019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

ネイチャーウォーク「貴重な野生ランに会いに行こう」を6月2日(土)~24日(日)に開催します。
気になる咲き具合は ・・・

クマガイソウはすでに満開。杉の森の中で大きな花をぶら下げてとても目立ちます。
クマガイソウ

エビネも開花しはじめました。小岩井エビネは色の変化がおもしろい。
エビネ

見れば見るほどランの花は不思議な形をしていますね。
エビネ

サルメンエビネも満開です。こちらはエビネより大柄で開花が早い。
サルメンエビネ

花はとても面白い形です。サルの顔に見える?
サルメンエビネ

これからサイハイラン、ササバギンランなど次々と咲きだします。
小岩井農場の森は春から初夏に移り変わっています。
100年杉の森が、可憐な野生ランのステージになっているようです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日のサクラソウ

2012/05/24 13:38

今日のネイチャーウォークも予報通りの良い天気。
日差しをあびで輝くサクラソウを撮影。観察地では鮮やかなピンク色に皆様から歓声があがります。
サクラソウ観察

今日もトラマルハナバチの女王蜂が飛びまわっていました。
今年はこの蜂に出会えるチャンスが多い。
サクラソウ観察

サクラソウ観察

色が違う花を比べてください。並んで良くわかります。
サクラソウ

花びらが少しカールした長花柱花(めしべが長いタイプの花)
サクラソウ

帰り道には岸辺にサクラソウが咲く逢ノ沢で渓流散策を楽しみました。
逢ノ沢

クルマバツクバネソウを見つけました。
クルマバツクバネソウ

サクラソウに続きいろいろな山野草が咲いています。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

19日(土)からはじまったネイチャーウォーク「野生サクラソウの魅力満喫」は今日で5日目。
今日は仙台市や宮古市からのお客様が8名参加。
山野草が好きな方々が花の名を言い合って楽しく歩きました。
ムラサキケマン エンレイソウ マイヅルソウ チゴユリ ・・・ 
30分ほど歩き、観察地に到着しました。
足元には可憐なサクラソウが ・・・
サクラソウ

岸辺にきれいに咲く株を見て歓声が上がりました。
サクラソウ

奥にある大きな自生地の前で記念撮影。野生のサクラソウを前にため息!
サクラソウ観察

自生地の中に甘い香りがただよっていました。ウワミズザクラも満開です。
帰り道、6月2日からはじまる野生ランのウォーキングが話題になりました。
ウワミズザクラ

週末は天気が良さそうです。あとサクラソウは4日間開催。お待ちしております。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まきばの天文館では部分日食観察会を開催しました。
平日の朝にもかかわらず、63人ものお客様がいらっしゃいました。
天文台ドームの20cm屈折望遠鏡で投影した太陽像の観察とベランダでの観察メガネによる観察。
また、ビデオカメラやデジカメでの撮影をしました。
日食観察

欠けはじめの頃、6時35分の月。天体望遠鏡で撮影したので向きが逆さまです。
日食観察

食が最大になった7時43分。
部分日食

月が再び太りはじめました。8時17分にはこの通り ・・・
部分日食

時間と共に変化する様子を9時12分まで観察しました。
日食観察

ウェザーニュースがインターネットライブ中継を行いました。お客様も興味深そうに見ていました。
担当の根来さんは、丁寧にお客様に説明をしてくださいました。

部分日食

集まった人同士で感動を共有し楽しく過ごした約2時間。
終始好天にめぐまれ大満足で終わることができました。

(齊藤)

5月19日(土)、20日(日)に、第8回野生サクラ草サミットが小岩井農場を会場に開催されました。
主催は県内のサクラソウの保護増殖に取り組む野生サクラ草ネットワーク(環境ボランティアグループ)です。
19日午前中の観察会は約110名の参加がありました。天気は晴れ。最高の条件。
開会式で挨拶をするまきば園支配人。
サクラ草サミット

大型バス2台で移動。森の中を歩いて観察地へ入りました。
ミズバショウの大きな葉が茂る湿地。
野生サクラ草サミット

サクラソウを前に説明を聞く参加者。
野生サクラ草サミット

約1ヘクタールの広さの川沿いの湿地ににサクラソウが咲いています。
広い!との声が ・・・
野生サクラ草サミット

沼返牧草地をバックに観察会に参加した皆様。今回だけの保護地の限定公開でした。
野生サクラ草サミット

午後は小岩井農場まきば園で昼食をとりながら懇談。
実践交流会と講演会を行いました。
アドバイザーの本城正憲先生が「岩手山とサクラソウ」と題して分りやすい解説をしてくださいました。
野生サクラ草サミット

講演会では、岩手県立博物館の鈴木まほろ先生から「岩手山麓の湿地と水辺の植物」と題してお話をいただきました。
春子谷地湿原の成因やそこに自生する植物などを写真や標本を交えて分りやすく説明してくださいました。
野生サクラ草サミット

午後の部の記念撮影。(時間の都合で途中でお帰りになった方々もいらっしゃいました。)
野生サクラ草サミット

翌日の20日は、徒歩で移動して、また別な自生地を観察しました。
さらに天気が良くなり快晴!
自生地に到着するなり、トラマルハナバチの女王蜂がサクラソウの吸蜜をしていました。
めったにない幸運に一同感激!
野生サクラ草サミット

さっそく本城先生の説明を聞く参加者。
野生サクラ草サミット

サクラソウの花を観察。めしべやおしべの長さの違いや ・・・・
野生サクラ草サミット

ザゼンソウの葉の間から顔を出すサクラソウ。ほんとうに可憐です!
野生サクラ草サミット

矢取森牧草地をバックに野生サクラ草サミット最後の企画の記念撮影。
野生サクラ草サミット

今回の野生サクラ草サミットには、これまで最高の延べ約200人ほどの参加がありました。
27日(日)まで、小岩井農場まきば園ではネイチャーウォーク「野生サクラソウ魅力満喫」を開催しています。
満開のサクラソウを是非お楽しみください。

(齊藤)

5月19日からはじまるサクラソウを楽しむウォ-キングの準備をしました。
コースを案内をするスタッフと観察地を歩きました。
サクラソウは七分咲程度。いろいろ形や色の花が並んできました。
サクラソウ

かわいらしい花なので、しゃがんで間近で見たくなります。
サクラソウ観察

サクラソウの隣に、ナツトウダイがありました。地味な色ですが、放射状に広がる葉がおもしろい。
サクラソウとナツトウダイ

水辺の植物なので、先日の雨の日にもまたきれい。
サクラソウ

水玉がついた花びらがいいですね ・・・ 水をえたサクラソウ!
サクラソウ

今日は晴れ!光を浴びて輝くように咲いていました。
水と光がサクラソウの元気の素です。

サクラソウ

明後日からにネイチャーウォーク「野生のサクラソウ魅力満喫」でお会いしましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

菜の花がきれいです

2012/05/14 10:31

まきば園だよりでも紹介されていましたが、小岩井農場入口から断続的に連なる牧草地に菜の花が植えられています。

菜の花ロード

見頃になってきましたよ!

後ろの防風林の、芽吹きの淡い緑とのコントラストがきれいです。
気温が上がると一気に緑が濃くなってきますから、今だけの貴重な風景です。

(野沢)

今日は8名の方がプレミアムツアーにご参加になりました。
午前中はバスツアー、午後はウォーキングです。
ウォーキングは逢ノ沢コースを歩きました。
カワシンジュガイなどが棲む渓流逢ノ沢の岸辺で一同で記念撮影。
プレミアムツアー

100年の杉林の中を歩いて、森の自然を満喫。
プレミアムツアー

林道を登りきるとそこには長者舘牧草地が広がっていました。
岩手山

岩手山と牧草地をバックに記念撮影。
プレミアムツアー

春の山野草や木々を楽しみながらウォーキングは終わりました。
「今日は小岩井農場の魅力のすべてを満喫しました。また季節を変えて来ます」との感想をいただきました。

(齊藤) 

「小岩井農場プレミアムツアー」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

空気は澄みきって青いそ空。芽吹きがで山々の木々の色がパッチワークのようにきれいです。
残雪の岩手山が輝いて見えます。
私の自宅から朝撮影した岩手山。東側から見るとこのように ・・・
岩手山

まきば園では ・・・ 南から見るとこのように
うまい具合に園内を遊覧するモーモートレインも入りました。
岩手山

バスツアーで紹介する芦沢牧草地から見ると ・・・
岩手山

さらに西に移動して見ると ・・・ 牧草地は緑の海!
岩手山

残雪の岩手山と新緑。今が一番です。

(齊藤)

サクラソウがどんどん咲きだしました。
水辺はピンク色に染まってきました。
サクラソウ

サクラソウを上から見てみると ・・・ 花環に見える株
サクラソウ

下から見てみると ・・・ 花びらが透きとおってきれいです。
サクラソウ

アリになった気分でサクラソウを見上げていました。
19日(土)からはじまるネイチャーウォーク「野生のサクラソウ満喫」においでください。

(齊藤) 

満開の一本桜と岩手山が美しい小岩井農場です。
一本桜前には、たくさんの人がいらしています。
一本桜

おや?
この後ろ姿は!!
とふっち

わんこきょうだいの一人、とふっちが、一本桜に遊びに来てくれました。
とってもらぶりー♪でしょう?

「わんこきょうだい」は、岩手県の観光応援キャラクターです。
5人兄弟の頭の中には、岩手のおいしいものがいっぱい!
岩手にいらっしゃったら、おいしい海の幸・山の幸をぜひ味わってくださいね。

(野沢)

サクラソウも開花!

2012/05/06 12:25

今日、農場自然散策コースのサクラソウが数本開花しました。
昨年よりは数日遅いですが、ほぼ例年どおりです。
サクラソウ

次々と花茎が伸びて花芽がついており5月中旬には見ごろになるでしょう。
小さい花ですが、野生の場合は花弁の色や形、枚数などいろいろな変化が見られるところがおもしろい。
サクラソウ

5月19日(土)からはじまるネイチャーウォーク「野生のサクラソウ魅力満喫」の準備がはじまります。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年はサクラの開花が遅くなりましたが、その後は暖かくなり一本桜は一気に満開になりました。
今日は一本桜モーニングハイキングの最終日。
やっと岩手山をバックに満開の一本桜を見られそうです。
入園口前から7時30分スタート。早起きなお客様がたくさん参加されました。
ハイキング 

上丸牛舎はソメイヨシノが満開です。サクラを見上げながら歩きました。
ハイキング

ガイドが小岩井農場の酪農発祥を楽しく解説。
ハイキング

さらに歩いて自然を楽しみながら一本桜へ向かいました。
到着!岩手山は見えていましたが、山頂が少し雲に隠れていました。
一本桜

見学者がたくさん並ぶ、いつもながらの風景でした。相変わらずすごい人気ですね。
一本桜

みんなで集まって一本桜をバックに記念写真を撮りました。
ハイキング

再びまきば園に戻り、1時間半ほどのモーニングハイキングは終わりました。
「ソフトクリームが食べたいな」とお客様からの声が ・・・
ハイキング 

早朝に下見をした時の写真を紹介いたします。
5時15分頃 朝日を浴びて
一本桜

時間と共に明るくなり、牧草地の緑が濃くなっていきました。
一本桜

今日でゴールデンウィークは終わりますが、一本桜はまだまだにぎわいそうです。

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日はこどもの日、たくさんの親子づれが来園しています。
農場自然散策にも20人以上の参加者がありました。
カメラを持ったお父さんにまじり、子供たちもカメラを持って活躍しました。
農場自然散策

にぎわう園内を出て静かな散策路を歩きはじめると、子供たちの中からは、「これは探検だね!」との声が ・・・。
農場自然散策

池の岸辺でオタマジャクシを見つけて歓声が。
農場自然散策

ミズバショウの花がまだ残る湿地は、もう緑が深くなってきました。
農場自然散策

自然散策の後半は牛舎見学。
上丸牛舎

最後に、満開のサクラ並木を歩いて戻りました。松との並びが素晴らしい!
上丸牛舎

サクラも満開になり、見所がたくさんの農場自然散策は明日も楽しみです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

農場自然散策コースでオレンジ色のかわいらしい?虫を見つけました。
ニワトコの木についていました。
アブラムシ

はじめは小さな花か?実か?と思いましたが。
良く見ると、黒い足が動いていました ・・・・
アブラムシ

アブラムシの仲間のようです。
とても鮮やかな色なので紹介いたしました。
まきば園内はたいへんにぎやかです。
小岩井農場の虫たちもにぎやかになってきました。

(齊藤)