く欠けた姿が分ります。
金星は水星
と共に、満ち欠けして見える惑星です。
金星

天文館にいらしていたお客様に見ていただきました。
小さな女の子とおばあちゃん。
まきばの天文館

肉眼では見えない金星が、はっきりと見えるので驚きの声!
30人ほどのお客様が観察しました。
まきばの天文館

これからは澄んだ空に星々が輝き、天の川など星を楽しむには最高の季節です。
昼の天文館前では、星座観察ベンチでくつろぐお客様でいっぱい!
このベンチは、流星観察会で活躍するオリジナルベンチです。長時間星空を見上げるには最高 ・・・
まきばの天文館

11月17日(土)しし座流星群観察会 12月15日(土)ふたご座流星群観察会
10月13日(土)20日(土)27日(土)は通常のスターウォッチング開催予定。
受付18:30~20:00 観察開始19:00 
曇天中止です。雲が多い場合は開催日の16時頃にまきば園(019-692-4321)にご確認ください。
秋の星座や天の川、流れ星を一緒に楽しみましょう。

(齊藤) 

今日から秋の100年杉林道をご案内するトラクターバスツアーがはじまりました。
私がガイドをして5回運行しました。本日のツアーのお客様の記念写真をご紹介します。
1便目は2組、奈良と奥州市からのご参加。静かな森の中をエンジン音を響かせ走りました。

トタクターバスツアー11

時スタートの2便目は、ほぼ満席。
100年杉の林道に入ると歓声が上がりました。
まきば園内ではお見せできない、小岩井農場の生産現場の素顔を紹介!

トラクターバスツアー

午後は13:00発の3便からはじまり、この便にもたくさんのお客様がお乗りになりました。
初めて見る100年杉林道の大景観は良い思い出に ・・・ !

トラクターバスツアー

14:00発の4便目は、3組がご乗車になりました。
雲間から日差しがさして、100年杉林道はこの日はじめて明るくなりました。

トラクターバスツアー

最終便は15:00発。東京からいらした2人のお嬢さんにご参加いただきました。
足元の小さなキノコたちが森を守っていることやミズのむかごの味に感動!

トラクターバスツアー

運行期間 10月6日(土)~10月28日(日)
今年最後の運行期間になります。
一度はご乗車ください。きっと驚きや感動があるはずです ・・・

 

(齊藤)

 

10月、虫が鳴く散策路を歩いて、森や草原、畑を眺めながら秋を感じる季節。
今日は逢ノ沢方面を歩いてみました。
川の倒木にさっそくキノコを発見!
食べられるキノコではないようですが ・・・ 絵になるな~
キノコ

杉の切り株にはスギヒラタケが生えはじめていました。
暗い杉の森の中で真っ白いこのキノコは目立ちます。
昔は身近な食菌でしたが、最近は毒キノコの仲間に入ってしまった!
キノコ

岸辺のサンショウの葉がなくなっています! 誰かが食べた!
良く見ると緑色の幼虫が4匹ついていました。
これはオナガアゲハの幼虫です。黒い翅に白いラインがある大きな蝶です。
幼虫

そばにとても目立つ赤い実がありました。
大きく開き、中に実った青い種が少し不気味!
うすピンクのとても美しい花を咲かせるベニバナヤマシャクヤクです。
レッドデータブック(絶滅危惧種Aランク)に載る貴重な山野草!
ベニバナヤマシャクヤク

見あげるとたくさんの赤い実がありました。
粒も大きく、葉にはつやがありミヤマガマズミです。
ミヤマガマズミ

実りの秋は、一緒に小岩井農場で自然散策をしませんか。
毎日11:00スタート農場自然散策
10月7日(日)10:30スタート「山の恵みハイキング」
がおすすめ。
秋の山の恵みを感じて歩こうⅡをお楽しみに!

(齊藤)