019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

7月1日(日)からネイチャーウォーク「水辺のホタルを見に行こう」と「ホタルとジンギスカンの夕べ(土日祝開催)」がはじまります。

昨晩生息地の下見をしました。農場自然散策コースを1人で歩いてみました。
快晴の星空に上弦の月が輝くき、気温も低くホタル観察にはちょっと良くない条件でした。
月明かりの仁沢瀬牧草地好天に恵まれ、牧草地では一番草の刈り取りと乾燥が行われています。 
仁沢瀬牧草地夜景

観察地の一つ、蛙池の岸辺にホタルの輝きを発見!
ゲンジボタル

近づいて見ると ・・・ 羽化したゲンジボタルが翅を休めていました。
ゲンジボタル

1匹が飛びはじめました。
画面左に3本並んだ光跡が写っています。分りますか?
ホタル飛翔

小岩井農場まきば園周辺では2日前からゲンジボタルの羽化がはじまりました。
7月上旬はゲンジボタル、中旬はヘイケボタルが見ごろになりそうです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

森でリフレッシュ 

2012/06/23 12:46

長野県と千葉県のお客様をご案内しました。
歩きはじめると、お客様からどんどん質問やお話が飛び出し終始なごやかな散策でした。
今、森の中には、木々に白い花がたくさん咲いています。

ぎっしりと花を咲かせたエゴノキ
エゴノキ

ノバラの花も満開 これも可憐ですね
ノバラ

逢ノ沢でカワシンジュガイを探して ・・・ 「川底に黒い二枚貝が見えますか ・・」
自然度が高いこの川だから生き延びている希少な生き物を見て感激。
「これの大きさで100歳くらい!」
農場自然散策

水辺でカワシンジュガイを手に記念撮影 
農場自然散策

絶景スポット 100年杉林道でまた記念撮影! 
農場自然散策

「楽しく気持ちよく歩けました。まきば園限定牛乳を飲みに行きます」と挨拶をいただきお別れしました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

農場自然散策(11:00スタート・所要時間1時間・入園者参加料無料)に同行しました。
今日のガイドは松葉さん。
経験年数7年で、スタッフの中では経験が一番長い案内人。
地元の小岩井農場の自然が好きな方々7人が案内人をしています。私を加えて8人!
日替わりで担当が変わります。みんな案内方法に個性があり楽しいですよ。
農場自然散策

園内のユリノキ(ハンテンボク)には花がついていました。
高いところに咲いているのでガイドに言われないと気がつかない方も多い。
葉の形が「はんてん」に似ているからとか ・・・
ユリノキ

7月1日(日)からはじまるネイチャーウォーク「水辺のホタルを見に行こう」のために、仮設の柵を設置した観察地でホタルの幼虫の説明。
「夜に小川の底に、ゲンジボタルの幼虫も光って見えるのです ・・・・」
ホタル沢

まきば園に隣接する広い草地で、収穫体験用の畑や岩手山の方を眺めました。
農場自然散策

松葉さん手作りのパンフレットを片手に案内を聞くお客様。
農場自然散策

オシダが一面に茂る100年杉の植林地を歩く。
農場自然散策

森のを抜けると逢ノ沢の岸辺でカワシンジュガイやカワニナを観察。
たくさんのカワニナがすむ水辺はゲンジボタルがたくさん飛ぶところ ・・・
今年も7月の上旬の夜が楽しみです。
農場自然散策

逢ノ沢の丸木橋を渡りコースの後半へ ・・・
農場自然散策

最後は園内にもどり蛙池でモリアオガエルの泡の卵塊を観察。
モミジの木に20個ほどの卵塊がついていました。
農場自然散策

2週間以上経った卵塊は茶色っぽくなり、底が解けて孵化したオタマジャクシが池に落ち始めていました。
写真の左は数日前に、右の白い卵塊は昨晩生みつけられたものです。
モリアオガエル

「ガイドさんの解説からたくさんのことを知りました。」との感想をいただきました。
身近で体験できなくなった自然に、ガイドの案内で簡単に触れ合えるのが農場自然散策です。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

午後になり雨もやみ、青空が広がり日差しが入ってました。条件は良くなってきました!
プレミアムツアーのお客様を森の散策にご案内しました。121年かけて創り上げてきた大木が並ぶ林業の現場を紹介。
樹齢100年を超えるスギの植林地のオシダの大群落や林床の草花との調和が独特の景観をつくっています。
100年杉林道

野生ラン観察会の目玉になっているサルメンエビネを楽しむ。
プレミアムツアー

100年杉林道で記念撮影 小岩井農場の林業を語る絶景スポットの一つです。
100年杉林道

森の中につくった散策コースを歩く。「柔らかい道は、膝にいいね・・・」との声も。
100年杉林道

午前中に見つけたベニバナヤマシャクヤクを紹介
「岩手県レッドデータブックAランク ・・・ 」
キンラン

歩いて間もなく、キンランも紹介 ・・・ やはりAランクで珍しい花
100年の森は、多様な自然を残している所。
キンラン

1時間の散策の最後に、7月からはじまるホタル観察地を歩きました。
ここでゲンジボタルが頭上を飛翔するのが楽しめます ・・・
プレミアムツアー

散策が終わり、小岩井農場の森のパワーを十分に受け取られたようです。
まきば園にもどりソフトクリームを食べさらにリフレッシュしてください。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

野生ラン観察会には神奈川と福島からの参加がありました。
小雨も降りましたが、とても熱心な方々で、森に入ると共に目を輝かせて質問を ・・・
サルメンエビネはやはり感動もの! 
野生ランウォーク

お客様がベニバナヤマシャクヤクの花を見つけました。
ぽつん1個!とピンクの花が緑の葉の中で輝いていました。
花びらがしっかりとついています。
他の株は花びらが落ちて子房が膨らみはじめています。
ベニバナヤマシャクヤク

近づいてみると ・・・・ いい色していますね ・・・
ベニバナヤマシャクヤク

ベニバナヤマシャクヤクは、花期が短く、株も少なく、なかなかお見せできない花です。

エビネは、花が終わりに近づくと雰囲気がずいぶん変わります。
花のがくがすぼんできます。
エビネ

若い株はがくが開き花弁も良く見える。今は両方を見ることができます。
エビネ

森の中を1時間半歩き、帰り道に100年杉林道で記念撮影しました。
100年杉林道

これからのホタルや紅葉を話題にしながら帰りました。お待ちしております。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

神奈川県からご参加いただいたお客様を野生ランウォークでご案内しました。

満開のサイハイランをまずは見ていただきました。
色の違いや花の形を丹念にご覧になっていました。
野生ランウォーク

カンボクの白い花がとても目立つようになりました。
イカリモンガやハナカミキリは集まっていました。蜜がたくさんあるのでしょう。
カンボク

野鳥の鳴き声がして、お客様が「キビタキですよね」と指さしました。

キビタキ

遠くて小さい姿に私は「はて」? 胸があざやかなオレンジ色をしていました。
鳴き声を聞くといい声だけど ・・・ 
写真を見ると、おっしゃる通りキビタキでした ・・・

ウォーク終了後、スタッフのからコースわきに見つけたランの名を聞かれました。
細い茎に小さな花が並ぶコケイランでした。
コケイラン

葉は笹の葉に似ているのでササエビネとも呼ばれるそうです。
コケイラン

小さな株で森の中では目立ちません。
所々に散在するランですが、あまり気づきません。

野生ランウォークの開催はあと1週間。はじまりの頃とずいぶん咲く花の種類も違ってきました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日の野生ランウォークに、昨年からネイチャーウォークに参加している花巻市からのお客様が参加なさいました。
今年は4月のミズバショウウォークと5月の野生サクラ草サミット観察会にも参加したとのことです。
昨年の野生ランウォークに2度参加したものの、サイハイランの見ごろに出会うことができなかったとのことでした。
満開のサイハイランの案内からはじめました。
自生地では、さっそくカメラを構えて撮影。
野生ランウォーク

色が濃い一番きれいな株も満開です。
サイハイラン

サイハイランのまわりにはフタリシズカも咲き、一面に並ぶ株を見て感激。
フタリシズカ

なんと!サイハイランの花を食べる毛虫がいました ・・・
サイハイランと毛虫

エビネの花もそろそろ終わりに ・・・・花びらがすぼみ、子房が膨らんできました。
エビネ

サルメンエビネの色と大きさに感激し、カメラを向けるお客様。
野生ランウォーク

案内コースでクモキリソウを見つけました。
花茎には小さなつぼみがついてます。地味で目立たないですが、形は立派なラン。
これからのウォークで紹介できそうです。
クモキリソウ

重い機材を持ちながらも、とてもお元気で年齢をまったく感じさせないお客様でした。
撮った写真は仲間との写真展などに出品するそうです。
またいらっしゃることを楽しみにしております。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日も「貴重な野生ランに会いに行こう」でお客様と森の中を歩きました。
夏至が近く、太陽高度はほぼ真上です。
真っ青な空に白い雲が浮かび風はさわやか ・・・
今日のお客様はサイハイランの花を是非みたいと、野生ランウォーク2度目の参加でした。
早速、サイハイランをお見せしました。紫色が特にきれいな株です。
サイハイラン

2日のウォーク開始から咲き続けるエビネはまだ見頃です。
サルメンエビネはそろそろ終わりになります。
エビネ

森を抜けると南昌山の山々が、ヒメジョンの向こうに見えました。とてもいい眺めです。
矢取森牧草地

森の中を流れる渓流沿いを歩きました。。
日差しに水面が輝き、川底の水草の緑が美しく見えました。
猫石沢

明治時代から育ててきた森がこのウォーキングの舞台。
林床には野生ランが散在します ・・・
植林地

森の中で観察するお客様農場散策

森の中に咲くマムシグサがおもしろい。
マムシグサ

今日もあっという間の2時間との感想をいただきました。
「またおいでください」「また来ます」とあいさつを交わしてお別れしました。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日のネイチャーウォーク「貴重な野生ランに会いに行こう」には、
盛岡市内から4人の方がご参加になりました。
満開のエビネを中心に2時間ご案内しました。
野生ラン

サルメンエビネもまだ見頃でした。存在感のある株に一同ため息!

サルメンエビネ

途中、ベニバナヤマシャクヤクもちょうど咲いていました。
すぐに花びらが散るので見れたのは幸運でした。
ベニバナヤマシャクヤク

100年杉森の中を歩いてキンランに出会いました。
「なんとあざやかな色」と ・・・
キンラン

キンランが咲く森の中で記念撮影。
森の生気が伝わってくるような緑いっぱいなところです。
100年杉

このウォーキングは24日まで続きます。
サイハイランなど新しいランも咲きだしました。楽しみです。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

雨 そして産卵

2012/06/07 12:45

モリアオガエルが産卵をはじめました。

雨がやっと降りだしました。
まきば園蛙池にモリアオガエルが森からやって来ました。オスが盛んに鳴いています。
岸辺のモミジを見てみると、泡の卵塊がいくつもついています。
モリアオガエル

モリアオガエルたちはこれから1か月は蛙池の一番の話題になります。
木の枝には抱接したメスとオスがいました。産卵の準備は万全な様子!
モリアオガエル

池の岸辺で、こちらを見るカップル。
モリアオガエル

カエルを嫌いな人も多いですが ・・・ 好きな方には是非見ていただきたいところです。
農場自然散策(毎日11時スタート)でコース途中で寄ってご案内できます。
見たい方はガイドに声をかけてください。
カエルには必ずしも出会えるとは限りませんが、卵塊は見れますよ。
雨っぽい日はカエルに出会えるチャンス。

(齊藤)

朝7時10分にはまだ曇。
太陽面に金星像が入りはじめる第1接触と、金星全体が完全に入る第2接触が起きているはず ・・・・
8時ころにやっと雲間に太陽像がうっすらと見えた。
金星通過

太陽に小さなまん丸い黒い点を確認! しかしまた雲の中に消えた。 ため息!
ほとんど雲に隠されていましたが、観察時間中に数回雲間が現れ観察ができました。
9時ころ2回目の出現!
金星通過

11時40分ころ、3回目の出現。だいぶ金星が移動しています。
金星通過

13時10分ころ4回目の出現。
このまま晴れて、最後の第3、第4接触観察への期待が高まる!
金星通過

しかし無情にも13時25分。接触直前に雲に消えました。
金星通過

雷鳴も聞こえはじめ、黒い雨雲がやってきて雨粒も ・・・。
期待できない予報ではじまった観察会でしたが、雲間に見ることができ幸運でした。
地元のみならず静岡や青森などからも熱心なお客様がおいでになり、一緒に観察し楽しい時間を過ごしました。

次回の話題は7月15日の昼、13:00~14:00に月が木星を隠す木星食があります。
天気が良かったら、まきばの天文館で観察できます(入園料必要)。
今年は天文現象の話題が続きますね。楽しみましょう。

(齊藤)

部分月食観察会開催

2012/06/05 14:16

6月4日の宵から部分月食観察会を開催しました。
予報よりも天気は良かったのですが ・・・
部分月食観察会

はじめは東の空低く雲がかかり、なかなか月が見えませんでした。
やっと雲から頭を出した月 ・・・ 雲に隠され欠けている!
月

8時26分には雲が下がり、欠けた月がくっきりと姿を見せ最後まで観察できました。
部分日食

その後は快晴の空に土星や火星、うしかい座のアークトゥルス、こと座ベガなどの輝星が輝き天体望遠鏡で観察しました。
日食、月食と続く天文現象。次は6日の金星の太陽面通過が楽しみです。

(齊藤)

午後はプレミアムツアーのお客様と農場自然散策のコースを歩きました。

食後のウォーキングとあって、のんびりと山野草などを見ながら1時間ほど散策。
途中でクマガイソウがきれいに咲いていました。
プレミアムツアー

ここの花はまだ見頃でした。森の中に点々と咲いています。
クマガイソウ

きれいに伸びた牧草の緑と岩手山をバックに記念撮影。
長者舘二牧草地

あっという間の短い1時間でしたが、森のおいしい空気を満喫できたそうです。

(齊藤)

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は、ネイチャーウォーク「貴重な野生ランに会いに行こう」の2回目の開催日でした。
小学生から年配の方々まで幅広いお客様と歩きました。

林道のわきに咲くササバギンランを見つけました。
ササバギンラン

見事なサルメンエビネを見つけ、大きな花に歓声も上がりました。
サルメンエビネ

一眼レフカメラや携帯カメラで思い思いに撮影。
エビネ

林道の大景観の中を、2時間ゆっくりと歩きました。森の木陰は涼しい!
100年杉林道

森に入ると大きなシダに囲まれます。子供の背丈ほどもあります。
100年杉

森の中で、木漏れ日を受けてひっそりと咲くエビネを撮影。
エビネ

はじまったばかりの野生ランを探すウォーキングは、明日からも楽しみです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。